身近に起こる恐怖。若年性アルツハイマー

若年性アルツハイマーは、若くして罹る認知症です。家族を支える40代、50代でかかると生活にも大きく支障がでてくることになります。

view1088

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 若年性アルツハイマー病

     

    10~64歳の間にアルツハイマー病を発症した場合、若年性アルツハイマー病と診断されます。

    通常のアルツハイマー病と同じく、脳全体が徐々に萎縮していき、認知機能・行動などが徐々に蝕まれますが、近年の薬物療法の効果は高く、予後はそれなりに良好です。新薬も出ていて、今までの「進行を遅らせる」から、「進行を止める」に移行しつつあります。

    但し、早期発見・早期治療が必要なのは、特に若年性アルツハイマー病には言えることです。初期症状の時点での早期発見が出来ないと、進んでしまった脳萎縮は戻りませんから、症状も重くなってしまいます。

  • チェックリスト

    同じことを繰り返し話したり聞いたりする
    通い慣れた道で迷った
    日付や曜日がわからなくなった
    自宅の住所、電話番号がわからなくなった
    親しい人の顔や名前がわからくなった
    会話の中で、使いなれた単語や物の名前が出てこなかったり、うまく喋れなくなった
    簡単な計算ができなくなったり、計算ミスが増えた
    最近の会話や出来事を覚えていない
    探し物、忘れ物が多くなった
    今日食べたものを覚えていない
    鍋を焦がすことが増えた
    理由もなく日課をしなくなった

  • アルツハイマー型認知症

     

    アルツハイマー型認知症は「認知症」の一種で、女性に多いと言われています。

    脳が委縮することによって、さまざまな認知機能の低下、人格崩壊を引き起こす病気で、はっきりとした原因は解明されていません。しかし、食習慣、運動習慣をはじめとする「生活習慣」が大きく関係していると言われ、若年性の場合は、遺伝子が関係している場合もあると考えられています。

  •  サラリーマンにおける認知症の初期症状としては、「それまでできていた仕事ができなくなる」という特徴的な傾向が見られます。去年より今年、先月より今月、確実に仕事の質が低下しているようなら要注意。それまで当たり前のようにこなしてきた仕事が、何日かかっても終わらないような状況が見られたら、年齢に関係なく認知症を視野に入れて考えるべきでしょう。

     もし認知症と診断された時は、周囲の理解と情報の共有化が重要になってきます。周囲が仕事を分担してサポートするだけでなく、組織として見守るという姿勢が不可欠です。

  • 自分では何度も確認したつもりなのに、ミスがなくならない。そのうち、自分の仕事に自信を無くして、ふさぎ込むようになってしまった。産業医が「うつ症状が見られる」と判断し、心療内科を受診したが改善しないまま半年が過ぎた。

     産業医は月に一度、石川さんと顔を合わせているのに、どうも話が噛み合わない。そこで「念のため」と頭部のMRIを撮ってみたところ、海馬にアルツハイマーの所見を確認。若年性アルツハイマーだったのだ。

    出典 :【これで私は助かった!】“若年性アルツ”早期発見&対応が大事! - 政治・社会 - ZAKZAK
     

    心あたりはありませんか。

  • アルツハイマー型認知症は、脳の神経細胞が急激に減ってしまい、脳が病的に萎縮して知能低下や人格崩壊が起こる病気です。
    出典 :認知症の種類:若年性認知症 【教えて!認知症予防】
     

    介護側も理解が必要です。

  • 札幌医科大学の研究によれば、若年性アルツハイマー病発症者の特徴として「立体図形が描けない」ことをあげています。
    患者は頭の中では箱の図形をイメージできるのですが、紙にそれを書くことはできないのだそうです。
    しかし、板をのこぎりで切って箱を作ることはできるのだとか。

    もちろん、必ず進行していくことには変わりなく、進行が進めば家族の顔も分からなくなります。

    出典 :認知症の種類:若年性認知症 【教えて!認知症予防】
     

    立体図形が描けなくなるんですね。

  • 若年性アルツハイマーは「40代から65歳まで」に発症した場合を指します。これは、通常のアルツハイマー、いわゆる認知症(以前は痴呆症と呼びました)が主に65歳以上の罹患であることから、それより以前に発症するケースを「若年性」と呼んで区別している、ということのようです。
    出典 :若年性アルツハイマーの初期症状
     

    若年性といっても40代以降の方が多いそうです。

  • 次のような初期症状が出たら、すぐに専門医に診せましょう。

    ● だるさや疲れを感じやすくなり、めまいや頭痛、不安感など不定愁訴を感じる
    ● 根気が続かなくなる
    ● 不眠やうつ状態になる
    ● 全体の状況をみることができなくなり、細部に拘るようになる
    ● 仕事の能率と量が低下している

    初期症状はうつ病と似たものがありますので、うつ病と誤診されないように、総合病院や大学病院など大きな病院の精神科などで受診した方がより安心です。

    出典 :若年性アルツハイマー病とは | アルツハイマー病の初期症状と予防
     

    初期症状はうつ病と間違いやすいそうです。

  • もし、若年において認知症と診断されたらどうしますか? 並大抵のショックではないと思いますが、治療法はさまざまです。 早期発見により、改善されますし、回復の可能性もあります。 アルツハイマー型の場合はしっかりとリハビリに努めましょう。 脳血管性の場合は、規則正しい生活と、栄養バランスのとれた食事に気をつけましょう。

    認知症と判断されても、しっかりとそれを受け止めて改善に努めることで、回復の可能性はありますので安心してください。

    出典 :若年性アルツハイマー|もの忘れドック-武田病院画像診断センター
     

    まずは、症状を受け止めて、しっかりと治療をしましょう。

  • 危険信号
    初期では頭痛やめまい、不眠がみられます。また、不安感や自発性の低下、抑うつ状態にもなります。
    本人も気づかないことが多く、仕事でのストレスやうつ病と間違えやすいので注意が必要です。
    発症すると自己中心的になったり、前より頑固になったり、他人への配慮がなくなります。
    もし身近にそういう人がいれば、そっと教えてあげてください。
    アルツハイマー型認知症は放っておくとどんどん進行していくので、早期発見と早期対策が重要になります
    出典 :若年性アルツハイマー|もの忘れドック-武田病院画像診断センター
     

    早期発見が大切です。

  • 原因と症状
    原因と症状は通常の場合と同じで、βアミロイドによる老人斑、脳の萎縮です。
    女性に多くみられます。
    ただ若年性の場合は遺伝によるケースもあるので、親族でアルツハイマー型認知症の方がおられる場合は注意が必要です。
    出典 :若年性アルツハイマー|もの忘れドック-武田病院画像診断センター
     

    女性に多いそうです。

  • 最初は「あれ、何だっけ」という一時的なもの忘れから始まりますが、やがて進行していくと会議の予定を忘れたり、同僚の名前や取引先の場所がわからなくなったりするため、仕事を続けることもできなくなります。また、徘徊などの行動障害も出てきます。 若年性の患者数は、厚生労働省の補助事業による調査を根拠に全国で10万人前後ともいわれていますが、正確な実態はわかっていません。

  • 若年性アルツハイマー病は、早期発見、早期治療が大きな意味を持つ病気。以下に、アルツハイマー病「前駆期」段階の症状をあげます。一つずつチェックしてみましょう。

     1 複雑な精神機能を必要とする作業の質と量が変化する。
     2 仕事の能率と量が低下する。
     3 全体状況を判断することが困難になり、細部にこだわるようになる。
     4 その人らしい「個性」が失われてくる。
     5 何となくだるいというような、不定愁訴が増える。
     6 頭痛やめまい、うつ気分、不安感などで悩むことが多くなる。
     7 根気が続かない、疲れやすくなる。
     (武田雅俊氏、篠崎和弘氏、西川隆氏による「臨床症候」より)

    出典 :意外と知らない若年性アルツハイマー病 - goo ヘルスケア
     

    チェックしてみましょう。

  •  若年性アルツハイマー病も老年性と同じように、最初は、もの忘れが増える、日付や自分のいる場所がわからなくなる、感情表現など精神活動が低下する、といった症状が見られますが、老年性よりも病気の進行が早く、症状も重くなる傾向が見られます。
     また、働きざかりの40、50代でアルツハイマー病を発症するわけですから、家計や介護などさまざまな面で問題がおこります。

     しかし、若年性アルツハイマー病は、老年性のように誰もがかかる可能性がある病気ではありません。若年性アルツハイマー病の原因は、遺伝によるものがほとんど。ごく大まかにいって、アルツハイマー病の原因となる遺伝子に異常がある人は、40代でも発病する可能性があるのです。原因となる遺伝子は次々と見つかっていますが、まだ研究は半ばで、しっかりした遺伝子診断ができる状況ではありません。また、万が一発症しても、発症初期より前の「前駆期」段階で発見し、適切なケアを受けることができれば、病気の進行を遅らせることができます。

    出典 :意外と知らない若年性アルツハイマー病 - goo ヘルスケア
     

    遺伝によるものなんですね。