いつ起こる?「脳卒中」の症状や原因を総まとめ。

脳卒中の原因は?その症状は?予防する方法はあるの?突然襲う「脳卒中」について、基本情報をまとめてみました。

view892

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳卒中は日本の死亡原因のトップ3

  • 昭和26年から昭和55年の間は、日本の死因のトップだったのが「脳卒中」。医療の進歩により、死亡数が減ったため、現在は3位となっている。
    いつ起こるかわからない脳卒中、その原因や症状をおさらいしましょう。

  •  

    死亡率は、医療の進歩と合わせて低下傾向にあります。

  • 脳卒中ってどんな病気なの?

  • 脳卒中とは、脳の血管が詰まったり、破れたりすることで、体のまひや意識障害を引き起こすなどの症状があらわれる病気です。脳卒中には、さらに、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血があります。

  •  

    脳卒中は、身体に麻痺などを引き起こし、その後の生活にも大きな支障を与えることも。

  • ●脳梗塞とは?

    脳梗塞には、脳の血管にできた血栓が詰まることで起こる脳血栓、脳以外の場所でできた血栓が脳の血管に流れてきて詰まる脳塞栓があります。脳梗塞は、血栓が詰まって血液の流れが阻害され、脳の神経細胞が損傷を受けます。

  • ●脳出血とは?

    動脈硬化によって弱くなった脳の血管に、高血圧が加わって、脳の血管が破れて出血を起こす病気が脳出血です。出血に伴って脳内に血腫ができ、これが脳の神経細胞を圧迫すると、損傷が大きくなります。

  •  

    脳卒中の中でも、依然として高い死亡率の「くも膜下出血」。

  • ●くも膜下出血とは?

    脳を覆う軟膜とくも膜の間で出血が起こる病気がくも膜下出血です。脳の動脈にできたこぶが、高血圧によって破裂し、出血を起こします。脳卒中の中では、最も死亡率が高い病気です。

  • 脳卒中の症状、サインにはどんなものがあるの?

  • 脳卒中は突然起こるとも思いがちですが、意外に事前に「サイン」や「症状」が体に現れます。
    自宅で簡単にチェックできるので、定期的にチェックしてみては?

  •  

    顔のまひや手足のしびれといったサインは、もしかすると脳卒中の前兆かもしれません。あれっと感じたら、医療機関の受診を。

  • ●手足や顔のまひやしびれ
    ●立てない、歩けない
    ●急に片方の目が見えなくなったりする
    ●ろれつがまわらなくなる
    ●急に激しい頭痛に襲われる

    こうしたサインは、脳卒中の症状、前兆かもしれません。気になったら、相談を。

  • 脳卒中になる原因は?なりやすい体質があるの?

  •  

    脳卒中は、飲酒、喫煙、食生活、運動など生活習慣に起因するところも。

  • 脳卒中の原因としては、動脈硬化、血栓、高血圧などがあげられますが、そもそもはこうなってしまう生活習慣に問題があるのです。脳卒中で原因として直接関与しているものは、飲酒、食べすぎ、タバコの喫煙、ストレスなどで、まさに生活習慣病と言えます。


  • 脳卒中の予防方法はあるの?

  •  

    危険因子(たばこ、食べ過ぎ、アルコールの過剰摂取など)を減らして、脳卒中を予防しましょう。

  • 脳卒中になってしまった方のほとんどが、生活習慣に起因して血圧や、血糖値、中性脂肪値、コレステロール値が高い傾向にあったのです。

    脳卒中でも、ほかの生活習慣病と同じく、糖分、塩分、動物性の食材、アルコールを控えることや、食べ過ぎないことが予防策といえます。
    適度な運動や、ストレスをためすぎない生活環境が重要です。