高血圧がとにかく問題?脳出血が起きる最大の原因は血圧の異常にあった!

マヒも残る怖い症状、「脳出血」。原因の一つに挙げられるのは、高血圧です。血圧の高い人、食生活が乱れがちな人は要チェックです!

view322

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳出血という病気をご存じでしょうか?

  •  

    恐ろしい病気だということは知っていますが…。

  • 簡単にいうと、脳内の血管が破れて、血液で脳みそが圧迫される症状のことです。

  • 脳の動脈の一部が破れ、脳の中(脳実質(のうじっしつ)内)に血液があふれ出るのが脳出血です。
     動脈の破れた部分は自然にふさがり、出血はまもなく止まりますが、あふれ出た血液が固まって血腫(けっしゅ)ができ、この血腫が脳を圧迫したり破壊したりして、脳のはたらきが障害され、さまざまな神経症状が現われてきます。
    出典 :脳出血(脳溢血) とは - コトバンク
     

    マヒが起こるのはこのためですね。

  • 脳出血になりやすい人の状態…。

  • それは、「高血圧」です。

  • 最も多い理由は、高血圧によるものです

    永年の高血圧症によって脳の深い部分へ栄養を送る小動脈にある動脈硬化が進みます。この状態を放置しておくと、しなやかさを欠き血圧の変化に耐えられなくなった血管が、血圧が上がった際に切れて出血すると考えられています。高血圧性と呼び、以前は日本人に大変多く、命に関わる事が多い病気の代表でした。その多くは運動麻痺や感覚の異常、バランスの異常などを急激に起こします。これらの症状は、脳出血によって破壊された脳の働きと脳出血の突然の発生によって一時的にダメージされた脳の働きの両方を含んでいます。
    このタイプは脳内の深い部分に出血を起こす特徴があります。出血量が多くなると、意識の悪化が起こり、生命の危険を招く状態へ進む事もあります。
    出典 :脳内出血 原因
     

    とにかく、血圧が高いことが問題です。

  • 血管が少しずつ圧迫されていき、耐えきれなくなった箇所が破裂する、という仕組みです。

  • 高血圧があると、動脈に絶えず高い圧がかかるため、動脈壁、とくに脳の奥深いところにある細い動脈の動脈壁がもろくなって弾力性がなくなり、こぶ状にふくらんできます(動脈硬化(どうみゃくこうか)による微小動脈瘤(びしょうどうみゃくりゅう))。この部分が高い血圧に耐えきれなくなって破裂し、脳出血をおこすと考えられています。
    出典 :脳出血(脳溢血) とは - コトバンク
     

    動脈硬化の影響が脳にまで響くことがあります。

  • 前兆がないのが特徴で、くるときは一気にダメージがやってきます。

  •  

    大人しい人がキレるときに似ていますね。

  • 脳出血はある日突然起こり、前触れ症状はほとんどありません。脳出血の主な原因は高血圧です。高血圧が長期間続くと脳の中の細い血管の壁が少しずつもろくなり、壁の一部がふくらんで小さなコブ(微少動脈瘤)がいくつもできます。この状態にさらに高い血圧が加わり、その一部が破裂して脳の中に出血するのが脳出血です。
    出典 :脳の血管が破裂する脳出血/脳卒中の危険因子|脳卒中(3/4)|ニッスイ企業情報サイト
     

    あるとき、いきなり破裂するので、症状が出たときにはすぐに病院送りです。

  • 血管にこぶができたりしても、脳出血になりやすいです。

  • そのほか、脳動脈の一部が先天的にこぶ状にふくらんでいる脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)、動脈と静脈が異常な血管を介して直接つながっている脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい)、異常に細い血管が網の目のように発育するもやもや病といった脳の血管の異常、頭部外傷、脳腫瘍(のうしゅよう)、血管腫(けっかんしゅ)のほか、血友病(けつゆうびょう)、白血病(はっけつびょう)などの血液の病気が原因でおこる脳出血もあります。
    出典 :脳出血(脳溢血) とは - コトバンク
     

    血管のトラブルがとにかく問題になりますね。

  • 高血圧には、とにかく注意しましょう(汗)。