脳動静脈奇形の後遺症は?病気からみる後遺症と治療後の後遺症について

脳動静脈奇形は先天性の病気だそうです。脳動静脈奇形の後遺症はどんなものがあるでしょうか。
いざ、出血してしまって、血管が破裂してしまって、後遺症を伴った場合もあります。どういう病気で、その後遺症を調べてみました。

view246

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳動静脈奇形とは?

  • 脳動静脈奇形

     

    脳内の動脈と静脈がくっついている先天性の病気です

  • この病気は先天性のもので、普通、動脈は組織に入って毛細血管となって栄養を供給しそこから静脈となって心臓に戻って来ますが、動脈が毛細血管を介さずに直接静脈と交通している病気です。高い血圧を持った動脈血が薄い壁をもった静脈に直接流れ込んで行くので出血し易いのです。
    出典 :専門治療・脳動静脈奇形 - 脳神経外科 || 兵庫県立姫路循環器病センター
     

    先天性のものなんです

  • 正常な血管は、太い動脈から細い動脈・更に細い毛細血管を経て静脈へとつながっていきます。ところが脳動静脈奇形という病気では、脳の中で異常な動脈と静脈が、ナイダスという袋(この大きさは、個人によって様々です。また大きさによって、治療方針に影響を与えます)を介して直接つながっている状態、つまり短絡を起こしています。
    出典 :近畿大学医学部脳神経外科|ハイテクを医療に活かす
  • 発生頻度は年間10万人に1人(脳動脈瘤の1/10程度)ですが、20才までの若年者では多い病気です。破裂は20〜40才台に多く、80%が大脳にできます。症状は脳出血や大きなナイダスに血液が盗られること(脳内盗血といいます)による頭痛や意識障害、嘔吐、麻痺などの局所症状を起こすほか、けいれんが起こる場合もあります。
    出典 :4.脳血管奇形(脳動静脈奇形、海綿状血管腫) | 脳神経外科で扱う病気と治療について | 脳・神経の病気について | 患者のみなさまへ 【秋田県立脳血管研究センター】
  • 脳動静脈奇形だとどうなるの?

  • 脳動静脈奇形だとどうなるの?

     

    脳内出血やクモ膜下、血管の破裂などが起こり、命の危険性があります

  • 普通の人はそうなんですが、動脈→毛細血管→静脈に脳動静脈奇形は動脈→毛細血管との間に直接静脈に血液が流れる血管があるそうです。毛細血管で分離されれば良いのですが、いきなり壁の厚い動脈から壁の薄い静脈に流れる血管があるため(同時に毛細血管までも行く)破裂するそうです。
    出典 :脳動静脈奇形が破裂
     

    これが脳動静脈奇形による血管の破裂なのです。

  • 脳動静脈奇形や脳動脈瘤と言う脳に関する病気…コレ自体が障害ではありません、恐ろしいのはこの2つの症状によってのちのちに引き起こされる脳内での出血です。
    出典 :脳の病気と後遺症 | 脳動静脈奇形や脳動脈瘤の問題は脳神経外科へ
     

    怖いのはこの出血です

  • また正常の血管に比べて奇形の血管壁は弱く、破れやすいので脳出血やくも膜下出血を生じ、そのために死亡したり、重い後遺症を生じることがあります
    出典 :近畿大学医学部脳神経外科|ハイテクを医療に活かす
     

    死亡してしまうこともあるんです

  • 脳動静脈奇形の後遺症について

  • どんな後遺症が?

     

    歩行するのが大変だったり、視野が狭くなったり、半身不随だったり、その人それぞれの後遺症があります

  • 目が二重に見えダブルビジョンと言ったり複視というそうです。入院中より大分良いですが、まだ歩いたり頭を揺らすと二重に見えたりします。 体が回ると一緒に目が回る。ふらつきがあり、歩道など歩いていると後ろから自転車が来ると、何処でふらつくか分からなく怖い。
    出典 :脳動静脈奇形が破裂
     

    基本的には、視界による後遺症があります

  • ●焦点を合わせるのに時間がかかる(焦点を合わせられない)
    ●見えたものを認識するのに時間がかかる(または、わからない)
    出典 :主人が脳動静脈奇形と診断され、塞栓術及び開頭手術をいたしました。 脳出血・痙... - Yahoo!知恵袋
     

    ものを認知することに時間がかかることもあります。

  • どちらかの手足…または全体に麻痺の症状がでてしまいます。ただたんに鈍い、スタスタと歩行が出来ない程度の障害が残る時はまだ良い方、時には完全に半身が動かなくなってしまうような場合だってあるのですからね?
    出典 :脳の病気と後遺症 | 脳動静脈奇形や脳動脈瘤の問題は脳神経外科へ
     

    どこを出血するかによっても後遺症の類が変わってきます。

  • 脳動静脈奇形という病気は、そのもの自体が死に至らしめたりすることではありません。ただし、つながっている血管自体が非常にもろいため、常に体に爆弾を抱えている状態になってしまっているんです。
    病気自体が先天性のものではあるので、頭が痛いなどと何か症状が少しでもあったら、病院へ行きMRIで検査をする必要があるでしょう。