どんなに寒くてもスッキリ快適に目覚めるためのコツ

氷点下だろうと雪が降っていようと毎日同じ時間に起きないといけないのが大人です。寒くてもスッキリ快適に目覚めるためのコツをご紹介します。

view1172

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あー眠たい!けど起きなきゃ

  • 冬の寒さに人肌温度の布団の温かさ。どうしよう?

  • スッキリ快適に目覚めるためのコツ!

  • 光を浴びて脳を活性化!

  • 目覚まし時計の音などで最初に目を覚ましたときに、すぐに部屋の照明をつけましょう。
    出典 :二度寝を防止する方法
     

    一番良いのは起きてすぐに朝日を浴びることなのですが、冬の朝はまだ暗いこともしばしば。そういう時は、とりあえず照明をつけてとにかく光を浴びましょう。

  • 部屋を暖める

  • 暖房のオンタイマーを利用し、自分が起きたい時刻には部屋が暖まっているように設定します。
    出典 :二度寝を防止する方法
     

    タイマー設定なら、過剰な暖房が苦手、電気代が気になるという方でも問題ありませんよね。布団の外も暖かければ、二度寝の誘惑も和らぎます。

  • 足の指をとにかく動かす!

  • やり方は簡単です。

    足の親指とその他4本の指をがんばって動かします。

    イメージとしては、親指と人差し指をこする感じです。
    出典 :寝起きのウトウトを一瞬で解消する方法 | nanapi [ナナピ]
     

    手足の末端を動かすことによって、脳が刺激されて目が覚めます。

  • 思わず飛び起きちゃうイメージをしてみる

  • 頭から冷水をぶっかけられる様子を想像する。
    出典 :起きるのがつらい寒い朝にガバ起きする方法(僕の場合) | IDEA*IDEA
     

    たかがイメージとあなどるなかれ、です。こんなこと考えると、声を上げて飛び起きられそうですよね。