【若年性更年期障害】今では若い人でもなる

更年期は、「閉経が起こる前後五年、平均的には40歳から55歳の間」と定義されています。しかし、更年期障害の原因となるホルモンバランスの乱れは更年期だけに起こるわけではありません。20代から30代の更年期以前の年齢の人が発症した更年期障害を、「若年性更年期障害」といいます。

  • honey 更新日:2013/12/11

view266

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんな症状?

  • 生理が不順になったり、手足の冷え、ほてり、頭痛、耳鳴り、イライラ感、うつ症状などといったように、閉経前後に起きやすい一般的な更年期障害の症状と何ら変わりはなく、ほぼ同じような症状が若年性更年期障害でも見受けられます。
    出典 :若年性更年期障害の症状チェック
  • 体調が悪く何も手につかない

     

    家でずっと体を休められるならまだ良いのですが、仕事をしているとなると効率も悪くなり、日常生活が穏やかに過ごせられづらくなります。

  • 原因

  • ストレス
    女性の社会進出が当たり前になった現在、女性も男性と同じように仕事の責任を抱え、休日出勤や、残業など、精神的にも肉体的にもストレスをため込むようになりました。また、現代の生活そのものが、大きなストレスを生み出しているとも言われます
    出典 :若年性更年期障害
  • 太りすぎや痩せすぎの人
    急激なダイエットなどによる痩せすぎやリバウンドや暴飲暴食による太りすぎは、禁物! 関連情報
    更年期障害
    更年期の自己診断
    更年期の症状
    更年期の生活
    男性更年期障害

    ホルモンバランスが崩れてしまい月経が止まることもあります。
    太りすぎの人の45%以上に排卵障害が見られます
    出典 :若年性更年期障害の原因や改善について
  • 激しい運動をする人
    スポーツを本格的に行っている人は、厳しいトレーニングや食事制限があります。
    精神的な苦痛やストレスによりホルモンバランスが乱れます。
    心身ともにバランスの取れた適度な運動なら問題はありません
    出典 :若年性更年期障害の原因や改善について
  • 喫煙する人
    タバコも吸いすぎはご注意を!卵巣や各機能をめぐる血液の量を少なくさせ、ホルモン分泌に悪影響を及ぼします。
    ヘビースモーカーは本数を減らすなど、健康管理に配慮しましょう。

    出典 :若年性更年期障害の原因や改善について
  • 無月経をほうっておくと

  • 生理不順や無月経などの症状がある場合に、「生理が無くて楽でいいわ」などと言って病院に行かないでいると、取り返しのつかない事になってしまう事があるので注意が必要です
    出典 :若年性更年期 更年期の正しい知識
  •  

    長く放置すると、治療しても回復しなくなってしまう事もあります。

    生活習慣や食生活を見直し、ストレスの無い生活をする様に心がけましょう。

  • 若年性更年期障害を乗り切る方法

  • ●ビタミン・ミネラルなどバランスの取れた食事で栄養を十分に摂るなど食生活の見直し。

    ●軽いウォーキングなどの適度な運動

    ●ご自身にあったリラックス方法

    ●相性の合う医師・病院を見つけておく
    出典 :若年性更年期障害|若年性更年期障害の症状


  • 若年性更年期障害の改善に重要な食事と運動

    運動の理想は、軽い運動を一日置きぐらいに、汗ばむ程度を続け、体を冷やさない事を心がけるだけで、随分と改善されます。

    出典 :マカと若年性更年期障害
  • 古い表現ですが、人は10人十色、ストレスの解消法は、人それぞれ効果の有る方法は違いますので、自分に合った解消法を見つける事が必要です。半身浴、アロマテラピーや趣味の時間を作るなどで、自分に合う解消法を見つけましょう。
    美味しい物を一杯食べるは、だめです
    出典 :マカと若年性更年期障害
  • 健康的に生活習慣を見直す

     

    無理せず、食事と睡眠、運動に気を使い、自分に合ったストレス解消をすることで早くの改善がみられるようです。

    自分の体は自分で守る!をモットーに楽しいライフスタイルをお過ごしください。