ダイエット成功!待っているのは【リバウンド】何故リバウンドが起きるのか

ダイエットを頑張って成功させて、痩せたとしても
まっているのはリバウンドだったりしませんか?
なぜそのような事が起きるのかしっておきましょう

view294

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 何故リバウンドするのかは簡単

  • 一気に痩せると 筋肉が落ちます。
    すると 代謝が悪くなるんです。
    すると 今まで通り 食べても熱としても燃えなくなるんですね。
    で ある時から太り始める。
    これがリバウンドの原理
    出典 :リバウンドの原理|平凡なOLの私が1日たった5分で3週間で7キロのダイエットに成功した方法
  • 筋肉が落ちると基礎代謝が落ちます。
    基礎代謝は運動の2倍のエネルギー消費するものですから、筋肉を減らしてしまうダイエット法は、結果的に代謝の悪い体にする、つまり「痩せにくい体」にしてしまうのです。
    出典 :リバウンドの原理 ダイエット/中高年からのフルコン空手
     

    これじゃいつまでたっても堂々巡り

  • 食事制限をするとおきる原理

  • 環境適応能力っていうものが備わっているの。極端に食事を減らすようなダイエットをしていると摂取するエネルギーが今までより大きく減ってしまうことによって、体はサバイバル状態だと勘違いしてしまうんだね。少ないエネルギーでも生きていけるように・・・って体を維持しようとするもんだから、基礎代謝っていって、人間が普通に生活していて消耗するエネルギーをガックリと減らしてしまうの
    出典 :リバウンドのこと
  • やせるためには、摂取するエネルギーよりも、消費するエネルギーの方が大きくならないといけないでしょ?それなのに、1日に消費するエネルギー量が前よりも減ってしまうから、もとの食事に戻した時、消費エネルギーより、摂取エネルギーの方が断然、多くなって結果的に、体重は減量前より増加することになってしまうということ。恐いよねえ・・・。
    出典 :リバウンドのこと
     

    食事制限のダイエットにはこのような事が原理になってリバウンドがおきます

  • 食事制限などをして

     

    ずっと繰り返していてはいつまでたっても
    自分の考えるスタイルにはなれないのです

  • リバウンドが呼ぶ悲しい事実

  • リバウンドする時には脂肪だけがつく

    同じ体重に戻っても体系が変わってくるのである
    出典 :食事制限によるリバウンドの原理 - 考え中
     

    筋肉の総量がへるので、脂肪だけつけばもっと悲しい事に・・・

  • ダイエットの停滞期がリバウンドの原理を呼ぶ

  • 停滞期に入ると、それまで減っていた体重が全く減らない状態が続きます。
    人間の体は、ダイエット中の停滞期の原因となるホメオスタシオスという作用があります。
    食事の量がいきなり減るなど、生存をおびやかすような危機的状況にはホメオスタシスが働きます。
    わずかなエネルギー消費だけで生命活動ができるよう、体を省エネモードにして環境変化に対応します。
    出典 :リバウンドの原因となるホメオタシス
     

    停滞期にはこの原理が働いています

  • 停滞期にダイエットを諦めて食事量を元に戻した場合でも、ホメオスタシスはしばらくのあいだ機能し続けます。
    以前通りの食事量に戻しても、ホメオスタシスはすぐにはそのことに気づかず
    省エネ稼働を続けるため、使い切れないカロリーが出てしまいます。
    結果的に、摂取カロリー量より消費カロリー量の方が少ないことから、停滞期が原因でリバウンドが起きるのです。
    出典 :リバウンドの原因となるホメオタシス
     

    これは知っておいて損はないはず

  • 停滞期でダイエットは辞めちゃダメ!

  • 停滞期にダイエットを止めないで、その後かならずまた体重が落ちてくるので、体重が落ちるということは、最低限で消費していたカラダが通常消費に変わってきているわけです。もちろんこの時に筋肉がなければダメですけれど。筋肉をつけることと停滞期にダイエットをやめないことでリバウンドは防げます。
    出典 :脂肪とバイバイ
     

    これだけでも全然違います

  •  

    起訴代謝を減らさない
    筋肉を落とさない

    これらをまもって食事制限をするのが
    有効です
    原理をしってダイエットに生かしてくださいね