ぐっすり眠りたい・・・深い眠りにつく方法をみてみよう

熟睡したい・・・深い眠りにつく方法があればなぁ~・・・
そんなアナタにオススメの方法をまとめてみました♪

view376

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ぐっすり眠れる・・・色々な方法

  • 呼吸法で深い眠り

  •  

    息を吸うと交感神経に、息を吐くと副交感神経になります。そこで、呼吸に気をつけて副交感神経に近づけていきましょう。まず、鼻から大きく息を吸います。そして、口から、細く、長く、ゆっくりと息を吐いていきましょう。遠くにあるローソクの炎を吹き消すイメージですね。時間をかけてゆっくりと細く息を吐く。この呼吸法を数回くりかえすだけでも、ずいぶんとリラックスできるものです。眠りにつく前に限らず、呼吸が浅くなりがちな仕事中など、この呼吸法をこまめに取り入れるだけで、疲労回復効果も変わってきます。

    引用)http://n-harmony.net/column/fatigue/sleep/011.html

  • 寝る前仰向けに寝ながら、腕を上げてバンザイ状態にすることで、 肺に空気を入れやすくして、大きな深呼吸を2〜3分繰り返す。するとだんだんと深い眠りの中に入っていきます。
    出典 :深い眠りにつく方法
     

    これはス~ッと眠りに落ちそうな感じです・・・。

  •  




     くたくたになるまで働く(動く)

  • 深い眠りとはノンレム睡眠が深いレベルまで落ち込むということです。眠りが深いレベルにまで到達するかどうかは、日中の疲労度というか覚醒度に比例します。そのため、もし深い眠りにつく方法をお探しなら、日中に疲れを感じるような生活を送ることです。たとえば昼間に立ちっぱなし、歩き通しの仕事をしたり、くたくたになるまで働けば、ストレスホルモン(ACTH)なども旺盛に分泌されます。その分解産物が睡眠物質となって、夜に眠たくなるのです。これが、効果的に深い眠りにつく方法のひとつです。夜に深く眠れないというときは、一日中家のなかでダラダラしていたり、リラックスしすぎて、昼間の疲労度、覚醒度が低いということなのです。
    出典 :深い眠りにつく方法って何?~安眠の秘訣 | 安眠方法と不眠症対策
     

    疲れて眠くなるのは自然なことだったんですね~。

  • 就寝前に少量のクルミを食べる

  •  

    クルミに含まれているトリプトファン、アミノ酸が睡眠を促進します。毎日、決まった時間に食べることで、脳の睡眠準備を促す効果がプラスされます。

    引用)http://眠り.com/summary/sleep18/

  • 寝モバはしない

  •  

    節電のため電気を消し布団に入ったあともネットブックやタブレット端末、スマートフォンなどでいわゆる「寝モバ」をしてニュースをチェックし続けているという人は多いのではないでしょうか?「寝よう」と決めたらモバイル機器の電源をきっぱりとオフにすることも一つの手かもしれません。モバイル機器のモニタから出る可視光線のうち波長が短い青色光は、日中の空を青く見せている光線で、夜はほとんど地上に届きません。そのため青色光の刺激により脳が「いまは昼だ」と勘違いして覚醒し、眠気を遠ざけるということにつながります。青色光は照明器具などの光にも含まれますが、「寝モバ」をすると眠りにつくぎりぎりまで至近距離で光源を直視し続けることになるため、特に就寝の妨げとなるようです。

    引用)http://眠り.com/summary/sleep18/

  • 睡眠リズムを正す

  •  

    深い眠りにつく方法は、以上のように日中の運動量というか、肉体の疲労度、覚醒度によって決まります。(これは精神的な疲労や悩み、つまりストレスではないです。それは前述したように睡眠を浅くします)そのほか睡眠リズムを正すことも大切です。朝起きる時間、夜寝る時間を一定にするのです。そうすると睡眠・覚醒リズムといった体内時計だけではなく、体温リズムやホルモンの分泌リズムも整ってきます。そのほか胃や筋肉、肝臓、肺などのサーカディアンリズムもリセットされて体調がよくなるとともに、質のよい眠りが得られるようになります。

    引用)http://www.ii-suimin.com/kaimin/hukai-nemuri.html

  • その他、ペットと一緒に寝ない、部屋を暗くするなど、
    ちょっとしたことが熟睡に繋がるようです。
    あなたもお試しを!