暑さと寒さの温度差が危ない!冬こそ気を付けたい脳梗塞

簡単な説明脳梗塞とは、脳の血管が狭くなってしまい、あるいは詰まってしまうことによって、脳に栄養や酸素がおくれなくなってしまい、脳の組織が部分的に死んでしまう病気を入力(任意)

  • pocca 更新日:2013/12/31

view295

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳梗塞は、処置が遅れれば、最悪死に繋がる病気

  •  

    脳梗塞は、脳の血管が詰まってしまう事によっておきる病気なのですが、脳の中の血管が動脈硬化などで血液が悪くなってしまったり、詰まったりすることが原因でおこってしまう病気

  • 脳梗塞の症状は

  • ゆっくりと進行するので、突然の発作は起こりにくいといわれています。

    数時間から数日かけて手足のしびれなどからマヒへと症状が徐々に悪くなっていく

  •  

    脳血管障害と、いびきには関係があると言われているのです。

    普段、イビキをあまりかかない人が、突然イビキをかきだしたりした時は注意が必要

  •  

    血液中のコレステロールや中性脂肪などが高い高脂血症の人などは、放置しておくと、脳梗塞になる危険がある

  •  

    魚や大豆、野菜、海藻、果物などを積極的に取るようにして脳梗塞を防ぐようにしましょう。脳梗塞を防ぐためには、原因となることを極力減らす事が大事

  •  脳梗塞がおこった後、治療開始が早ければ早いほどよくなる確率が高いため、できるだけ早く、専門病院を受診することがたいせつ

  • 脳梗塞の診断方法は?

  •  

    頭部CTやMRIが主流であることは周知の通りです。CTは短時間で終了する簡便な機器ですが、発症後2~3時間以内ではほとんど梗塞部位を検出できません。MRIでは、拡散強調画像(DWI)が発症後1~2時間以内の超急性期の病変を検出可能な撮影方法

  • 通常では患者さんへの危険が比較的少ない検査(MRI、CT、エコー)から始めます。造影剤などを使用する3DCTAやDSAは、その次の段階で行われます

  • 脳梗塞を起こさないための生活上の注意

  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症、男女別でのウエストサイズで定義される「メタボリックシンドローム」(内臓脂肪症候群)が注目されています。この状態が4項目全部あてはまると脳梗塞の発症率も非常に高くなってしまいます。したがって、日ごろから生活習慣病のチェックを怠らないことが脳梗塞予防の第1点

  •  

    脳梗塞になった場合、以後、そうならないための薬の服用が大事になってきます。血栓予防、血圧を下げる薬など、定期的に処方された薬をきちんと飲むことも予防の大切な方法です