何型が1番怖い!?肝炎の感染まとめ

肝炎にはさまざまな型がありますが、実際のところどんな感染や症状があるのでしょう。色々とまとめてみました。

view905

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。

     

    黙っていては分かりません。だから、定期的な検診が必要になります。

  • 肝炎の種類もいろいろ

  • ウイルス性肝炎
    A型肝炎 - 経口感染
    B型肝炎 - 垂直(母子感染)、性行為感染(性感染症のひとつとも分類されている)
    C型肝炎 - 血液感染(麻薬の注射器での回し打ち、刺青、輸血、血液製剤等)
    D型肝炎
    E型肝炎 - 経口感染
    G型肝炎
    TT型肝炎
    肝炎ウイルス以外:EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルスなど
    アルコール性肝炎
    非アルコール性脂肪性肝炎
    薬剤性肝炎
    自己免疫性肝炎
    原発性胆汁性肝硬変
    出典 :肝炎 - Wikipedia
     

    こんなにあるのですね。

  • 日本で特に多いのは…??

  • 日本ではウイルス性による肝炎が80%を占める。 日本では特にA、B、C型が多い。
    出典 :肝炎 - Wikipedia
     

    自覚症状がないだけに、怖いですね。

  • 日本でもっとも多い肝臓病は、肝炎ウイルスによって起こるウイルス性肝炎です。
    出典 :ウイルス性肝炎(A型・B型・C型)について
     

    目には見えないから怖いのがウイルスです。

  • 日本で特に多い、A型、B型、C型の違いとは!?

  • A型肝炎はウイルスは急性肝炎を引き起こしますが、慢性化することは無い。
    出典 :ウイルス性肝炎(A型・B型・C型)について
     

    慢性化も嫌ですが、いきなり肺炎になるのも嫌です…。

  • B型やC型のウイルスに感染した人の中には慢性肝炎に移行する人があり、そして肝硬変、肝臓がんを発症する人もいます。
    出典 :ウイルス性肝炎(A型・B型・C型)について
     

    A型よりも、B型、C型のほうが大変です…。

  • 感染経路もさまざま

  • A型肝炎の場合

     

    風邪に似た症状のため分かりにくい事もあるそうです。
    特に、患者の便で汚染された生水・生の貝類、経口などで感染する場合が多いそうです。

  • B型肝炎の場合

     

    主に血液、体液、経皮から感染する事が多く、針の供用や性行為などでも感染する場合があるそうです。

  • C型肝炎の場合

     

    主に、血液、経皮からの感染が多く、母子感染などは稀だそうです。

  • 予防策はあるの!?

  • B型肝炎の怖さを知っている人ならば、予防接種をしてから外国旅行に行くことでしょう。
     

    海外で感染したら、せっかくのバカンスが台無しです。

  • 母親が風邪をひいて高熱を出しているときは、一両日しんどいときだけ授乳を差し控えてもいいが、我慢して飲ませられれば飲ませてかまわない。もっとも、マスクをして飲ませる。母親がB型肝炎で血液にHBe抗原のある場合は、出産直後に予防接種して、授乳は禁止しない。
     

    妊婦の方が肝炎の場合もありますので、必ず事前に検診しましょう。

  • B型肝炎の抗体できてないから自費でまた予防接種しなきゃいけないのちょっとショック!お金かかる( ´・_・` )
     

    基本的に自費のため、受けない方も多いです。

  • 例え緊急時や大切な人であっても…。

     

    血液を扱う際や触れてしまいそうな時は、必ずゴム手袋などを使用しましょう。

  • まずは病院に行こう!!

  • どの型の肝炎でも、ほとんど自覚症状がないので、まずは病院に行って検診をするか、予防接種をちゃんと受けておくと良いかもしれません。