出産を控えるママたちへ☆これでばっちり出産準備品!病院に行く前から行った後まで

出産にはさまざまな準備が必要となります。産前から病院へ行くまでに必要なもの。お金。病院の選び方や産後のお母さんの体についてまとめました。これから出産を控えているお母さんに、是非一度お読み頂ければと思います。もちろん、これから妊娠予定の女性も必見です。

view823

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 元気な赤ちゃんを産むために!

     

    出産は人生の中でも数少ない経験のひとつです。誰でもはじめはわからないことだらけ。しっかりと勉強をして、元気なお子さんを産んでください!

  • まずは出産に必要なものをチェック!

  • はじめに産前に必要なものを見てみましょう。

  • ■スリップ 1~2枚
    検診など服を脱ぐ機会も増えるので、スリップをお勧めします。せりだすお腹の滑りを良くする効果も。

    ■スリーマー 2~3枚
    冬はもちろん、夏の冷房などで体を冷やさないようにするのに役立つ。前開きが産後のためにも便利。

    ■ショーツ 6~7枚
    妊娠が終わったら、お腹を冷やさないようにマタニティーショーツを。子宮底を包み込んでくれる形で、伸縮性・吸湿性に優れたものを選びましょう。

    ■ブルマ・保温ボトム 2~3枚
    お腹の赤ちゃんに冷えは禁物。夏でも3分丈の着用を。冬場は5分丈で、保温には特に気をくばってください。

    ■ブラジャー 3~4枚
    妊娠前よりアンダーは5センチプラス。カップはワンサイズ大きいものを。アジャスターは一番きつくしたところでちょうどいいかをチェック。授乳にも兼用できるタイプがよい。 A

    ■ハーフトップ 2~3枚
    ブラジャーほど締めつけず、バストをソフトにカバーしてくれるから、家でのリラックスタイムにぴったり。

    ■母乳パッド 洗いかえ用1~2個 使い捨て用 2~3箱(お徳用)
    おっぱいで下着やパジャマなどを汚さないように使用します。乳房や乳首を保護する役目も。洗いかえと使い捨てのタイプがある。

    ■パンティーストッキング/タイツ 3~4足
    お腹の成長に合わせて調節可能なマタニティーパンティーストッキングとタイツ。3~4足あるとおでかけにも便利。

    ■腹帯 2枚
    お腹を安定させ、赤ちゃんを冷えから守るための腹帯。お産の軽い犬にあやかって、5ヶ月にはいった戌の日に腹帯わして安産祈願をする。産後のお腹の引き締めにも使える。

    ■妊娠帯 2枚
    保温性が高く伸縮性もあるコルセットタイプ。妊娠中期から後期にかけて大きくなるお腹をしっかりと支えてくれる。

    ■妊娠帯 2枚
    お腹を支えるサポート力にすぐれたガードルタイプ。脱着が楽なので臨月まで働くママにも。

    ■ナイティ 2~3枚
    入院中に欠かせないナイティは、バスト部が授乳兼用タイプでゆったりしたものを選んでください。

    ■マタニティウエア 2~3枚
    無理なくお腹を包み込んでやさしく体にフィットし、着やすく、動きやすいものを選んで。

    ■母子手帳ケース 1冊
    母子手帳、健康保険証、診察券など通院に必要なものをひとつにまとめておけるので便利。

    ■マッサージクリーム 4~5本
    妊娠中の硬くなりがちなお腹の肌。妊娠3~5ヶ月頃からマッサージすると、肌をやわらかくし、気になる妊娠線を防いでくれます。
    出典 :出産準備
     

    産前用品だけでももの凄い量ですね。しっかりとチェックしてください。

  • 次に入院前に必要なものです。

  • ■T字帯 2枚
    出産直後に使う必需品。ウエスト部分はひもで結ぶだけ、布を後ろから前に持ってきてお産用ナプキンを安定させます。ナプキンをとりかえる際に少しでも刺激を避け、清潔を保つためにものです。

    ■すそよけ 2枚
    出産直後の悪露の汚れ防止に役立ちます。パイルは夏、ネルは冬、ガーゼ&ドビーはシーズンを通して快適な素材です。

    ■産じょくショーツ 3~4枚
    マジックテープで股部分が楽に開く産じょくショーツは、ナプキンの交換が簡単です。

    ■ナプキン・脱脂綿 2~3包
    個人差はありますが、悪露は1週間~10日ぐらい続きます。悪露の処理に適したお産ようのナプキンを使いましょう。

    ■ポリシート 2枚
    ベットが悪露などで汚れないように、ポリシートを敷いておくと安心です。

    ■ガーゼねまき・ガーゼローブ 1~2枚
    産後すぐにはナイティよりガーゼねまきが便利。ナプキンの交換が楽です。

    ■ガウン 1枚
    病院内を歩くときや、お見舞いにきてくれた人への応対など、ガウンがあるとたすかります。

    ■スリッパ 1足
    スリッパは入院用の必要アイテム。

    ■その他
    腹帯・授乳用ブラジャー・母乳パッド・ナイティ・ソックス・おくるみ・ ガーゼハンカチ おむつ・オムツカバー・洗浄綿・ママの退院時の洋服・ビニール袋・退院時の赤ちゃ んの洋服・洗面用具・ドライシャンプー・バスタオル・ハンドタオル・ティッシュ・湯のみ 診察券・母子健康手帳・健康保険証・印鑑・筆記用具・はし・スプーン・時計

    ■産後用ショーツ 3~4枚
    出産前のプロポーションに戻すには、ガードルだけでなくショーツもサポート機能に優れたものを。

    ■リフォームガードル 2枚
    体重の増加が8キロ未満なら妊娠前と同じサイズ、8~15キロ未満なら妊娠前より1サイズ大きいものを、15キロ以上は2サイズ大きいものを選びましょう。

    ■ウエストニッパー 1枚
    お腹を引き締めるためには出産後のケアが大切。肌に優しい素材のもので、無理なくきっちりリフォームしましょう。
    出典 :出産準備
     

    産前と合わせると大変な量になります。やっぱり出産て大変…

  • 出産にまつわるお金のエトセトラ

  • 何かとお金がかかる出産。いったいみんなどれくらいの出費となるのでしょうか?

  • 入院・分娩費も、健診費と同じく、病院によってかかる費用は異なります。どちらかというと、規模が大きく設備の整った私立の総合病院や、独自のサービスで快適さを追求する個人産院などは高めの傾向にあります。また、同じ産院でも「自然分娩」「無痛分娩」など分娩方法や、「個室」「大部屋」「LDR」など部屋のタイプ、「夜間」「休日」など時間帯によって、料金に差が生じるため、どんな場合にどのくらいかかるのか、情報を集めておきましょう。
    医学的な必要性から帝王切開で出産した場合は、健康保険が適用され、医療費の3割が自己負担となります。トラブルなく自然分娩した場合は保険適用外となり10割負担に。先輩ママの平均45万842円というデータからもわかるように、大きな出費となります。「出産育児一時金」として35万円+αは戻りますが、このお金が手元に届くのは産後。出産までに、まとまった額の現金を準備しておく必要があります。どうしても用意できない場合は、産前に出産一時金を前借りできる制度もあるので、問い合わせを。
    出典 :入院・分娩費 - gooベビー
     

    なんと平均は45万円!一時的なものかもしれませんが、やはり貯金は大切ですね…

  • この他にもさまざまなベビー用品にお金がかかります。一例を見てみましょう。

  • 服:10000円
    お風呂グッズ:3500円(ガーゼ・沐浴布・温度計・ベビーシャンプー・麺棒・ベビーローション)
    オムツグッズ:4000円(パンパース新生児箱・お尻ふき箱)
    ミルクグッズ:6000円(哺乳瓶+消毒セット+搾乳器)
    ベビーふとん:35000円(敷き布団・掛け布団・合い布団・シーツ・防水シーツ・枕など)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    合計:約60000円

    矯正下着:15000円(悪露用ショーツ・骨盤コルセット・産後ひきしめショーツ・ガードル)
    授乳服:20000円(授乳用下着・カットソーなど)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    合計:約35000円
    出典 :ベビーグッズに総額いくらかかったか、教えて下さい。3月末に出産予定の妊婦です... - Yahoo!知恵袋
     

    細かいものが積もり積もってかなりのお値段に…

  • しかし出費ばかりではありません。しっかりと制度を使えば戻ってくるものもあります!

  • ■出産費用と国民健康保険の高額療養費払い戻し制度
    ■出産育児一時金の請求の仕方
    ■出産費用の還付制度
    出典 :出産費用が戻って来る制度 – 出産費用専門サイト~出産費用の事で不安な初産婦の方へ~
     

    以上の制度をうまく利用することで、かなり出産費用を抑えられます。もちろん、一時的にはかかってしまうのですが…

  • 病院選びも大切です!

  • 最近では、どんな病院で赤ちゃんを産むかが非常に大切にされています。あなたの望む出産を手助けしてくれる所を選びましょう!

  • ◆大学病院・公立病院
    最新の医療設備があり、スタッフも豊富なので総体的な安心感がある。NICU(新生児集中治療室)など、万が一の緊急体制も整っているし、持病のある人などは他科の医師との連携ができて心強い。反面、待ち時間が長くて診療時間が短いとか、診察時と分娩時の医師が異なるなどの不満をあげる人も多い。
    ただし、なかにはハイリスクのお産を優先する、紹介状が必要など、受け入れ条件がある場合もあるので下調べが必要。

    ◆総合病院
    入院用ベッドが100床以上あり、複数の診療科がある。大学病院同様に他科と連携できるので、持病のある場合やリスクが予測されるお産に対応できる安心感がある。正常経過の妊婦を対象に助産師外来を設けている病院もある(院内オープンシステム)。ただし、最近は産婦人科や小児科を閉鎖する病院も増えているので、確認が必要。

    ◆産婦人科専門病院・産婦人科医院
    ベッド数20床以上の施設が病院、19床以下は医院、診療所、クリニックという。病院の場合は小児科を併設しているところもある。初診から妊婦健診、分娩まで同じ医師が診ることが多い。院内で母親(両親)学級、体操教室、呼吸法教室などを開いている施設もあり、医師やスタッフとコミュニケーションがとりやすい。医院の場合、医師がひとりのところも多いので、夜間・休日に当直医がいることを確かめるのがベター。

    ◆助産院
    助産師が介助する施設。対象は正常経過の妊娠・分娩なので、助産院でお産できる妊婦は限られる(助産院での分娩は全分娩中、約1%)。助産師は会陰切開(縫合も)などの医療行為はできないので、分娩進行中のトラブルに備えて、嘱託産婦人科医との連携がしっかりしていることを確認する必要がある。
    出典 :病院選び|出産編|プレママタウン
     

    さまざまな種類がある病院ですが、まずはご自身の希望にそった出産が出来るかを第一条件に選ぶと良いでしょう。

  • 出産後に大切なこと

  • お子さんが生まれて嬉しいのはわかりますが、お母さんの体にはかなり負担がかかっているはずです。出産後、そのような変化があるのかを見てみましょう。

  • ■身体
    身重から身軽に!と思いがちですが、赤ちゃんや胎盤が出たあとの母体は、相当なダメージを受けています。骨盤は緩み、身体のあちこちが痛む。体内からの出血も当分続きます。私自身、身体を起こすだけでもしんどく、フラフラでした。

    ■心
    ワケもなくイライラ、メソメソ。または気分がハイに。出産により身体の中のホルモンバランスが急激に変化し、精神的にも不安定になるのが産後です。母乳のこと、赤ちゃんのこと、周囲の態度などに一喜一憂しがち。この時期における気持ちのアップダウンは、全く特別なことではありません。また、これってうつ?と思った時は、「マタニティーブルーズ」といわれる多くの母親が経験するものと、診療が必要な「産後うつ」の違いを知っておくことも大切です。(※参考記事「産後うつとマタニティーブルーズ」)

    ■生活
    心身が安定しない状態で、赤ちゃんとの生活が始まります。数時間おきに授乳、おむつ替え、抱っこなどが続く初期の育児は、まさに24時間体制。寝不足の上、赤ちゃんが泣きやまなかったりすると、ふにゃふにゃの我が子を前に途方に暮れることも。さらに、出産直後は赤ちゃんを外に連れ出せないため、急に家に籠もる毎日に。「気分転換の外出もできない」「話し相手がいなくて孤独」「初めての育児がこの方法で良いのか不安」などナーバスになることも多い時期です。
    出典 :出産直後の養生って?重要性と過ごし方 [産後の基礎知識] All About
     

    出産はやはりお母さんの体にも相当ダメージがあるようです。しっかりと休むことが大切ですね。

  • 家族が増えるのは素晴らしいことです

     

    数々の困難を乗り越えて生まれてきた我が子は本当に愛しい存在です。これからの人生を共に生きていく家族が増えたことを喜び、そしていつまでも大切にしていってください。