乾燥する季節こそやりたい!身体の内側からスキンケア!

外側からのスキンケアも重要ですが、乾燥する季節こそ内側からのケアが重要です。

view279

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌荒れに、黒ゴマ

  • 深夜の飲食、甘いものなど、食生活の乱れによる肌荒れに効くのが黒ゴマです。
    美肌に良いとされるオレイン酸、アミノ酸、カリウム、食物繊維を含み、なおかつ簡単に毎日の食事に足すことができます。
    出典 :美肌を作る食べ物をご紹介!体の中からスキンケアしよう | 乙女ハック
  • 秋~冬は連休やイベントも多いので、ぜひ黒ゴマで内側からケアしましょう。

  • マンゴーで保湿!

  • トロピカルフルーツのマンゴーには、ビタミンA、ビタミンC、さらにシリカという栄養分が豊富に含まれています。シリカはミネラル成分であり、髪、肌、骨、筋肉、歯といった体の各パーツを構造的にサポートする重要な役割を担っています。ですから、シリカが食生活の中で不足すると、肌も弾力やハリを失うのです。また抜群の保水力があり、みずみずしいお肌の質感にも欠かせない栄養素です。
    出典 :体の内側からスキンケア!! 美肌効果の高い食材トップ5とは? | 女子力アップCafe Googirl
  • 熱いところの果物は体を冷やす作用があるので、食べすぎには注意しましょう。

  • 水分も必要。だけど…?

  • 私たちの体の約60%は水分。肌の健康のためにも、十分な水分の補給が大切です。ただし、のどが渇いてもいないのに、ガブガブと水を飲むのは考えもの。口から摂取した水分が、肌の潤いに直結するわけではありません。必要以上に水分をとると、体の水分代謝を乱してむくみを招いたり、胃腸に負担をかけて肌荒れの原因になってしまうことも。とくに冷たいものの飲み過ぎは、体を冷やして血行を悪くし、肌だけでなく全身のトラブルにつながるので注意しましょう。
    出典 :スキンケア|体の内側からキレイな肌をつくる :女性・健康 _ セルフドクターネットプラス
  • 温かい飲み物を適量、というのが良さそうです。

  • 夏じゃないけど、枝豆

  • 豆類は良質なタンパク質源としてぜひ積極的に摂りたい食材ですが、皺を予防するという意味では、レンズ豆や日本人におなじみの枝豆がベスト。レンズ豆は普通の野菜スープに加えるだけで美味しく楽しめるし、枝豆はゆでるだけでいつでも簡単スナックに。
    枝豆に多く含まれるイソフラボンは肌の弾力を高める効果も。
    出典 :スキンケアは体の内側から!美肌効果のある食材で輝く肌に! | 女子力アップCafe Googirl
  • 乾燥による皺も気になるこの季節。飲み会のおつまみには、積極的に枝豆を注文しておきましょう。

  • 生野菜は悪くないのですが…

  • 美肌にいい食べ物としては野菜が一般的ですが、ただ食べればいいというものではなく、「食べ方」にも注意を払う必要があります。たとえば、生野菜のサラダやジュース。野菜を手軽に補給できるという意味では便利ですが、身体を冷やして血行を悪くし、その結果肌をくすませてしまうという欠点があります。

    また身体の冷えはスキンケアだけではなく、健康維持にもさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。ですから、たとえばスープや煮込み料理などのように、「身体を冷やさない温かい料理」として摂取するように心がけましょう。

    また、もう一つ意識したいのが、食べ物同士の組み合わせ。野菜を単体で摂取するのではなく、美肌効果のある食べ物を組み合わせて料理することで、相乗効果が期待できます。たとえば、野菜炒めや野菜スープなら手軽に数種類の野菜をまとめて摂れるうえ、身体を冷やさないので、スキンケアのための料理として最適といえるでしょう。

    また、寒い冬の夜は、ポトフもおすすめ。スキンケアに欠かせないビタミンたっぷりの野菜に、コラーゲン豊富な鶏肉も合わせることができ、さらに身体も温まって一石二鳥です。
    出典 :食べ物で身体の内側からスキンケア - スキンケアの森
  • 朝晩にグリーンスムージーは、不味いかもしれません。思いっきりやってるんですが…。