【驚愕!!】 美肌・癌予防・むくみにも効果あり。 栗の効能がハンパない!!

秋といえば栗の季節♪でもただおいしいだけじゃないって、知っていましたか??

view5671

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 秋の味覚 栗

     

    実は、ただおいしいだけではなかった!!

  • 少量で必要な栄養素を摂取できる!

  • さつまいもと栗

     

    栗の食物繊維は、さつまいもより多い!

  • 熱量は果実類で1番。少量効率のよいエネルギー補給食品といえます
    たんぱく質・ビタミンA・B1・B2・C・カリウムも比較的 豊富です。
    サツマイモと比べると、食物繊維も多い。
    また、ミネラル類も豊富で現代人に不足している人間に必要不可欠な微量要素の亜鉛が豊富です。
    亜鉛が不足すると味覚障害・生殖機能の減退・肌荒れ・抜け毛等が症状がでるとされてます。
    出典 :栗の栄養
     

    カロリーが高いって聞くとなんだかためらってしまうな~。

  • さまざまな効能が!

  • 腎臓虚弱の改善、腰膝を丈夫にする、むくみを取る、胃虚弱による慢性の下痢を改善、筋肉や骨の痛みをとる、身体を温める、血液の循環をよくする、止血作用、肌の調子を整える、などの効能が挙げられる。
    出典 :栗 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    「肌の調子を整える」とか「むくみを取る」とか、想像以上の効能がありました。

  • 効果的な食べ方

  • ◎足腰が弱くなったと思ったら生で食べよう!

  • 年を重ね、足腰が少しずつ弱くなったな、と思う人は生で食べます。朝晩、1~2個をかみ砕いて食べると、徐々に筋力が強くなります。でも、相当にかたいものですから、歯が傷んだり、折れたりするかもしれませんので気をつけて。また、消化が悪く、食べすぎると胃に負担がかかりますから、胃腸の弱い人は避けることです。
    出典 :栗の効能 | くだものの効能 豆知識
     

    栗を生で食べたことはないな~。硬いのだろうな。

  • ◎口内炎ができたら煎じ液でうがいしよう!

  • 口内炎には、栗の葉や渋皮を煎じ、その液でうがいをすると痛みが薄れていきます。
    葉は落ち葉でもかまいませんが、手っとり早いのは渋皮でしょう。渋皮100gに水600ccを入れ、半量になるまで煎じ、これでうがいをします。続けて2~3日は行ないます。
    出典 :栗の効能 | くだものの効能 豆知識
     

    実以外の部分も役に立つのですね。

  • ◎かぶれ、靴ずれにも煎じ液!

  • 漆かぶれ、ぎんなんかぶれ、白髪染めかぶれ、おむつかぶれ、靴ずれなどの接触性皮膚炎ができたときには、葉や渋皮の煎じ液で冷湿布すると、炎症が治まり、かゆみや痛みなども落ち着いてきます。
    ガーゼに煎じ液を浸し、かぶれたところにこれをはりつけておきます。乾いたらはり替えます。煎じ液の作り方は口内炎のうがい液と同じです。
    出典 :栗の効能 | くだものの効能 豆知識
     

    へ~!すごいですね。

  • 栗の渋皮にはすごい効果が!

  • 渋皮にはタンニンと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれており、高い抗酸化作用があることで知られています。活性酵素を除去してくれるので、ガンを予防する効果が期待されています。
    出典 :栗の栄養・選び方・保存方法 [野菜・フルーツ簡単レシピ] All About
     

    癌を予防できるなら、食べます。

  • 渋皮にはポリフェノールの一種、タンニンが多く含まれており、この強い抗酸化作用により、老化の防止やガンの予防に効果があるそうです。渋皮煮などで沢山摂取する事が出来ます。
    出典 :栗(くり)の栄養価と効能:旬の果物百科
     

    老化防止にも効果があるようですね。煮れば柔らかくなっていいかも!

  • 栗の渋皮をお風呂に入れて入浴する事により、アトピーの痒みなどが急速に改善する事が分かっています。
    出典 :栗の栄養・成分・効果・効能・効用
     

    渋皮は捨てるだけだったから、それが利用できるなんて嬉しい!

  • こうすると簡単に皮がむける。

  • 粟の鬼皮は熱湯に10分くらいつけてからむくと、楽にうまくむけます。あとは渋皮をもう一度むくことになります。一度に簡単に渋皮までむくには、かるくゆでてから冷凍し、そのあと半解凍状態でむくと、一気に渋皮まできれいにむけます。ただし、生では冷凍しないこと。
    出典 :栗の効能 | くだものの効能 豆知識