思った以上に重症!?「ささくれが化膿」したらどうしたらいい?

ささくれが化膿してしまったらどうしたら良いのでしょうか?気になってはぎ取ってしまったはいいけど・・・なんだか痛いしちょっと化膿している気がする。と思う人もいれば、何もしていないのに悪化してなんて人も!そんなささくれが化膿した場合の対処について!

view152

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ささくれが気になる!

  • 気づけば指の皮がめくれて出来ている『ささくれ』ですが、 気になって、ついつい剥きとってしまうことってありませんか?そうするとささくれ部分が炎症を起こして、時には化膿することも あります。もちろん剥き取らなくても、化膿することはあります。
    出典 :ささくれが化膿!その治療法とは? | 話題集め隊
     

    この出来てしまった傷口にばい菌が入る事によって細胞を分解します。その結果化膿してしまうという原理があるそうです。このささくれが化膿した場合はどう対処いたら良いのでしょうか。炎症を起こしているとかなり痛いですよね。

  • 手の爪の周りの皮がピーっと避けるように、 逆立って、妙に痛い、アレですね。^^ささくれの主な原因は、指の乾燥です。 指の皮膚の油分や水分が足りなくなると、 爪の周辺の皮膚はささくれになり易くなります。 手の保湿をいつもきちんとしているのに、それでもささくれになる場合は、栄養不足によるささくれの疑いがあります。
    出典 :ささくれの原因・予防・対処法。化膿や「ひょうそ」は迷わず医者へ! | 話題の森
     

    栄養不足のささくれの場合があるそうです。バランスの良い食事と休息をとるという事はささくれ対策にもなると言えますね。健康維持をしている人はささくれに悩まされている人も少なそう!規則正しい生活は以外にもささくれ予防になっているという事でしょうか!

  • やっぱり誰でも悩むのは

     

    ささくれですよね。これは手の乾燥によって起きる事もあるので、そのあたりを気をつけなければいけません!また、ささくれが出来る原因のひとつとしてネイルが問題とされます。ネイルをする時に甘皮の処理をしますよね。甘皮は以外にも爪を保護してくれている役割があるのです。この処理を長く続けていくと指先が荒れてしまいささくれが出来てしまうといった結果になりかねないのです。

  • ささくれが化膿すると・・・

  • 炎症を予防する軟膏を塗ったり、防水性に優れた絆創膏を貼るなどして、ささくれができた個所が完治するまで対処してください。何故ささくれにここまでするかというと、ささくれは症状が悪化すると化膿してしまうためです
    出典 :ささくれは化膿に注意 -手荒れ対策を伝授!
     

    ささくれが化膿してしまった場合は、しっかりと対処する事が求められるのです。ここは重要ですよね。また、ストッキング等を履く場合ですが邪魔になりますよね。そんな時にはしっかりと切ってしまうのがベターでしょう。鼻毛切りはさみでカットして仕舞えば、短く切る事も可能です。

  • ささくれが化膿してしまうと

     

    このように腫れてきてしまう場合もあります。こうなってくると不便ですよね。家事なんかも上手く出来ないようになってしまいます。単なる手荒れだと思って放置しないで、しっかりとしたケアや治療をおこなう事をおすすめしたいと思います。

  • 普段から手を保湿!

  • 荒れる前から、家事、掃除、洗濯の後には、ハンドクリームを付けるのを習慣にするのが一番の予防です!ささくれになり易い人や肌が弱い人は、肌に優しいクリームを選びましょうね♥私の手がやばいくらいガサガサになった時は、このバーツビーの100%ナチュラルなハンドクリームに頼ってます。
    出典 :ささくれの原因・予防・対処法。化膿や「ひょうそ」は迷わず医者へ! | 話題の森
     

    ちょっとした口コミのようですが、この人の場合はバーツビーのものを使っているようです。このハンドクリームを利用する場合ですがちょっとしたコツが必要なのです。ハンドクリームを塗る場合はたいていさっと塗ってしまいがちになっていませんか?

  • このハンドクリームを塗る場合ですが、しっかりと塗り込んであげる事が大事だと言えるでしょう。表面だけに塗っていてもただ表面が潤ったというだけで、中までしっかりと保湿が出来たという事にはならないのです。これならしっかりと保湿をしないといけない理由がわかりますよね。

  • ささくれが

     

    化膿してしまうと色々と大変ですよね。しかし、きちんとした対応をしてあげる事が必要なのも事実です。化膿している状態まで行ってしまったら市販薬の使用をやめましょう。市販薬はあくまで応急処置です。早く治したいと考えるならば、安全に皮膚科を受診する事をおすすめしたいと思います。その点をわすれないようにしたいですね。

  • いかがでしたでしょうか。最初はすこし皮がむけているだけと放置しがちなささくれですが、放っておくことによって思っている以上の結果を招いてしまうのです。化膿までいってしまうと治るまでに時間がかかるだけではなく、家事にも影響が出てしまう場合もあります。もちろん見た目もそんなに良くはないですよね。そうなる前に予防やケアが十分に必要となります。もちろんなってしまったら仕方ありませんが、悪化する前に皮膚科へ受診し適切な治療を受けるようにしましょう。これからの冬の時期は得に乾燥するのでささくれが出来やすくなってしまいます。皆様も十分に注意するようにしてくださいね。