夜トマトダイエットはトマトだけを食べるダイエットではありません!

夜トマトダイエット・・・というと、世間ではやりの「●●だけを食べるダイエット」と勘違いしてしまいます。
夜トマトダイエットは、「夜トマトだけを食べるダイエット」ではありません。
夜食べる食事にトマトを加えることがダイエットに効果があるということです。

view275

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夜トマトダイエットとは・・・

  • 夜トマトダイエットというのは、トマトだけを食べるダイエットではありませんのでご注意を。

    夜トマトダイエットは、寝る前にトマトのリコピンを体内に入れて、リコピンの抗酸化力の強さを利用し、体を錆びさせる原因である活性酸素に対抗しようという目的のダイエット方法です。
    出典 :リコピンの効果:なぜ夜のトマトリコピンがダイエットにつながるのか? - スリムアップトマト リコピン圧縮!トマ美ちゃんの4倍!
     

    「●●ダイエット」というと、なぜだかその食材ばかり食べるダイエットを思い浮かべてしまいます。

    トマトダイエットは、トマトに含まれるリコピンを必要量摂ることで、睡眠中の身体のメンテナンスを助けることが目的になっています。

  • トマトダイエットの特徴は・・・

  • トマトダイエットは、トマトに含まれているリコピンを摂取して、基礎代謝を上げて成長ホルモンの分泌を活発にするというダイエットになります。

    成長ホルモンが多く分泌されている時間をシンデレラタイムと呼びますが、このシンデレラタイムは深夜10時〜2時の間と言われています。

    夕食時や夜にトマトを食べて寝ている間にダイエットをするという簡単なダイエットになります。

    無理な食事制限をする必要もありませんし、過度な運動を行う必要もないので、忙しい方や、運動が苦手な方、食事制限をしたくないけどダイエットはしたいという方に、オススメできるダイエット方法と言えるでしょう。

    もっとも継続しやすいダイエット法がトマトリコピンダイエットということになります。
    出典 :トマトリコピンダイエットの決定版!
     

    成長ホルモンは大人の場合は身体のメンテナンスを行う役割を持ちます。

    成長ホルモンの分泌を活発にして基礎代謝を上げて、新陳代謝を促すということで美容にも役立ちます。

  • リコピンの一日摂取量・・・

  • リコピンの摂取量は一日15mgが良いとされています。

    これは大きなトマト2個分くらいで摂取できる量です。

    リコピンのとり過ぎで副作用が出るなどの症状は報告がされていないようですので多少、多くトマトを摂取しても問題はないようです。イタリア人はかなりのトマトを食べていますが食べ過ぎて問題が起きたことはないようです。

    豆知識としてリコピンはトマト以外からも摂取できます。

    柿、スイカ、グレープフルーツ、グアバ、ニンジン、パパイヤなどにもリコピンは含まれています。リコピンは赤色の色素になる成分ですので、赤色の果物や野菜に含まれます。
    出典 :トマトのリコピン効果|トマトダイエットに最適な時間帯は??
     

    トマト2個というとちょっと大変そうですが、完熟トマトならば毎日は無理でしょうが、ジュースにすれば毎日でも大丈夫でしょう。

    トマトだけでなくトマト以外の野菜や果物を上手に組み合わせて食べれば効果は期待できます。

  • リコピンの効能・・・

  • リコピンの効果・効能は強力な抗酸化力から得られ、血糖値を下げる,動脈硬化の予防,ガンを予防,喘息の改善,美白効果,ダイエット効果などがあると言われています。

    リコピンのガン予防効果は肺ガン,前立腺ガンで有効性が示唆されています。

    また基礎研究レベルですがリコピンにはLDLコレステロールの酸化防止や乳ガン,肺ガン,前立腺ガンの増殖を抑える効果が報告されています。
    出典 :トマト・リコピンの効果と効能 高い抗酸化力・血糖値を下げる・ダイエット効果など-サプリメントラボ
     

    リコピンの効能はとても有効・・・意識して食べるようにした方が良いようです。

  • トマトリコピンと美容・・・

  • トマトリコピンは特徴である抗酸化作用が、シミやシワの解消や美白などの美容に効果を発揮します。
    特に夏にトマトを摂取することが推奨されますのは紫外線を浴びますと、活性酸素が生まれ、脂質やたんぱく質を酸化させたり、遺伝子を傷つけたりして細胞に機能障害をもたらすからです。

    トマトリコピンには、紫外線による皮膚の表面に発生しました活性酸素を除去し、肌の老化や日焼け後の肌の硬化も防ぎますし、シミの原因になるメラニンを抑制します。
    また、人間は歳を重ねるごとに抗酸化作用が失われていきますし、活性酸素除去は老化防止の役にも立つのです。

    そのため、トマトリコピンによる抗酸化作用の活発化が美容には欠かせません。
    トマトリコピンの抗酸化作用の力は、同じカロチノイドの仲間であるベータカロチンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上とされています。
    出典 :トマトリコピンの効能や効果
     

    美容と健康のためにトマトをはじめリコピンを含む野菜や果物を食べましょう。