不妊にもつながる「淋病の原因」をしって対策をしよう

不妊にもつながってしまう淋病の原因をしって対策に役立てましょう

view144

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 淋病とは

  • 淋菌感染症は、性器クラミジア感染症と並んで頻度の高い性感染症。クラミジアは男性より女性の感染者が多いのに対し、淋菌感染症は男性の方が多い傾向にあります。1回の性行為による感染率は約30%と、比較的感染力が高いので注意が必要です。
    出典 :淋菌感染症の症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
     

    クラミジアと同じくらい気をつけなければいけませんね

  • この病気は

     

    薬が効かない耐性菌が増えているそうで、正しい治療方法を行わなければ完治する事がなく感染を広げてしまう結果になるのです。パートナーを守る為にもしっかりと知識をつけましょう

  • 主な症状は

  • うつってから約2日~1週間後に症状が出てきます。はじめは、尿道に軽い違和感を覚えます。そして、次第に尿道炎や精巣上体炎の症状が見られるようになります。主な症状としては、尿道からの膿、強い排尿痛、尿道のかゆみ・不快感、精巣上体のはれ、発熱、激しい痛みなどが挙げられます。
    出典 :【淋病】 - 原因や主な症状|泌尿器科
     

    コチラが男性の症状です

  • 淋菌が腹腔内に入り込み、骨盤内に広がります。そうなると尿道炎になってしまうこともあるのですが、数週間から数ヶ月経っても症状が出ないことも多いです。たとえ、あっても軽い症状がうつってから約1週間~3週間後に出ます。おりものが増えたり、不正出血、下腹部の痛み、性交時に圧痛が見られる程度です。
    出典 :【淋病】 - 原因や主な症状|泌尿器科
     

    こちらが女性の症状ですね

  • 淋病の原因は

  • 性行為により淋菌に感染することが原因です。喉への感染もあるため、オーラルセックスだけでも尿道炎などを引き起こす原因となります。
    出典 :淋菌感染症の症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
  • 淋病を放置するなどして症状が進行してしまうと、不妊症を引き起こすことがあるので注意が必要です。女性の場合は、淋菌に感染することで卵管炎や骨盤腹膜炎を引き起こすと不妊、子宮外妊娠の原因になってしまいます。男性の場合は精巣上体炎が悪化すると無精子になることもあります。
    出典 :不妊の原因にも!薬剤の効かない淋病が日本で発見ってホント? | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
     

    不妊の原因にもなってしまうのです

  • 胎児が淋菌に感染した場合、母親が治療せずにすると出産すると胎児は目を侵されて失明の危険など重いリスクを背負います。ただし、妊婦健診では検査で感染が発見できます。
    出典 :不妊の原因にも!薬剤の効かない淋病が日本で発見ってホント? | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
     

    このあたりは注意したい所ですね

  • 不特定多数の相手と性的な行為を行うことはSTDにかかる可能性が高くなりますから注意が必要です。性行為の際はコンドームを使用することもSTDの感染リスクを低くします。
    出典 :不妊の原因にも!薬剤の効かない淋病が日本で発見ってホント? | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
     

    コンドームを使わないのも原因の一つですね

  • 治療する場合は

  • 淋病の治療は抗生物質の服用でおこないます。治療の期間は数日~2週間程度です。 淋菌が完全になくなっていない状態で薬の服用をやめてしまうと 症状が再びでたり治療できたと思ったまま淋菌に感染し続けることになります
    出典 :淋病の症状
  • 治療は必ずパートナーと一緒に行わなければ意味がありません。治療後は、3日以上時間をおいて、淋菌が検出されなくなったかどうかを検査します。お互いがきちんと治療して再検査によって「陰性」を確認するまでは、性交渉は厳禁です。
    出典 :淋菌感染症の症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
     

    ピンポン感染だけでなく難航してしまうからです