夏は自分の汗でかぶれる人が多い!どんな対策が効果的?

冬と比べて、夏になると自分の汗でかぶれる人が増えます。
これは夏の方が気温が高く、しかも湿度も高いので当たり前のことなのです。
では、どのような対策をすれば自分の汗でかぶれるのを防ぐことができるのでしょうか?

view217

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自分の汗でかぶれる原因

  •  

    夏になると、気温と湿度の関係で汗をかきやすくなります。
    汗をかくこと自体は良いことなのですが、自分の汗でかぶれる人も少なくないのです。
    汗は自分の体から分泌されているのに、なぜ肌がかぶれてしまうのでしょうか?
    基本的に、肌は弱酸性の状態を保っています。
    その肌から出た汗や皮脂は、空気に触れることで酸性へと傾いてしまう性質があるのです。
    そのため、汗をかいたまま放置していると弱酸性の肌に刺激となり、肌がかぶれてしまうのです。

  • 汗という水分が体から蒸発するとき、同時に肌の中の水分も蒸発しています。
    出典 :なぜ夏になると体がかゆくなるのか - ボディケアに迷ったあなたへ。
     

    自分の汗でかぶれる原因は、乾燥も考えられます。
    夏は肌の乾燥を感じる人が少ない季節ですが、汗をかくことによって肌は確実に乾燥しているのです。
    このように汗の影響で乾燥肌になることによって肌はデリケートな状態になり、前述した汗の刺激に敏感に反応してしまうのです。
    また、肌がかぶれる原因は雑菌にもあります。
    皮膚には、目には見えませんが雑菌がたくさん付着しています。
    汗をかくと、この雑菌たちが汗を餌にして繁殖してしまうのです。
    このような菌の繁殖によってかゆみが生じてしまいます。
    更に、このような雑菌は臭いのもとにもなります。

  •  

    自分の汗による皮膚トラブルの代表と言えば、あせもです。
    あせもと聞くと赤ちゃんや子供がなりやすい印象がありますが、そんなことはありません。
    大人でも、汗をかくことによってあせもになってしまうことがあるのです。
    特に、近年では大人のあせもが増加していると言われています。
    その理由は、節電のために室温を高く設定するお店が増えたからです。
    毎年夏にはクールビズなどの対策が行われていますが、それでも以前より汗をかきやすい環境になったことには違いありません。
    このようなことから、夏になったらあせも対策をすることが大切なのです。
    体の中でも、特にあせもができやすい部位は、肘や膝の裏、腰まわり、胸の下、首まわり、脇です。
    これらの部位に共通しているのが、汗が溜まって蒸れやすい部位だということです。
    自分の汗でかぶれないためには、特にこれらの部位に対策を行う必要があるでしょう。

  • 自分の汗でかぶれないためには?

  • 汗をかいたとしても、できるだけはやくタオルやハンカチでふくようにしましょう。
    出典 :なぜ夏になると体がかゆくなるのか - ボディケアに迷ったあなたへ。
     

    まず、重要なのが汗を放置しないことです。
    前述したように、汗を放置するとどんどん汗の成分が酸性へと変わっていきます。
    このようなことから、汗をかいたらこまめに拭きとることを心がけましょう。
    皮膚を常に清潔な状態にしておけば、雑菌が繁殖しづらくなりかぶれも抑えることができます。

  •  

    また、汗をかきやすい時期はボディソープや洗顔料選びにも注意しましょう。
    市販されているボディソープのほとんどは、アルカリ性なのです。
    通常の肌ならアルカリ性のボディソープでも問題はありません。
    しかし、汗によってかぶれている肌をアルカリ性のボディソープで洗ってしまうと、かぶれの症状が更にひどくなってしまう危険性があるのです。
    汗によるかぶれを予防するために念入りに体を洗っても、成分のせいで悪化してしまったら意味が無いですよね。
    このようなことから、汗をかきやすい時期は弱酸性のボディソープや洗顔料がおすすめです。
    弱酸性であれば肌と同じなので、かぶれが悪化する危険性は低いと言えるでしょう。
    また、顔や体を洗う際にはたっぷりと泡立てて洗うことを心がけましょう。
    かぶれている肌はデリケートなので、擦ってしまうと症状が酷くなりかねません。
    顔や体を洗う際には擦るのではなく、撫でるように洗いましょう。