動脈硬化にならないために

本当に恐ろしい動脈硬化。そうならないための予防、検査、対処について。

view314

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 動脈硬化とは?

  • 動脈硬化は血管の老化
    動脈硬化という言葉を、知らない人はいないでしょう。でも、どんな病気?と聞かれると、うまく説明できないかもしれません。
    動脈硬化とは、わかりやすくいえば血管の老化です。肌にシワやシミができたり、たるんだりするのと同じように、血管も年齢とともに傷つき、弱り、しなやかさも低下します。
    ただ肌の老化などと違うのは、生命にかかわる老化だということです。
    出典 :生活習慣病ガイド|動脈硬化:動脈硬化の怖さとは|オムロン ヘルスケア
     

    老化は誰にも起こる自然な流れです。つまり、誰もが意識しなければならないものなのです。

  • 動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって、詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態をいい、動脈硬化になると、スムーズに血液が流れなくなります。

    動脈が弾力性や柔軟性に富んでいれば、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。

    しかしコレステロールなど血液の脂質が、動脈にたまったり、酸素や栄養が不足したり、高血圧により常に血管に負担がかかったりしていると、動脈は弾力性を失い硬く、もろくなってしまいます。このような状態を動脈硬化というのです。


    出典 :動脈硬化|動脈硬化の症状・予防・原因・改善 - 病気・症状 チェック
     

    動脈硬化は、日本人の死因の多くを占める心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などを引き起こす恐れのある、危険な状態なのです。

  • (1)脳卒中(のうそっちゅう)
     脳卒中は、脳梗塞(のうこうそく)や脳出血(のうしゅっけつ)など脳の血管の血流障害によって起こる病気の総称です。
     脳の動脈硬化により血流障害が起こると、めまい、頭痛、耳鳴りが生じ、記憶力が低下し、気が短くなったり、怒りっぽくなります。ボケなどの症状も現れやすくなります。完全に血流が途絶えると脳梗塞に、もろくなった血管が破れて出血すると脳出血になります。
    (2)狭心症(きょうしんしょう)、心筋梗塞(しんきんこうそく)
     心臓に酸素や栄養素を運んでいる冠動脈に動脈硬化が起こると、心臓の血流量が減るため、運動時に胸の痛みや息苦しさを感じるようになります。これが狭心症です。さらに粥腫が破れて冠動脈が血栓で完全に詰まった状態になった場合を心筋梗塞といいます。
    (3)大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)
     動脈硬化により胸部や腹部の大動脈の一部がふくれてこぶのようになったものを大動脈瘤といいます。こぶが徐々に大きくなり、ついに破裂して大出血を起こし、死亡することがあります。
    (4)腎硬化症(じんこうかしょう)
     高血圧が長期間続くと腎臓のなかの細い動脈に硬化が起こり、腎機能が衰えてきます。夜間に何度も小便に起きるようになり、色の薄い尿がたくさん出ます。高血圧が急にひどくなることもあります。
    (5)閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)
     動脈硬化が下肢の動脈に起こり、血流が滞ると、足がしびれたり、冷たく感じたり、歩行中に痛くなったりします。
    出典 :動脈硬化 - goo ヘルスケア
     

    動脈硬化により、これらの病気に繋がります。

  • 動脈硬化の症状

  • なんと自覚症状はあまりないのです!!

     

    しかし進行すると、大変危険な病気を引き起こす。だから、早期発見は大事なのです。

  • 動脈硬化の原因

  • 動脈硬化は、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣の違いによって大きく影響されることがわかっています。たとえば、動物性脂肪の多い高カロリー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。それらが血管壁に付着して血管を詰まらせたり、血管が破れたりする原因になります。

    また、動脈硬化は、動脈硬化の危険因子である高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満、喫煙、運動不足、偏った栄養バランスの食事、アルコール、加齢、ストレスの有無などについて確認し、生活習慣を見直し、予防することが大切です。

    動脈硬化は加齢とともに進行するため、一種の老化現象ともいえます。しかし、動脈硬化は、急にあらわれるわけではなく、若いころから始まり、40歳を過ぎる頃に症状があらわれてくることが多いことのです。つまり、動脈硬化の予防は若いうちから行う必要があります。
    出典 :動脈硬化|動脈硬化の症状・予防・原因・改善 - 病気・症状 チェック
     

    誰もが心当たりありそうなことが、原因となっていることを知らねばなりません。

  • 動脈硬化を予防するための食生活

  • バランスのとれた食生活をとる。

     

    ビタミンやミネラル、炭水化物、タンパク質などバランスのとれた食事を適切な量、規則正しく食べることが大切。

  • 肥満にならないような日常生活

     

    食事、運動などを取り入れ、肥満にならないことはとても大切です。

  • 動物性脂肪のとりすぎ注意

     

    お肉の食べ過ぎですね。

  • 塩分のとりすぎもいけません

     

    塩分はひかえめが鉄則です

  • 動脈硬化にならないための生活習慣

  • アルコールの摂取は適度に

     

    ストレスをためるのもよくありませんが、アルコールの過剰な摂取は動脈硬化の原因です。

  • 喫煙も動脈硬化の原因になります

     

    喫煙者はなるべく本数を減らしましょう

  • 適度な運動は予防になります。

     

    それぞれの年齢にあった適度な運動を心がけましょう。
    また睡眠も同じように大事です。

  • 早期発見が重要

  • 動脈硬化の早期発見 - YouTube

     

    症状がでないからこそ、早期発見が大切なのです。