あなたは不眠症とはどんな症状かご存知ですか?

不眠症とはよく聞きますが、どのレベルから不眠症になるのでしょうか。原因や症状をまとめてみました。

  • kei 更新日:2014/01/23

view188

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 改めて、不眠症とは?

     

    不眠症といっても中々自分では気づかない部分もあります。

  •  睡眠覚醒障害(すいみんかくせいしょうがい)(コラム「睡眠覚醒障害」)の1つのタイプで、睡眠が不足するものです。これはもっともありふれた病気の1つで、最近の調査によると、日本人の約4分の1に不眠の症状がみられるそうです(1995年、粥川裕平らによる)。
    出典 :不眠症 とは - コトバンク
  • 夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。

    日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

    また、男性よりも女性に多いといわれています。
    出典 :不眠症とは|睡眠障害の種類|睡眠障害の種類|不眠・眠りの情報サイト スイミンネット
  • どのような症状でしょうか

  • まず、不眠症かチェック!
    自分が不眠症なのか、予備軍なのか気づく事からはじめてみましょう。

  • 人間は、寝ている時に病気を治し、体を回復させる能力が働くのです。
    そのため、不眠症は、色々な病気の回復を妨げてしまうだけでなく、体の疲労を蓄積させ新しく病気を作ってしまう可能性があります。
    あなたは不眠症になっていないかチェックしましょう!

    下記の質問に良く当てはまるものを3点、まぁまぁ当てはまるものに2点、全然当てはまらないものに0点をお付け下さい。

    1.床に入り眠ろうという意思があるにも関わらず、1時間以上眠れない。
    2.眠ることは出来るが、トイレ以外で夜中に起きることが多い。
    (10分以内に再度眠れるのであればOK)
    3.もっと寝ていたいのに、または用事がないのに朝早く起きてしまう。
    4.怖い夢や緊張する夢をよく見る。
    5.眠っている最中に、体がぴくぴくと動くことが多い
    6.昼間に異常に眠たくなり日常生活に支障がある
    7.何となく今使っている枕や布団が合わないような気がする。
    8.朝起きても疲れが取れていない。
    9.睡眠時間が平均して5時間以内だ。
    10.昼間でもどこでもいつでもすぐに眠ることができる。
    11.コーヒー・紅茶・緑茶・コーラ・ドリンク剤などをよく飲む。
    12.昼間に屋外に出ていない。

    •3点未満の方、不眠症は心配ないでしょう。
    •3点以上5点未満の方、不眠症になりかけています。生活リズムを一定にするように気を付けましょう。
    •5点から10点未満の方、不眠症になっていると思われます。休養や不眠症の対策が必要です。
    •10点以上の方、あなたの重症の不眠症であると思われます。一度、専門家へ相談をするようにしてください。
    この不眠症のチェックはあくまでも目安ですので、一度は専門家にきちんと相談しましょう。
    出典 :不眠症のチェック 12の質問:うつ病・自律神経失調症の整体院 健療施術院
     

    あなたは、いくつ当てはまりましたか?

  • 入眠障害(にゅうみんしょうがい)(横になってもなかなか寝つくことができない)、途中覚醒(とちゅうかくせい)(睡眠の途中で目が覚めてしまう)、早朝覚醒(そうちょうかくせい)(早朝のまだ暗いうちに目覚める)、熟眠障害(じゅくみんしょうがい)(眠りが浅く熟眠感がない)などがあります。
     これらの不眠症状が続いて現われ、本人や家族の人々に対して、著しい苦痛を与えたり、社会生活や仕事のうえで著しい機能障害をもたらしたりする場合に、不眠症と診断されます。
    出典 :不眠症 とは - コトバンク
  • 不眠症とは、寝つきが悪かったり、夜中や早朝に眠りが途切れたりして、睡眠が不十分な状態を本人がつらいと感じ、気にしたり心配したりしている症状をいいます。要するに、本人が「寝た気がしない」と自覚して悩んでいる状態です。それと同時に、睡眠が不十分なために仕事や家事などいった、日常生活に支障をきたしているという客観的な障害があることを「不眠症」といいます。なので、常識的に考えれば睡眠時間が短い状態が続いても、本人がそれを気にしておらず、また日常生活に支障が生じていなければ、不眠症とはいいません。
    出典 :不眠症解消|症状や原因等
  •  

    不眠症にもタイプがあります。
    あなたはどうでしょうか。

  • なぜ、不眠症になるのか

  • 何か原因があるはずです。

  • 精神的な緊張や不安などのストレスを感じると、寝つきが悪くなったり、夜中に目覚めたりすることがあります。これに加えて、「今夜こそは眠ろう」と努力すると、それが逆に神経を興奮させてしまい、ますます眠れないという悪循環をまねくことになりかねません。
    ストレスを感じれば、誰でも一時的に眠れなくなるもので、それ自体は正常な反応です。この段階でストレスを軽くしたり、睡眠の仕組みを知って生活習慣を改善したりすれば、不眠症を克服し、おだやかな眠りを取り戻すことができます。ところが、「眠れない」ということにこだわりすぎると、生活習慣の改善だけでは、なかなか本来の眠りを取り戻すことができません。
    出典 :不眠症解消|症状や原因等
  •  

    いつも考えている事はありませんか?
    ストレスの原因であったり、不安要素であったり、人間関係であったり・・・

  • 物理的環境因子(騒音、高温、高所など)、化学物質(アルコール、カフェイン、覚醒剤など)の使用などが不眠症の原因になります。また、心の病気(神経症、躁(そう)うつ病、統合失調症など)、神経の病気(認知症、脳血管障害、脳腫瘍(のうしゅよう)など)、その他のからだの病気(内分泌疾患(ないぶんぴつしっかん)、代謝性疾患、がんによる疼痛(とうつう)など)にともなう不眠症もあります。
     このように、特定の物理・化学的原因やさまざまな病気により二次的に発生する不眠症を二次性不眠症と呼びます。一方、原因がはっきりせず、不眠のみをおもな症状とするものは、一次性(原発性(げんぱつせい))不眠症と呼ばれます。
    出典 :不眠症 とは - コトバンク
  • 治療方法

  • 睡眠薬を用いた薬物療法、自分で体調をコントロールする自律訓練法、バイオフィードバック法(精神療法のいろいろの「行動療法」)などにより、リラックスを促進させます。
     睡眠薬はこわいと思っている人がいますが、最近は副作用が少なく、快適な睡眠のとれるベンゾジアゼピン系睡眠薬などが数多くあります。専門医と相談し、その指導のもとで適切な薬物を適量服用することをお勧めします。
    出典 :不眠症 とは - コトバンク
  • まず、不眠はいづれは治り永久に続くものではないということを認識しましょう。確かに様々な身体に悪影響を及ぼしますが、逆に不眠症であること自体を悩みすぎて逆に不眠になってしまわないようにすることも心がけることです。


    不眠を解決するには、生活面での工夫をして解消していく方法と、医師の治療とがあります。もちろん治療とあわせて生活面での工夫をしていくことは大切になってきます。


    まず、生活面での工夫としては眠りやすい環境をつくることを心がけましょう。原因となっている騒音や温度調整、明るさの調整をすることは大切です。

    また、ストレスからくるイライラや緊張を鎮めるために音楽や読書、入浴や食事などで工夫をしてみることも必要です。眠りやすいリラックスできる環境をつくるように心がけましょう。


    生活面での改善をしても続くようであれば、医師に相談することが必要です。

    医師による不眠症治療では精神的な療法を行っていったり、薬による治療を行うことになります。一般的には睡眠薬による治療ですが、人それぞれ原因やタイプも違ってきますから薬の摂取については医師に相談しながら不眠症治療を進めていくことが大切です。
    出典 :不眠症の対策と治療について
  • 日常生活において

  •  昼間に適度な運動や日光浴を行なう、昼寝を避ける、飲酒は適量以下とし、飲みすぎないようにする、夜はコーヒーやお茶などを控え、リラックスを心がける、寝室の明るさ・温度・湿度を適性にし、必要に応じて遮光(しゃこう)カーテンなどを使用する、からだにあった枕(まくら)や寝具を選ぶ、眠れなくても就寝、起床時間をある程度固定し、規則的な生活を送るように心がけるといった点に注意しましょう。
    出典 :不眠症 とは - コトバンク