内容が気になる?「踵骨骨折の手術」について知ろう!

踵骨骨折の手術の内容についてもしっかり知ろう!手術については知られていない?

view212

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 踵骨骨折の手術

  • ほとんどの症例が高所よりの転落や階段を踏み外すことによって生じます。稀に労働災害あるいは交通事故による圧挫によって生じますが90%以上の症例が転落事故によって起こるといわれています。
    出典 :踵骨骨折-日本骨折治療学会
  • 骨折線は関節面に及ぶことがほとんどで、転位を残したままでは重度の機能障害を生じます。 踵骨全体像もケーキを押しつぶしたようにペシャンコになり(図1)、疼痛や扁平足などにより重篤な歩行障害を残すことが多く、治療に難渋する骨折のひとつです。
    出典 :踵骨骨折-日本骨折治療学会
  • 転倒事故だと・・・

     

    転落事故などにより踵に強い衝撃を受けた後に、同部の痛みや腫れを生じたら骨折が強く疑われます。このような場合は踵をつかないようにし、踵を冷やして専門の整形外科を受診するようにしましょう。レントゲン検査を受け、徒手整復後、ギプス固定を行うのか、手術が必要なのか、正しい診断を行うことが後遺障害の予防につながるのです。

  • この部分は治療が難しい

  • 踵骨は歩くときに一番体重がかかる骨です。この部分を治療する難しさは、①骨折部分を治すためには元に戻した形を崩さないために体重をできるだけかけたくない。②長期にわたって体重をかけないでいると、骨は一次的にスカスカになってしまう。という相反する事態に対して、どう対処するかという点です。
    出典 :踵骨骨折(かかとの骨の骨折です)
  • 踵骨はスポンジ状になっていて、 中を血流が流れることで、骨としての硬い質を保っています。ところが、体重をかけずにいると、 血流が少なくなり、骨の質が悪くなるという、 踵骨特有の問題がります。 (これを骨萎縮といいます。) 骨萎縮した骨も、いずれは元に戻りますが、時間がかかります。
    出典 :踵骨骨折(かかとの骨の骨折です)
     

    ここはしっかり知りたいですね。

  • 踵骨骨折の手術療法

  • 金属製のピンを皮膚を通して差し込み、骨折部分を整復してギプスで固定する経皮的ピンニングや、皮膚を切開して骨折部分をプレートで固定するプレート内固定など。自分の骨を移植する自家骨移植や人工骨を移植する人工骨移植が必要となることもあります。
    出典 :考えられる後遺障害の詳細 - 後遺障害(後遺症)とは?【深田法律事務所】
  • 関節面が折れてずれている場合は、骨折の形と骨折線の数、ずれの程度によって、徒手整復といって外側から手で整復できるものから、釘を外側から刺して整復するもの、手術で開けて金属の板とネジで固定しなければならないものとに分かれます。普通のX線写真で診断できる場合もありますが、断層撮影やCTが必要になることも少なくありません。
    出典 :踵骨骨折の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • いずれにしても、時間がたつと踵がはれ上がって治療が難しくなるので、至急に整形外科を受診しなければなりません。遅くなると整復が難しくなり、皮膚に水疱(すいほう)ができて、手術も困難になります。  整復さえうまくいけば、骨は付きやすいのでギプス固定は比較的短期間ですみます。
    出典 :踵骨骨折の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 程度にもよりますが、痛みが完全にとれるのを待っていると社会復帰が遅れ、骨萎縮の痛みが続くので、ある程度の痛みはがまんして日常生活にもどる方が治りがよいようです。
    出典 :踵骨骨折の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 一般的には

  • 手術は一般的には腰椎麻酔下に行われます。
    手術時の体位は患側を上にした側臥位で、踵の外側に皮切を加えます。まず陥没した骨片を挙上し、関節面の整復を行います。
    出典 :踵骨骨折-日本骨折治療学会
  • 同時に突出した外壁を整復し、体部の内反変形を矯正します。 内固定方法は踵骨専用プレートを使用する方法とスクリューとピンのみを用いた小侵襲内固定法があります(図3)。 術後はギプス固定などを必要とせず、早期に関節の可動域訓練を開始することで凸凹道や坂道での歩行、さらには高所での作業が可能となります。
    出典 :踵骨骨折-日本骨折治療学会
  • 高齢化社会では

     

    後遺障害を残すことが非常に多く、その症状は歩行時痛、坂道や凸凹道の歩行が困難、長時間の立位が困難なことや高所での作業が不可能なことです。最近では高齢者の方が階段などを2、3段踏み外したというような軽微な外力でも踵骨骨折を生じることを多く見かけます。