疲労回復にはこれが効く!

寒い時期は意外と疲労が蓄積されやすいそうです。
疲労回復にはこれが効く!簡単なものをまとめてみました。

  • kei 更新日:2014/01/30

view152

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 季節も関係がある?寒い時期は疲労がたまる!

  • 疲労や倦怠感が起こりやすいこの時期。主な原因として部屋の温かい気温と外の冷たい温度差です。この温度差の激しい生活から、自律神経のバランスを崩し、食欲不良で十分な栄養素が摂れず体力が低下していきます。さらに寒いが故に水分を摂る量も激減、さらに食欲も落ちてしまうという悪循環で冬の疲労が取れにくく悪化することもあります。
    出典 :なかなか取れない冬の疲労。疲労を溜めない栄養補給がポイント! | タバネル
  •  

    寒くなると布団からでれません。
    寒いだけでしょうか?疲労からくるという事も考えられるかもしれません。

  • 慢性疲労(精神的疲労)…多くの疲労は充分な睡眠や休養によって改善することが出来ますが、それでも取れない疲労が続くと慢性疲労に。慢性疲労が続くと、体の免疫力が低下し、風邪などの感染症にかかりやすくなります。まずは免疫力アップが大切!

    筋肉疲労(肉体疲労)…筋肉疲労は体に乳酸が溜まることで起こります。乳酸は体を動かしてエネルギーを消化すると発生します。大量に発生してしまうと体が処理できず体内に蓄積されてしまい、その結果、筋肉痛をはじめ、肩や首のコリ、体の冷え、頭痛などを生じさせます。
    出典 :なかなか取れない冬の疲労。疲労を溜めない栄養補給がポイント! | タバネル
  • 疲労回復方法!

  • まず、冬の疲労回復のためにかかせないもの!

  • ▽ ごま…タンパク質、カルシウム、鉄、ビタミンB1・Eなどを含み、抗酸化物質のゴマグリナンが活性酸素を除去してくれます。炒めたり、すりごまにすると吸収が良くなり香りも引き立ちます。ご飯やおかずなどに少しまぶすだけ!手間いらずで健康体に!

    ▽ 梅干し…カルシウム、カリウム、食物繊維を含みます。特有の酸味のクエン酸や有機酸には乳酸を燃焼させる疲労回復効果、胃腸の働きを活発にする食欲増進効果があります。疲れた日の白ご飯にのせれば美味しく疲労回復です!

    ▽ 生姜…ジンゲロンやショウガオールという辛味成分には殺菌力があり、胃液の分泌を促し消化吸収を助けます。新陳代謝を活発にし、体を温めるので風邪予防や冷え症改善、生理痛に効果があります。疲れすぎて食欲ダウンというかたは是非隠し味に取り入れてみてください。

    これらの3つを覚えておけば朝ご飯、お弁当や夕食などに簡単に取り入れられ、味も加わり疲労回復に繋がるので一石二鳥ですね
    出典 :なかなか取れない冬の疲労。疲労を溜めない栄養補給がポイント! | タバネル
  • 最近、疲れてますね、と言われたら・・・

  •  

    ビタミン群の摂取で疲労回復!

  • 【疲労回復ビタミン:ビタミンB1】

    ビタミンB1が不足すると、
    ●神経痛、関節痛、末梢神経炎
    ●末梢神経や中枢神経が正常に保たれない
    ●脚気、心不全、心臓肥大などの障害が現れてきます。
    (対策には豚肉、玄米、落花生、ごま、ウナギ、かつお節、のり、そば粉、とうもろこし、枝豆、たらこなどがお薦め)

    【ビタミンB2】

    ビタミンB2が不足すると皮膚炎、眼精疲労、口唇炎、口角炎、舌炎などの目や皮膚の異常が現れてきます。(対策にはどじょう、筋子、豚、牛、鶏レバー、チーズ、アーモンド、ところてん、ひじき、わかめ、卵、納豆などがお薦め)

    【ビタミンB12】

    ビタミンB12 が不足すると
    ●悪性貧血
    ●神経障害、感覚異常、記憶障害、うつ病
    ●慢性疲労、動悸、息切れなどの障害が現れてきます。
    (対策には、のり、さんま、いわし、にしん、しじみ、あさり、卵、牛、豚レバー、牛乳などがお薦め)
    【ビタミンE】

    ビタミンEが不足すると
    ●赤血球の寿命が短くなる
    ●疲れやすくなる
    ●集中力が低下
    ●筋力が弱まる
    (対策には煎茶、玉露、抹茶、紅茶、落花生、マヨネーズ、たらこ、イクラ、筋子がお薦め)

    当然、これ以外にもビタミンの種類は豊富にあります。栄養素は様々な相乗効果を発揮するものですので、これだけ!と限定せずに様々な食品から栄養素を摂るようにしましょう。
    出典 :疲労回復すれば、あなたはまだ輝ける!今すぐ疲れを取る6つの方法 | ザ・チェンジ
  •  

    にんにくは疲労回復にいいとされています。

  • アリシンを知っていますか。アリシンの効果は主に以下の通りです。

    ・風邪の予防と改善
    ・疲労回復
    ・がん予防
    ・血中脂肪の燃焼
    ・血栓の予防と分解
    ・カビを予防する
    ・殺菌効果
    ・アンチエイジング
    ・抗ストレス

    以上の事からも分かる通り、身体を錆びつかせない、抗酸化作用がある事が分かります。

    アリシンはにんにくやネギ、ニラ、玉ねぎなどの独特の刺激臭を持つ食品に多く含まれます。アリシンは、ビタミンB1と同時に摂取することで疲労回復効果が更にアップする効果があります。

    ですので、豚肉と玉ねぎを炒めて食べるだけでも、疲労回復になるので簡単ですね。
    出典 :疲労回復すれば、あなたはまだ輝ける!今すぐ疲れを取る6つの方法 | ザ・チェンジ
  • お酢

     

    お酢に含まれるクエン酸は疲労物質の乳酸を分解。
    アミノ酸はエネルギー代謝を活性化して乳酸が作られるのをおさえてくれます。

  • ストレッチ等で体をほぐす!

  • 立ち仕事で疲れた足をストレッチ/すねの疲労回復 1 - YouTube

  • 仕事中に押すだけ、腰の疲労回復ストレッチ体操(職場フィットネス) - YouTube