ヘアケアの方法 あれこれ

髪が美しいと印象が良いですよね。実年齢よりも若く見えることもあります。髪質によってヘアケアも変わってきます。ヘアケアの方法について理解して、いつまでも美しい髪で若々しくいましょう!

view148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは知ろう!ダメージヘア

  • 77.8%が悩んでいる「髪のパサつき」と「ごわつき」

    oriconMEが10~40代の女性400人を対象に行った調査によると、ヘアダメージに悩んでいる人はなんと77.8%と半数以上に。多かった意見が「枝毛」や「髪のパサつき」、「ごわつき」でした。気を付けているつもりでも、日々ダメージを受けていく髪。「もともとの髪質がよくないから…」とあきらめている人も多いようです。

    でもあきらめるのはまだ早い! 確かにくせ毛や猫っ毛など、生まれ持った毛質というものはあります。でも、ダメージによるスカスカになった髪の内部を補ったり、生活習慣を見直すことで、しっとりしなやかな髪を取り戻すことも可能なのです。
    出典 :ダメージヘアの原因とオススメのヘアケア法|ダイエット・ボディケア特集|eltha
  • 人によってダメージヘアの悩みは様々ですが、枝毛、髪のパサつき、ごわつきで悩む人は多いんですね。

  • ダメージヘアの原因

  • 髪の毛は90%以上がタンパク質でできており、その構造はよく“のり巻き”に例えられます。一番外側の海苔にあたる部分が「キューティクル」、ごはんの部分が「コルテックス」、カンピョウやキュウリ、マグロなど具材がある中心部にあるのは「メデュラ」と呼ばれており、「コルテックス」がもっとも大きな割合を占めています。これらタンパク質のほか、12~14%程度の水分で健康な髪は作られています。

    海苔が破れるとごはんがボロボロとこぼれてしまい、のり巻きそのものが貧相になるように、髪もキューティクルが剥がれてしまうとコルテックスが流出し、指通りが悪くなったり、パサついたり、枝毛や切れ毛ができたりすることに。これがダメージヘアの原因となるのです。
    出典 :ダメージヘアの原因とオススメのヘアケア法|ダイエット・ボディケア特集|eltha
  • 環境で受けるダメージ

    髪は人間の体と同じように、周りの環境に大きく影響を受けるのです。
    髪は通常12~13%の水分を含んでいて、湿度や温度で水分量は変化していきます。
    これは間充物質内のタンパク質に含まれるアミノ酸が原因。
    アミノ酸といえば、代表的なものに調味料の“味の素”があります。
    味の素って、とてもシケやすいですよね。
    髪も同じで、空気中の水分を吸って、シケる(湿り気を帯びる)性質があるのです。

    乾 燥:
    人間の体は、乾燥が進むと乾燥肌になります。そしてひどくなると、脱水症状を引き起こすこともあます。
    髪も同じで、乾燥しすぎた室内などに長時間いると水分調節ができなくなって乾燥していき、乾燥がくり返されるとパサパサした水気のない乾燥毛(ダメージ毛)になってしまうのです。

     
    紫外線:
    人間は紫外線に当りすぎると、身体の老化が進むっていわれてますよね。
    髪も紫外線を受けすぎると毛髪内部のタンパク質が変化して徐々に弱く
    なってくるのです。

    普段の手入れで受けるダメージ

    ブラッシング:
    普通、髪の表面は頭皮から出た油分で覆われていて、摩擦も少なく毛髪内部の水分蒸発を防いで
    静電気も起きにくくなっています。しかし乾燥すると油が行き渡りにくく、摩擦が大きくなります。その結果、毛とブラシが擦れあう摩擦によって、キューティクルが損傷します。
    人間の皮膚は強い摩擦などの刺激を受けると、赤くなってただれたり、ケガなどで皮膚がはがれると血が流れ出ます。
    髪の場合、キューティクル(皮膚)がはがれると中に詰まった間充物質(血や肉)が露出し、シャンプーなどで外に流れ出ます。
    そうなると、シケる部分(間充物質)がなくなってより乾燥のスピードがはやくなり、髪の毛自体が弱くなって、そこから枝毛や切れ毛(ダメージ毛)になってしまうのです。


    ドライヤー:
    ドライヤーの温風を髪の一点(特に毛先)に集中して当てすぎると毛髪が変化します。
    タンパク質(アミノ酸)は高温に弱いのです。
    タンパク質で代表的なものには卵があります。 
    生卵は流動体ですが、熱すると固くなりますよね。
    髪も同じで、高温に長時間当てられると、毛髪内部のタンパク質が固まります。
    そうなると、髪自体が固くなって、水分の吸収ができなくなり、しなやかさもなくなったダメージ毛になってしまいます。

    以上のように一つ一つの原因に分けて説明してみましたが、ダメージは一つが独立して起こるのではなく、色々な原因がミックスされて起きることが多いのです。

    そして健康な状態の髪は、ある程度の湿り気をもっているということが分かりますね。
    出典 :ダメージ毛とその原因
  • 髪の毛ってデリケートなんですね。しっかりヘアケアして潤った髪質を手に入れよう!

  • ヘアケアの大切さ

  • 日々のケアが美髪を作る大きなポイントに
    美しい髪のためにも、日々のダメージケアは入念に行いましょう。まず改善したいのが、多くの人が毎日行っているシャンプーの方法と、トリートメントの使い方。髪も肌も構築しているのはタンパク質。スキンケア同様に、ヘアケアも使用するアイテムや使い方によって状態は変わります。

    特にダメージヘアの人はキューティクルが剥がれ、タンパク質が流出していることが多いもの。そのため、トリートメント類は髪の内部までしっかり浸透させ、髪の表面を保護する必要があるのです。最近人気の洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)のほか、髪の内部に成分を送り込むヘアパックなどで週に1度のスペシャルケアを行いましょう。
    出典 :ダメージヘアの原因とオススメのヘアケア法|ダイエット・ボディケア特集|eltha
  • 基本ヘアケア方法

  • ブラッシングは必ず毛先から!
    根元から先にブラッシングをしてしまうと、絡まった髪の毛をほどく力が強く加わり、枝毛や切れ毛などダメージの原因になります。最初は毛先を軽くやさしくブラッシングして絡まりを解くのが基本。
    出典 :【綺麗な髪にするヘアケア方法】毎日できる簡単な美髪ケア - ガールズSlism
  • 基本中の基本「シャンプー」

    毎日のヘアケアの基本は、シャンプーで頭皮の汚れをすっきり落とすことです。
    でも、濡れた状態の髪はキューティクルが開いており、髪の内部の水分が流れ出しやすいため、間違った方法でシャンプーをすると、かえって髪を傷めることに。髪のダメージを与えず、頭皮をすっきりと洗う方法をご紹介します。

    シャンプーはどこを洗うためする?
    まず間違っていけない事は、シャンプーとは髪を洗うものではなく、頭皮を洗うためのものです。ですので、髪をごしごし洗うことは厳禁です。シャンプーは頭皮をマッサージするように洗いましょう。

    シャンプーの主な役割は以下の3つです。
    ・頭皮を清潔にする。
    ・頭皮の結構を促進する。
    ・リンスやトリートメント・育毛剤の効果を高めるための頭皮環境の改善。
    出典 :ヘアケアの基本|ヘアケアの方法
  • 正しいシャンプーの方法
    シャンプーは、頭皮をマッサージするように洗うことと、念入りにすすぐことが大切です。すすぎは、洗う時間の倍をかけるように洗い流すようにしましょう。特に、頭皮にシャンプーが残りやすいので、シャワーは頭皮にかけるように洗いましょう。

    1.お風呂に入る前に髪をとかす
    乾いている髪をちょっと粗めのブラシでゆっくりととかしていきます。頭頂部から全体にブラッシングを行い、最後に毛先のからまりまでやさしくとかしていきます。こうすることで、髪の表面についたホコリなどを落とし、シャンプーの際に指どおりがスムーズになります。

    2.シャンプーを髪につける前に髪をすすぐ
    髪の汚れやスタイリング剤などを流すように、地肌にぬるま湯をいきわたらせるように、髪の根元から、真ん中、毛先をお湯ですすぎます。お湯が髪に馴染んできたら、髪をかるく手のひらで叩いて汚れを落としましょう。

    3.シャンプーは頭の後ろから
    シャンプーの量を髪の長さに合わせて手に取り、お湯で少し薄めて両手を広げます。頭皮だけにシャンプーを付けて、後頭部から頭頂部に向かって指の先で押し込むように泡立てます。(ロングヘアの場合は2回に分けてあわ立てるのがよいでしょう。)

    4.頭頂部から真ん中、毛先の順に泡を馴染ませながら洗う
    あわ立てたシャンプーを全体に満遍なくいきわたらせます。特に毛先は痛みやすい部分なので泡を集めて、やさしくこすらずにシャンプーをなじませましょう。濡れている髪はデリケートなので、泡をなじませてから汚れを取ることが重要です、髪同士をこすり合わせることは厳禁です。(生え際は耳の脇などは忘れがちなのでしっかり洗いましょう。)

    5.地肌を洗う
    髪全体があわ立ってきたら、髪の間から指を入れて、マッサージをするように指の腹で、地肌全体を揉み洗います。洗い終えたら頭全体を10本の指の腹で、生え際から上へとぐっと抑えて刺激していきます。この刺激は頭皮の血行をうながし、シャンプーの効果を高めます。頭頂部は紫外線のダメージを受けやすい場所なのでやさしくマッサージを行いましょう。

    6.毛先を洗う
    地肌をよく洗ったら、もう一度、真ん中から毛先を洗います。最後に髪全体についている泡を毛先に集め、やさしくなじませてシャンプーの終了です。

    7.全体をしっかりすすぐ
    地肌をやさしくこするように、地肌から毛先に向かってすすぎます。すすぎが足りないと、かゆみの原因になるので注意しましょう。頭皮についた泡はもちろん、耳の後ろや髪の生え際も注意して念入りに髪全体を洗い流していきましょう。

    8.髪を軽くしぼる
    後頭部から髪全体を、水分を少し感じられる程度にしぼります。これで、リンス・トリートメントの準備が整いました。
    出典 :シャンプー・リンス|ヘアケアの方法
  • ヘアケアって色々と面倒なんじゃない?そう思っていた方も多いはず。ヘアケアの基本はシャンプーから。正しくシャンプーすることが美しい髪をゲットする近道です!

  • 正しいリンスの方法
    リンスは髪表面のダメージを修復する効果があるので、髪全体にいきわたるようにしましょう。

    1.リンスは毛先から
    リンスを、シャンプーと同量ほど手に取り両手に軽く伸ばします。
    リンスを伸ばしたら、両手で髪を包み、リンスを毛先から揉み込むようにつけます。リンスは髪表面を補う目的の物なので地肌にはつけないように注意しましょう。
    毛先になじませたら真ん中から全体へと馴染ませていきます。

    2.頭頂部から洗い流す
    まずは頭頂部から髪全体にお湯を流し、髪の真ん中は手串を使いながら洗い流しましょう。リンスを残さないようにしっかり全体的に流します。

    3.しっかりと水気を切る
    流し終わったら、髪をポンポンと軽く叩くような感じで、水気をふきとり、地肌を中心にタオルドライしましょう。髪同士をこすりあわせると、キューティクルがこすれあい傷みのやすいので、なるべく避けましょう。
    出典 :シャンプー・リンス|ヘアケアの方法
  • 髪をタオルドライする際にも注意が必要です。

  • しっかり乾かすことが「キレイな髪」をつくる秘訣

    キレイな髪にはドライヤー
    「ドライヤーの熱が髪を傷めるから、髪は自然乾燥派」という人は今すぐ、この間違ったヘアケア方法を改善しましょう。頭皮や髪を湿った状態のまま放置すると頭皮の乾燥や髪への摩擦が大きくなり、ダメージヘアの原因になります。また、濡れたまま髪を結んでしまうと、雑菌が繁殖して発疹などの頭皮のダメージにもつながります。

    ・しっかりタオルドライを行なう
    ・ドライヤーは少し離して使う
    ・熱で髪に潤い成分が浸透するタイプのヘアトリートメントを使う

    ドライヤーを使っても髪への負担を抑えることは可能で、髪と地肌を最後まで乾かすことが健康な頭皮と美髪になるためには大切なことなのです。
    出典 :【綺麗な髪にするヘアケア方法】毎日できる簡単な美髪ケア - ガールズSlism
  • 髪を洗った後はしっかり乾かしましょう。ドライヤーのかけ方にも注意しましょう!

  • お悩み別ヘアケア方法

  • パーマ、カラーリングによるダメージヘアの原因と解決方法

    髪の表面はキューティクルで覆われており、髪の水分が失われるのを防ぎ、髪が受ける刺激から髪を守ります。ですから、健康で美しい髪にはキューティクルが欠かせないのです。

    しかし、カラーリング剤やパーマ液が髪の表面のキューティクルや内部に浸透してしまうと、キューティクルがめくれたり、剥がれ落ちて、髪の表面のすべらかさが失われると、ツヤがなくなってしまう上に、ますます傷つきやすくなり、枝毛、切れ毛になってしまいます。

    一度傷んでしまった髪はもとには戻らないので、ダメージが進行しないように、日ごろからお手入れをすることが重要です。

    パーマやカラーリングをした後は、美容院でトリートメントをするという方法もありますが、自宅で毎日正しいケアをすればダメージを防ぐことが出来ます。そして、髪にダメージを与えるようなことはしないように気をつけましょう。

    1.紫外線は髪にダメージを与えます。
    特に、ぬれた髪は反応しやすいので、海やプールで髪がぬれたまま日差しに浴びないように気をつけましょう。

    2.ぬれた髪はキューティクルがはがれやすい状態になっているので、必ず乾かしてから寝るようにしましょう。

    3.乾燥するとよりダメージを受けやすくなります。

    ドライヤーで乾かし過ぎるとキューティクルがはがれる原因になります。

    4.静電気もダメージを与えます。

    静電気を起こしにくいブラシを使いましょう。

    ※カラーリングやパーマの前にもトリートメントをすることをおすすめします。美容院でカラーリングをしてもらう場合でも、だいたい1000円ほどでやってもらえるところが多いです。
    出典 :パーマ、カラーリングによるダメージヘアの原因と解決方法
  • 乾燥によるパサつくダメージヘアの原因と解決方法

    髪のパサつきは幅広い年齢の女性の悩みですが、その原因には、一年中エアコンや紫外線、乾燥した風にさらされていることや、ドライヤー、カラーリングやパーマがあげられます。

    さまざまな原因でキューティクルが傷ついてはがれてしまうと、髪の内部のケラチンが流出し、保水力を失ってパサついてしまうのです。髪は自ら傷ついた場所を補修したりすることが出来ないので、日ごろからのヘアケアが重要です。

    キューティクルは摩擦に弱いので、ムリに髪をとかしたり、乱暴なシャンプーをすると、傷がついてはがれてしまいます。ですから、髪を傷つけないよう、正しいシャンプーの仕方を覚えましょう。
    まず、お湯で皮脂や汚れをよく洗い流します。こうするとシャンプーの泡立ちも良くなります。
    シャンプーが髪に残らないようにしっかりと洗い流したら、タオルで髪を軽く叩いて拭き取ります。
    水分を含んだ髪はキューティクルがはがれやすいので、ごしごし拭いたり、ぬれた髪をブラシでとかすのは良くありません。
    また、ぬれたまま眠るのは、枕や布団との摩擦で髪がダメージを受けるので、必ず乾かしてから寝るようにしましょう。
    そして、良い髪を育てるためには、日ごろのヘアケアだけでなく、栄養バランスのいい食事、十分な睡眠、頭皮マッサージもとても大切です。
    出典 :乾燥によるパサつくダメージヘアの原因と解決方法!
  • 髪の季節別対策ってどうすればいいですか?
    冬は手が荒れてあかぎれが、花粉の季節は素肌もかゆかゆに・・・。

    髪も頭皮も季節ごとのトラブルがあり、それをどうやって対処したらいいのでしょう?

    春は生活環境が変わり、ストレスを受けやすい季節です。また花粉によって体は過敏になっています。素肌も頭皮もストレスの影響を受けて、ふけや抜け毛が増える時期。

    ヘッドスパなどでリラックスし、心と体のストレスを取り除くのがおすすめ。梅雨の時期は髪が湿気を吸って広がったりまとまりにくくなります。しっかりとうるおいを与えて余分な湿気を吸うのを防ぐようにします。

    夏は、紫外線に注意!紫外線やクーラーによる乾燥のダメージは髪や頭皮にも受けています。また、プールの塩素や海水で髪は荒れています。洗い流さないトリートメントを使い集中的にケアしましょう。また夏バテも肌ストレスの原因になります。バランスの良い食事を心がけ、十分休息をとるようにしましょう。

    秋は、木の葉が落ちるように抜け毛がひどくなる、なんて人も多いのではありませんか?夏の間に受けた紫外線のダメージや頭皮の疲労が抜け毛として現れます。ヘッドスパで地肌のケアを怠らないようにしましょう。

    冬はカラカラ空気による乾燥と静電気で髪がダメージを受けやすい季節です。静電気は髪が乾燥しているサイン。また、汗をかかないからと、洗髪が雑になりがちで毛穴に皮脂がたまっているケースも。冬でも丁寧なシャンプーを怠らず、マッサージをして血行を促進!保湿効果の高いトリートメントで美しい髪を維持しましょう。
    出典 :髪の季節別対策ってどうすればいいですか?
  • まだ間に合う!年齢に合わせた髪のエイジングケア!

    髪も肌同様に、年齢を重ねるにつれて衰えていきます。しかも、髪が与える印象は肌の衰えよりも大きいのです。

    10代~60代を対称としたアンケートによると、30~40代になると、それよりも若い世代に比べ、「白髪が目立つ」のほかに、「ハリ・ツヤがない」という悩みが多くなっています。

    ハリがないのは、髪が細く弱くなっていくため、立ち上がる力が弱まってしまうからです。さらに、ダメージにより髪の水分が失われることもあげられます。ツヤがないのは、ぱさついた髪が光をきれいに反射していないので輝きを失っているからです。

    化粧品は年齢相応のものに変えているのに、ヘアケアはそのままという方は多いのではないでしょうか。髪と頭皮も、肌と同じようにエイジングケアする必要があります。


    髪のエイジングケアってどんなことをすればいいのでしょうか。

    それには、頭皮のエイジングケアをすることが大切です。

    頭皮マッサージや地肌の保湿をしっかり行ってケアすれば、健康で美しい髪が生まれるのです。

    さらに、栄養不足は、髪の老化の原因になりますから髪の栄養に不可欠な良質のたんぱく質をしっかり摂りましょう。

    ストレスや睡眠不足も、血管を収縮させ血行不良となったり、老廃物の排出が滞ったりして髪を老化させます。運動や入浴で気分転換し、規則正しい生活を心がけましょう。


    スタイリングでも髪や地肌はダメージを受けますので、毎日きつく巻くのは控え、日によって分け目を変えたりして、同じ場所にちからがかかったり紫外線が当ることを避けます。

    スタイリング剤やスプレーは地肌に直接つかないように注意し、シャンプーでしっかり落とすようにしましょう。
    出典 :まだ間に合う!年齢に合わせた髪のエイジングケア!