日本における狂犬病の予防とは??

日本では発生が無い狂犬病ですがどのような予防対策を取ってるのでしょうか。
気になる情報をまとめてみました。

view299

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 世界ではまだまだ発生してる狂犬病!!

  • まだまだ発生してる国がある!!

     

    発展途上国だけで発生してるのでは無く先進国でも発生しています!!

  • 狂犬病とは??

  • いったん発病すると中枢神経が侵されて数日間で死亡する疾患。人獣共通感染症の一つで、恐水病hydrophobiaともよばれ、「感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)では4類感染症に分類されている。また、日本では従来、イヌのみが狂犬病予防法の対象であったが、1999年(平成11)からネコ、アライグマ、キツネおよびスカンクも輸出入検疫が実施されることになった。これは日本を含むごく一部の国を除いて、世界各地で現在なおイヌやネコ、その他の野生動物の間で流行がみられ、狂犬病にかかっている病獣による被害者や死亡者が多数報告されているからである。
    出典 :狂犬病 - Yahoo!百科事典
     

    発病するとほぼ100パーセントに近い確率で死亡してしまう恐ろしい病気!!

  • 感染源は??

  • 病原体は狂犬病ウイルスで、人への感染は病獣(多くはイヌ)の咬傷(こうしょう)によっておこる。諸外国ではおもに野犬、オオカミ、キツネに病獣が多く、地域によっては他の動物、たとえばインドのジャッカルやマングースなど、北米のコヨーテやジャコウネコなど、中南米ではコウモリなども加わる。これらの感染動物のうち、あるものは発病し、残りの多くのものは不顕性感染の形でおもに唾液腺(だえきせん)内に狂犬病ウイルスをもっている。
    出典 :狂犬病 - Yahoo!百科事典
     

    犬以外の動物が病原体を持ってることもある!!

  • 症状は??

  • まず咬傷部位から中枢に向かって放散する神経痛のようなだるい感じと、わけもなく不安感にとらわれ、不眠や食欲不振がみられる。また瞳孔(どうこう)散大、唾液の分泌過多、発汗などもおこる。この前駆期(2、3日)を経て興奮期に入ると、体温が38℃くらいになって不安な興奮状態が激しくなる。また、よだれを流し、嚥下(えんげ)困難、呼吸困難、知覚異常などもみられる。とくに、この時期の特徴は、光、音、水を飲むことなどの刺激で咽頭(いんとう)の筋肉から胸にかけて激痛を伴うけいれんがおこる。これは延髄の嚥下中枢の異常な反射亢進(こうしん)によるもので、水を見てもけいれんするようになる。この特有の症状から恐水病とよばれた。この発作はしだいに頻発してくるが、2、3日すると麻痺(まひ)期に入り、発作が減退して沈静期がしだいに長くなる。続いて咬傷部位と関係のある筋肉の麻痺がおこり、動眼筋や表情筋、咬筋、四肢とくに下肢の麻痺も現れ、意識が混濁して発病後4、5日で呼吸麻痺のため窒息死する。まれに麻痺型といって、興奮期のけいれん発作が現れないまま運動麻痺や知覚麻痺がいきなり現れ急速に死亡することもある。
    出典 :狂犬病 - Yahoo!百科事典
     

    恐ろしい症状ばかり!!

  • 治療と予防!!

  • 発病すればかならず死亡する疾患であるから、咬傷を受けてから発病するまでの間に行われる発病阻止の処置にすべてがかかっている。咬傷部はただちに水またはせっけん液でよく洗い、十分に消毒し、傷が深ければ切除または焼灼(しょうしゃく)し、傷は開放したままで縫合しない。狂犬病のイヌなどを診断、あるいは疑う場合、獣医師はただちに保健所に届けることになっている。患者にはワクチンを注射して発病を阻止する。狂犬病発生地域へ渡航する場合には、予防注射が行われる。なお、狂犬病ワクチンは1980年(昭和55)より乾燥組織培養不活化ワクチンが使われるようになり、かつて重大な副反応として恐れられた狂犬病ワクチン後麻痺などのおそれはなくなった。
    出典 :狂犬病 - Yahoo!百科事典
     

    発病すれば死亡してしまうので心当たりがあったら早めにワクチンを接種するなどして予防します!!

  • 日本ではどのようにして予防している??


  • 狂犬病予防法
    1950年に公布された(昭和25年法律第247号)。狂犬病の発生を予防し、その蔓延(まんえん)を防止し、これを撲滅することを目的とするものである。本法では、発生予防のためには、イヌの登録および鑑札の制度、毎年1回の予防注射(1985年改正。それ以前は年2回)ならびに浮浪犬の抑留や処分が定められ、早期発見や蔓延防止のためには、獣医師の届出義務および隔離義務、イヌの係留命令、係留されていないイヌの抑留、緊急予防注射の実施、運動の禁止、移動の制限および交通の遮断などが定められている。さらに厚生労働大臣は、狂犬病の蔓延の防止および撲滅のため緊急の必要があると認めたときは、地域および期間を限って一定の措置の実施を命ずることができるものとされている。また、公務員および獣医師の予防員に対する協力義務および都道府県の抑留未登録犬、未注射犬、浮浪犬などのための抑留所設置義務などについても規定されている。なお、検疫を受けないイヌ等の輸出入者、届出義務や隔離義務の違反に対しては30万円以下の罰金、登録義務や予防注射を受けるべき義務の違反に対しては20万円以下の罰金が科せられる。
    出典 :狂犬病 - Yahoo!百科事典
     

    海外に旅行などに行く場合は動物に近づかないなど充分気をつけよう!!

  • 飼い犬にはしっかり予防接種を!!