爪がはがれた…それって手足口病?

view505

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 爪がはがれたらびっくりしないように知識を身につけておきましょう。爪がはがれる病気、手足口病とはなにか?について知識を深めましょう。

  • 爪がはがれる手足口病とは

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
     

    コクサッキーA6と言うウイルスによるもので、症状が派手なのが特徴です。最初に高熱が2日ほど続き、その後手足やお尻に1-3mmのぼつぼつした発疹が広がってきます。特に肘や膝、お尻に目立ちます。口の中はヘルパンギーナのようなぶつぶつがのどの奥に見られ、口の周りに出来ることもあります。もともと手足口病もヘルパンギーナもコクサッキーウイルスによって発症しますが、A6タイプはその両方の症状を伴うようです。

    出典:http://www.aoki-kodomo.net/wp/communication/archives/489

  •  
  • 主に「コクサッキーA16ウイルス」と「エンテロウイルス」というウイルスが原因で起ります。

  •  
  •  
  • もし手足口病になってしまったら?治療は?

  •  
  •  
  •  
     

    口の中を痛がる場合は「酸っぱい」「しょっぱい」「辛い)はしみるので甘みのある薄味のもので固くないもの(プリンなどがベター)を少しづつ与えてみて下さい。数日であれば水分のみでも大丈夫です。

    出典:http://www.aoki-kodomo.net/wp/communication/archives/489

  • きっとプリンなら子どもも喜んでくれるはずです。病気のときぐらい好きなものをたべさせてあげたいですね。

  •  
  • 予防のためにすること!

  •  
  • 夏はどうしても怠りがちは手洗いうがい…夏流行の風邪や病気もたくさんあるので、季節関係なく一年中しっかり手洗いうがいはしておきたいものですね。

  •  
  • 手足口病には合併症もある

  •  
  •  
  • 自己判断は良くないので異常を見つけたらすぐにお医者さんへいきましょう。