薄毛で悩む女性必見!【治る薄毛】の治療法!

もともと髪が細いから・・・年だから・・・とあきらめないで!治る薄毛はあるんです。

view373

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 薄毛に悩む女性は全国に何百万人いると言われています。
    薄毛の原因は何でしょう?

  • 食生活

  • 現代人の食生活と言ったら高カロリー、高脂肪食の物が多く、それらを食べ続けていると中性脂肪が増えてしまう事になります。
    また頭皮にある毛細血管が詰まってしまう可能性もあるのです。髪の毛は、血液に含まれている栄養が頭皮に運ばれる事によって、頭皮にある栄養が押し上げられ髪の毛が伸びると言う仕組みになっています。
    出典 :女性が薄毛になる原因
  • ダイエット

  • ダイエットをしている女性はとても多いと思うのですが、食事でダイエットをするという事は、高カロリーの食生活から低カロリーの食生活に変えると言う事です。こうなると必要な栄養素を摂取する事が困難になりますので、異常脱毛になってしまう可能性があるのです。
    出典 :女性が薄毛になる原因
  • 老化

  • 老化は女性に限らず誰しも避けて通れない物です。
    もちろん髪の毛や頭皮も老化してしまうので薄毛になりやすくなってしまうのです。
    ですから老化をなるべく遅らせる様にする事が薄毛を改善する方法だと思います。
    出典 :女性が薄毛になる原因
  • 治るタイプはどんな人?

  • 薄毛が治った女性たちの話では、目や口まわりのむくみや疲労感、1日あたり300〜400本もの抜け毛といった症状が共通してみられました。じつは、これらの症状を招く病気が、薄毛を引き起こしていたのです。その病気の正体は、「甲状腺機能低下症」でした。甲状腺ホルモンが少なくなる病気です。
    出典 :劇的改善!女性の薄毛 : ためしてガッテン - NHK
  • 甲状腺機能低下症の症状

  • 甲状腺機能が低下してくると全身の代謝が低下するため、体のさまざまな機能が低下します。精神機能が低下することによって眠気、記憶障害、抑うつ、無気力を生じます。皮膚は乾燥し、毛がぬけたり、指で押しても跡を残さないむくみを生じます。また声帯がむくむために声がかすれることもあります。消化管運動の低下により便秘になったり、心臓機能の低下により脈が遅くなったりします。他には体重増加、寒がり、疲労感がよくみられます。
    出典 :甲状腺疾患専門の隈病院ホームページ|甲状腺機能低下症
  • 甲状腺ホルモンの減少は、加齢が原因とも言われていますがはっきりとはわかっていません。
    甲状腺機能低下症が原因によって起こる薄毛は、甲状腺ホルモンと同じ成分の薬を服用すれば、ほぼ治ります。
    自分が甲状腺機能低下症かどうかは、血液検査でわかりますので、まずはかかりつけ医にご相談ください。
    出典 :劇的改善!女性の薄毛 : ためしてガッテン - NHK
     

    思い当たる症状があったら、医師にご相談を!

  • 他にもあった!薄毛の原因

  • 女性が薄毛になるびまん性脱毛症、特に女性が出産などで薄くなる脱毛症、牽引性脱毛症などさまざまあります。
    出典 :薄毛対策・薄毛予防【今出来る事はコレ!】
  • びまん性脱毛症、原因と対策

  • 女性は男性のようにハゲることはありませんが、髪全体が薄くなり、特に 髪の分け目や頭頂部の皮膚が透けて見えるようになります。これが瀰漫(びまん)性脱毛症といい、女性に1番多く見うけられる脱毛症です。
    出典 :瀰漫(びまん)性脱毛症
  • 女性の薄毛についてで紹介したように、女性の薄毛の原因の多くは毛が少なくなったのではなく細くなった事が原因です。
    瀰漫性脱毛症は女性ホルモンの急激な減少などが多くの原因を占めますが、ストレスやダイエットによる栄養不足によるものもあります。
    出典 :瀰漫(びまん)性脱毛症
  • ●正しい生活習慣とはバランスの摂れた食事を一日三食
    ●22時~2時の間には睡眠をとるようにする
    ●ストレスをためないようにする。
    ●タバコ・酒は控える
    出典 :瀰漫(びまん)性脱毛症
     

    びまん性脱毛症の原因は、女性ホルモンの低下によっても起きますが、食生活の乱れから来るものも多いのだそう。
    まず、生活を見直してみてください。

  • 牽引性脱毛症の原因と対策

  • 牽引性脱毛症とは、長時間頭髪を強く引っ張られる状態が続いたときに発症する脱毛症のことで、ヘアスタイルの関係上、女性に多い脱毛症です。 主に強く引っ張られていた髪の生え際や分け目といった部分の毛が細くなったり、切れやすくなるなどして地肌が透けて見えるようになってしまいます。 必ずなるという訳ではありませんが、ポニーテールのように髪を強く束ねたりするようなヘアスタイルを常時していると起こりやすくなります。
    出典 :牽引性脱毛症の原因と対策 -正しい脱毛症の知識-
  • 髪の分け目を普段と違う方向にしてみたり、髪を結ばない日を設けるなど、工夫することでまた髪の毛が生えてくる場合もあるようです。日頃のヘアスタイル次第で、牽引性脱毛症にならないように予防することはできるので、髪を結ばない他のヘアスタイルなども参考にしてみるとよいでしょう。
    出典 :牽引性脱毛症 | 女性のこめかみの薄毛は、絶対に治ります。
  • 出産後の薄毛の原因と対策

  • 女性には卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが存在しています。
    妊娠すると、卵胞ホルモン『エストロゲン』の分泌が多くなり、逆に黄体ホルモンの分泌量は減少する傾向にあります。
    エストロゲンには髪の育成を促進する作用があり、髪の寿命を延ばし、本来なら抜け落ちるはずの髪をそのまま成長させる働きがあります。エストロゲンの分泌量は妊娠後期になるほどに多くなるため、臨月あたりでは妊娠前より髪のボリュームが増えてきます。しかし、出産するとエストロゲンの分泌が減って正常に戻るため、延命されていた髪が一度に抜け、一時的に薄毛になると考えられています。
    出典 :出産後の女性の薄毛
  • 出産後の薄毛は、上記の通り、女性ホルモンの変化によって起こるものなので、特にケアしなくても、半年~1年すると薄毛症状は改善されていきます。しかし、1年経過しても抜け毛が減らず、薄毛の症状も進行する場合は、女性ホルモンの変化とは別に何らかの原因が関与している可能性があります。特に出産後は新生児のお世話で寝不足になったり、疲労やストレスを感じやすいので、抜け毛が増えやすい状況にあります。そのため、1年経っても回復しない場合は、女性用の育毛剤を使うなど、薄毛を防ぐためのヘアケアを行うことをおすすめします。
    出典 :出産後の女性の薄毛