妊娠中の足の付け根の痛み、みんなどうしてる?

赤ちゃんが大きくなるにつれて感じる人が増える妊娠中の足の付け根の痛みはどうして起こるのでしょう?
妊婦さんだからこその理由があります。
その原因故に妊婦さんは完全に妊娠中の足の付け根の痛みから解放されることはありませんが、痛みを軽減させることはできます。

view46161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どうして足の付け根に痛みが起こるの?

  • 普段は「広がっていない部分」なのですが、「妊娠中」は骨盤が広がりやすくなっているために骨盤(恥骨周辺)にくっついている筋肉や靭帯が余計に引っ張られたりすることで「痛み」が出てきています。
    その引っ張られる筋肉の一つに、足(脚)の付け根(つけ根)周辺の筋肉があるのです。
    出典 :妊娠初期~後期 足(脚)の付け根(つけ根)の痛み トコちゃんベルト
     

    妊娠前は閉じていた骨盤が広がることで筋肉や靭帯が引っ張られる痛みだそうです。これは痛い。

  • 妊娠後期に股関節や腰が痛くなるのは、赤ちゃんが生まれてくる産道を作るために骨盤が弛んで来るために起こるもので妊婦さんの殆どが経験する痛みだと、妻の主治医から伺いました
    出典 :妊娠後期に起こる、足の付け根の痛み : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
     

    赤ちゃんが生まれてくるためには必要な痛みだとしても、できるだけ軽減したいですよね

  • 股関節痛と言われる足の付け根の痛みは、臨月が近くなり、脚の付け根の靭帯が、大きくなった子宮に引っ張られることによって痛みが起きるものです。これはお腹が大きくなるにつれて多くなる症状です。
    出典 :妊婦と足の付け根の痛み
     

    急激に大きくなったお腹や子宮を支えるためには、普段使われていない靭帯や筋肉もフル活動しているのでしょう。お腹の中で筋肉がピンと張ってしまっているのだろうなと想像できますね。切れてしまわないのが不思議なくらいです。

  • 恥骨痛の主な原因は恥骨の結合部分の緩みです。妊娠するとホルモンの影響で骨盤や靭帯が緩みやすくなるので、恥骨の結合部分が緩んできます。
    そのために恥骨のずれが起こったり、お腹の重みよる負担で痛みや違和感を抱きます。
    出典 :恥骨痛を緩和する対策 | 子育ての悩み解決ナビ
  • 赤ちゃんが大きくなってその重みが痛みの原因になっているのはもちろんですが、骨盤が徐々に開いて体が出産準備に入りつつある状態であるために生じる痛みでもあるようですね。

    どちらにせよ、赤ちゃんが生まれてくるまでは仕方ないのかもしれません。
    ・・・とはいっても、人によっては動けないほどの痛み。それは困りますよね。
    では、このような足の付け根の痛みを少しでも改善するための方法にはどんなものがあるのでしょうか。
    一般的に知られているものや、痛みを体験した人の経験談から痛み改善法を探してみたいと思います。

  • 足の付け根の痛み、どうやって解消した?

  • 妊娠中の恥骨の痛みは原因が大きくなっていく赤ちゃんの重みを支える筋肉や靭帯が引っ張られることによって起きる痛みですから、完全に取り除く方法がありません。
    でも、痛みを軽減する方法はいくつかあると言われています。
    その中の自分に合った方法で、上手に恥骨の痛みを乗り越えましょう

  • 歩きかたを変えるだけでも痛みは和らぎます。

  • 歩くときは小股でゆっくりと

     

    股を開く動作は痛みの原因になります。
    歩くときは小股で歩くようにしましょう。ついつい妊娠する前のくせでせかせかと歩いてしまうかもしれませんが、ゆっくり歩幅は小さ目と心がけながら歩きましょう。

  • 寝るときの体勢も大事です。

  • 寝るとき・寝返りのときは足を閉じた状態をキープする

     

    足を閉じた状態をキープするようにすることで股関節を動かさないので痛みの軽減に役立ち。寝てる間は無意識ですから寝返るときに足を開いてしまって痛みで起きてしまうこともあるかとは思いますが、寝るときに閉じた状態をキープしておくだけでも寝付きも変わってくると思いますし
    毎日繰り返しているうちに寝返りも無意識に閉じたままできるようになると思いますよ。

  • 座るときにおすすめな姿勢は

  • あぐらをかく

     

    座るときにあぐらをかいて両方に同じように体重をかけるようにすることで痛みが軽減されたという効果を感じた人も。筆者も妊娠中はあぐらが楽でした。お腹が大きいときは背中にクッションをあてて、あぐらをかくと、より楽です。

  • 痛みを軽減させる体操もありますよ

  • こまめに体操をする

     

    恥骨痛に効果がある体操もあります。
    そういった体操を無理のない範囲で行うことも効果あり、体操は安定期を過ぎてから、一度念のためにお医者さんに相談することをおすすめします。

  • 骨盤ベルトで緩んでくる骨盤を整える

  • 骨盤ベルトを使う

     

    赤ちゃんの重みで骨盤が広がってしまうのが痛みの原因のひとつ。
    なので、骨盤ベルトで骨盤を固定することで痛みをおさえる方法。骨盤ベルトは産後の骨盤の緩みを整えるのにもとても便利なものなので、妊娠中から使用しておくのはお勧めですよ。

  • 妊娠中の足の付け根の痛みに対してやってはいけないこと。

  • 前かがみはNG! 膝を曲げるようにしましょう

     

    前かがみになるのはお腹に負担もかかるのでやめておきましょう