だだの腰痛じゃないかも 内蔵疾患で腰痛が起きる

内臓の疾患によって、腰痛が起こることがあります。一向に良くならない腰痛、もしかしたら他の病気のサインかも。

view3591

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 最近、腰痛の方が急増中です。
    原因にクーラーや冷たい飲み物などで身体の中から外から冷やしてる事が考えられます。
    内臓系が冷えて機能が低下している為、胃腸の調子も悪くなりがちです。

    暑いですがたまにはあったかい物やスタミナがつく物を食べて、元気に夏を乗り切りましょうね♪
     

    冷たい飲み物の取りすぎにも気を付けましょう。

  • 要注意な腰痛の特徴

  • 内蔵疾患が原因となる腰痛の症状の特徴は、
    姿勢や体勢に関わらず、どんな時でも慢性的な腰痛が生じていること。
    出典 :腰痛の原因となる内蔵疾患と症状の特徴 | iGotit
     

    姿勢に関わらず、腰痛が続く場合は早めの診断、原因の特定が大切。病気につながることも

  • 腰痛で分かる内蔵疾患

  • 実は、ひとくちに腰痛といってもその原因は30種類以上!
    しかも中には、血管の異変から「突然死」につながるケースもあったんです。
    出典 :年間1万人!死に至る腰痛があったとは!? : ためしてガッテン - NHK
     

    腰痛に悩む人は、全国1000万人以上だそう。そうした腰痛の中には、死に至る腰痛も!

  • 女性の腰痛はもしかして子宮内膜症? こんな症状があれば要注意!


  • □ ひどくなっていく月経痛
    □ 下腹部の痛みが、月経の時以外でもある
    □ 不正出血がある
    □ 月経の際、出血量がとても多くなった
    □ 排便時に、肛門が痛む
    □ 性交時の痛み
    □ 腹部が膨らんだ感覚
    □ 腰痛・骨盤付近の痛み
    出典 :女性に多い子宮内膜症による腰痛 [腰痛] All About
     

    受診が遅れることで、症状が悪化する可能性もあります。早期発見のためにも、気になる症状を感じたら婦人科へ。

  • こんな腰痛の原因も

  • 大半の腰痛はストレスが原因

     

    脳の痛みを制御する機能が、ストレスによって弱わまり、腰痛が起こるケースもある。

  • 腰痛の常識 うそかも

     

    「とりあえず安静」という腰痛の常識。
    全ての腰痛に当てはまるわけではないようです。
    腰痛の原因が特定されない『非特異的腰痛』の人は、
    安静にするとかえって骨がもろくなったり、倦怠感を感じるなどの結果を招くことがあります。

  • ロコモの可能性も

  • 日本全国で40歳以上の4,700万人が推定対象者と言われている、運動器症候群のことです。 足腰の骨や関節・筋力が劣化し、歩行や「立つ」「座る」などの日常動作が困難になる状態を指します。 結果的には、介護が必要になったり、寝たきりになったりする危険性も高くなります。
    出典 :ロコモティブシンドローム|ジェクサー・メディカルフィットネス
     

    慢性的な腰痛があり、立つのがつらい人はロコモティブシンドロームの可能性も

  • ユーザーの「ロコモ度」を調べ、対策となる運動実践をサポートするアプリ「ロコモチェック&トレーニング」無償提供開始 http://t.co/ajAxMAKdln (プレスリリース) #prtimes
     

    まずはロコモ度をチェックしてみては

  • このままだと、日本人の9割が寝たきりになる

     

    一日3分のトレーニングから始めましょう。

  • RT @nose_kensuke: 「糖尿病の人は身体能力が衰えやすい 40歳を過ぎたらロコトレで対策」 http://t.co/vl9b556G3F 明日もチャリで対策、と…。 #type1 #iddm http://t.co/fQ7P3swOAX
     

    糖尿病とロコモも関係している!?