子供の脳によい習慣とは?

できれば色々な良い刺激をうけ、IQを高くしたい!と考える親御さんも多いのでは?
子供の脳によい習慣をまとめてみました。

  • rotta 更新日:2014/03/07

view152

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頭がいいってどんなこ?IQが高いだけじゃダメ、バランスが大切!

  • 学校の成績をよくする記憶力や集中力だけでなく、感受性、積極性、独創性、意思、運動力、注意力など、あらゆる面でバランスがとれて、前頭連合野がうまく働く状態が理想です。それこそが本当の「頭のいい子」なのです。
    出典 :脳の発達と能力を伸ばすこと「ここが知りたい」Q&A - gooベビー
     

    学んだ知識がうまく使いこなせなければ、宝の持ち腐れですよね。バランスがとれ、色々な面で知識を活用できる術を身につける、活用方法を親も教えていくのも大切なのではないでしょうか?

  • まずは栄養バランスのとれた食事!これが整うとすべてが整う!

  • 子供に与える栄養バランスが整うと、脳がきちんと成長できるようになるので、精神が安定化してくる。精神が安定化してくれば、育児は非常に楽しいものになってしまう。
    出典 :食事の習慣と運動の習慣で子供の脳を発達させよ: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
  • 食べ物を口に入れた際は、一旦箸を置いて、一口三十回以上噛ませることだ。良く噛む習慣こそ、脳を鍛えることになるからだ。
    出典 :食事の習慣と運動の習慣で子供の脳を発達させよ: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
  • 子供は栄養バランスが整い、礼儀作法を守って食事をし、良く噛んで食べるようになると、きちんと運動をするようになる。子供がはしゃぎ回るのは、要は体が軽いからこそできるのであって、子供の頃はとにかく運動しまくるものなのである
    出典 :食事の習慣と運動の習慣で子供の脳を発達させよ: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
  • しっかり食べる→作法も身に付き落ち着きが出る→体も育ち、運動能力もアップ 成長にどんどんつながりますね。孤食はよくありません。家族で、楽しく食卓を囲み、バランス良いご飯を食べましょうね。

  •  

    成長期の子供って、本当によく食べますよね。お米の減り具合がはやい、はやい!!

  • 幼児期のお風呂での知育

  • お風呂は自分の身体で遊ばせる。 手で水を受けて飲んだり、片手で飲んだり、お湯の表面を叩いて水しぶきを見せたり、もぐって息を止めたり、*子供自身に身体を洗わせ、洗う順番を決めて守らせたそうです。 順番を決め計画・行動することは、前頭連合野のトレーニングになるそうです。(「エチカの鏡」より)
    出典 :久保田カヨ子式・お風呂での教育法 | 赤ちゃん・子供のしつけ方
  •  

    お風呂は、スキンシップもとれるし、水と道具を使って色々試してみたり。遊びから発見にもつながり楽しいですね。

  • 0歳~3歳児の子育て

  • 子供の脳が急速に発達する段階で、他人とのコミュニケーションの土台となる感情交流の基礎だ作られる時期で、自分の感情を感じる力と、他人の感情を感じる力を養っていく事が大切です。 そのため、 ・たくさん話しかけてあげる事 ・たくさんスキンシップをとってあげる事・あまり『ダメ』といって行動を制限しない事・成長を他の子供と比べない事
    出典 :子供の脳の発達と子育て
  • 3歳~7歳までの子育て

  • ・物事に感動する事・物事の結果よりも、全力で取り組む事を大切にする事・何事にも集中し、最後まで取り組む事・人を尊敬する気持ちを持つ事・人の話を聞く事 ・『ダメな』、『何をやってもうまくできない』という否定を自分に向けない事・自分の失敗を認める事
    出典 :子供の脳の発達と子育て
  • 7歳~10歳の子育て

  • 何かする事で、物事は変化するんだという体験を積み上げていく事が大切です。 それも、できるだけ子供が興味を持った事に、関わらせてあげる事が望ましいと言えます。 人間のやる気、モチベーションというのは、自分が動く事で何かいい事があるという想像をした時に高まります。
    出典 :子供の脳の発達と子育て
  • しっかり食べ・よく動き・よく寝る!基本的な生活習慣がしっかり身についている子は、自発的に何をしたらいいのか判断できるし、意欲的に動き勉学にも励みます。子供がそうなるようには、まず親がお手本になることが大切ですね!