太らない身体をつくる!痩せる体質改善

ダイエットしてもしても痩せない。最近太ってきて、体調も心配・・・。体質改善で健康な身体を手に入れて、楽しい生活を送りましょう。

view540

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体質改善ダイエットには、様々な利点があります。


    そもそも身体の質を改善し、内臓機能を改善させ血液の循環をよくしていきますので、ダイエット以外にも様々な利点があるわけです。身体の機能が正常に働くようになると、仕事の後などの重だるさや疲労感が抜けるのも早くなりますし、免疫機能も正常に働くようになり病気にもなりづらくなります。

  • 全身の血流が悪くなると冷え性になりがちで、基礎代謝も低下します。普段からまめに水分を補給し、体を温める効果がある食べ物やホットドリンクなどを摂取しましょう。

    出典 :痩せる食べ物
     

    普段から身体を温めるようにしましょう。

  • 痩せる食べ物に分類されるものとしては、コンニャクや海藻など、便秘を改善し老廃物の排出を助けるものもいいでしょう!

    また、痩せる為に有効な体質改善は冷え性、便秘、運動不足、脂質、糖質の過剰摂取などの改善をすることで、基礎代謝が上がり以前と同じ食べ物を食べても痩せる体質になる場合もあるようです。
    出典 :痩せる食べ物と体質改善
     

    基礎代謝アップを目指しましょう。

  • 生姜茶で痩せる理由

     

    「生姜」には血行を促進して体を温める効果があり、緑茶を発酵させた「紅茶」には体の中で熱を作る作用があります。これら二つの作用が相乗的に高まることで代謝がアップし、痩せやすい体質に導くのが「生姜紅茶ダイエット」の痩せる 理由となります。また、「生姜」と「紅茶」には利尿効果もあるので、余分な水分や老廃物の排泄を促すことも期待できます。

  • 睡眠さえとればホルモンが働き、体質改善ができると考えてしまいますが、そう上手くはありません。
    成長ホルモンは深い眠りを必用とし、コルチゾールは就寝前の食物摂取が大敵、レプチンとグレリンは睡眠のバランスが大事となります。これらのホルモンに機能してもらわなければ、睡眠をとっても体質改善には繋がらないのです。
    ホルモンを働かせるためには約8時間前後の睡眠を心がけ、質の良い睡眠がとれれば尚良いでしょう。

    出典 :睡眠とホルモンで体質改善!~寝るだけで痩せるダイエット!? | ダイエットSlism
     

    寝ればよいというものではありません。

  • グレリン
    「食べたい」「お腹を満たしたい」「お腹が空いた」という欲求(空腹)を生み出しているホルモンが胃で産生されるグレリンです。
    睡眠時間が短い寝不足の状態が生活習慣となってしまうと、食欲を抑えるレプチンの分泌量が減少し、グレリンが増加することが解明されました。グレリンの増加は、食欲を増してエネルギーの消費率を低下させ、太り易い体質をつくり出してしまいます。
    グレリンを大量に分泌させないためにも睡眠時間はしっかりと取るようにしましょう。

  • レプチン
    食事を終える頃に満腹感が得られるのは、脂肪細胞から分泌されるレプチンが満腹中枢を刺激するためです。
    食べすぎて増えてしまった脂肪細胞に反応して、脂肪細胞からレプチンが分泌されるようになっています。レプチンには交感神経を優位にして脂肪分解を促進する働きがあるのですが、睡眠不足になるとレプチンの分泌が抑制されてしまいます。
    睡眠時間が一定以下(約6時間以下と言われている)だとレプチンは減少し、食欲をセーブすることが出来ず、エネルギーの消費効率も低下してしまいます。

  • 成長ホルモン
    成長ホルモンは体を進化させる働きをします。子供だった私たちが大人に成長してきたのはこのホルモンがあったからです。身長や骨格の形成など、成長ホルモンの働きによりつくられていくのです。
    成長ホルモンが多く分泌されるのは就寝中です(寝る子は育つ所以)。近年は、年齢層が低くなるにつれ就寝時間は遅くなっているようですが、成長ホルモンの分泌には老化防止や美肌などの女性には欠かせない効果が秘められています。ですから出来るだけ早めに休み、生活リズムを整えるのが効果的と思います。

    また、成長ホルモンは肥満改善にも効果があると考えられているホルモンで、代謝を促す働きがあります。しかし、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が弱まり、代謝率が低下してしまいます。

  • 副腎皮質から作られるホルモンで、ストレスにより増えることからストレスホルモンとも呼ばれます。脂質や糖質、たんぱく質などの代謝に作用します。またコルチゾールの過剰な増加は免疫機能の低下や筋肉を落とす原因などにもなります。

    コルチゾールは睡眠中のエネルギーの代謝を促す働きをします。
    体内に溜め込まれたエネルギーは睡眠時に消費されないわけではなく、コルチゾールの働きによりしっかりと消費されているのです。
    しかし、就寝前(約2~3時間前)にエネルギーとなる食べ物を摂ってしまうと、睡眠中の代謝は蓄積されているエネルギーではなく、ついさっき摂り込んだエネルギーが使用されコルチゾールが作用しなくなります。
    使用し切れなかった余分なエネルギーは脂肪として体についてしまうため、就寝前は控えるようにしましょう。

    出典 :睡眠とホルモンで体質改善!~寝るだけで痩せるダイエット!? | ダイエットSlism
     

    睡眠と関係するホルモンがコルチゾールです。

  • 睡眠とホルモン

     

    私たちが眠っている間に体内では何が行われていると思いますか?
    睡眠中には皮膚や筋肉など細胞の修復が行われているのです。修復役として働くのが成長ホルモンを始めとする多くの分泌ホルモンたちです。睡眠と関係しているホルモンの中には代謝に関係するものも多く、ダイエットにも通じると考えられます。就寝時間が遅く、睡眠時間が短いという人は、もしかしたら太り易い体質になっているかも!?

  • ダイエット時の食生活と代謝
    冷たい料理や体を冷やす効果のある食材は体温を下げて代謝を下げてしまいますが、暖かい食事で体温を上げることで代謝は上がります。三度三度の食事はダイエット中でも重要で、しっかり食べるべきです。注意すべき点は、食事で得たエネルギーをその日の活動で燃焼させ脂肪として体内に蓄えさせないことです。そのためには朝食をしっかり食べて夕食を控えましょう。
    出典 :痩せる体質改善 -食事と代謝-
     

    夏野菜は体を冷やしますよ。

  • 代謝をアップし痩せる体質に
    体脂肪を燃焼させにくくため込みやすい人は、食事の量を減らしたり一品ものダイエットなどをしても効果が出にくいことがあります。適度な運動で筋肉量を増や代謝を上げると効果が出やすくなります。脂肪がより燃焼しやすい体を作るには、食生活の改善も有効です。そうすることで代謝量がアップし、体重を落としやすい体質になれます。

    出典 :http://ot0gi.shin-gen.jp/
     

    基礎代謝をアップさせましょう。



  • 酵素のいいところ
    1.「くすみがちの肌がキレイに」・・・血液サラサラ効果とデトックスで
    2.「頑固な便秘改善」・・・酵素不足で消化不調が改善・解毒作用の効果
    3.「疲れ知らずに」・・・・・・快適な睡眠と酵素により疲労物質も改善


     酵素は体内の消化を助け排泄までスムーズに行う機能にとても大きな関係があり、足りなくなると、血流悪くなり、新陳代謝も悪化し、体調不良に・・・・
    酵素を補給することで、老廃物をスムーズに排出しお肌もツルツルで健康美人と変化する効果があり!

  • 太りやすい体質の人が痩せやすくなる方法は?!

     

    基礎代謝を高める⇒◎
    平熱の体温をあげる⇒◎
    遺伝的素質を克服⇒?
    腸を改善⇒◎
    満腹感を求めない⇒努力次第
    肉体労働でカロリーを消費⇒運動でカバーする

  • (--〆)太りやすい体質はどんな原因?

    ●冷え性で血流悪い・主に下半身太りの人に多い

    ●運動不足で筋肉が少ないタイプ(筋肉が少ないと脂肪が燃えにくい)

    ●遺伝といっても、環境ベースの肥満の遺伝あり
    出典 :痩せやすい体質改善・体質作りですぐ痩せるダイエット
     

    身体を冷やさないことも大切ですね。

  • *やせやすい人の特徴*

    基礎代謝が高い(1日1600Kcal~
    体温が高め(新陳代謝が良い
    遺伝的素質
    この3点がそろっているのが必須です。さらに…以下のポイントも!

    吸収率の悪い腸(食べても栄養が入ってこない)
    性格的要因(満腹感をそれほど求めない)
    職業的要因(肉体労働などでカロリーを自然消費している)
    出典 :痩せやすい体質改善・体質作りですぐ痩せるダイエット
     

    遺伝的な素質は仕方ないですけど、他でカバーできれば体質改善ができます。