ダイエットに役立つ筋肉 遅筋

筋肉は、速筋と遅筋の2種類の筋肉があるそうです。ダイエットに役立つ筋肉になるのが遅筋です。

view495

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ダイエットに役立つ 遅筋とは?

  • 遅筋は、小さな筋肉でゆっくり収縮し、持久力を引き出すときに使われます。

    また遅筋は有酸素運動の時によく使われる筋肉でその色から赤筋とも言われています。
    出典 :速筋と遅筋
     

    マラソン選手は、遅筋が発達している。

  • 遅筋を鍛えるためには
    筋肉の中でも、特に遅筋を鍛えるためには、以下の2点を満たした運動をしましょう。
    1)低重量(弱い負荷)の運動を高回数行う
    →筋肉の軽い緊張状態を持続させることで、遅筋をより働かせる効果がある。 ストレッチなど

    2)有酸素運動を20分以上行う
    →脂肪を、筋肉で分解できる「脂肪酸」に分解するためには酸素が必要。
    また脂肪酸の分解には20~30分かかり、その後筋肉が脂肪酸を燃やすので、20分以上の持続が必要となる。 ジョギングなど
    出典 :おさらい オススメ運動プログラム | ダイエットナビ | CLUB Panasonic
  • RT @dietKAITO_bot: 有酸素運動のときにゆっくり縮んで脂肪を消費する遅筋、無酸素運動のときにすばやく縮んで糖質を消費する速筋。日本人の筋肉の割合は遅筋70%速筋30%と、脂肪を燃焼させるにはとても都合がいいんです!日ごろのために歩いて、たまのご褒美のあとに筋トレ…
  • 筋肉をつける 食事

  • 筋肉になる栄養素というと、タンパク質です。
    肉体改造を効果的に成果を上げるには、このタンパク質を意識して食べると効果的です。
    出典 :肉体改造で筋肉をつける為のおすすめレシピ情報
     

    タンパク質の多い食品は、肉類や魚類、大豆類、乳製品、卵。

  • 〈肉体改造にはお勧めの食材〉
    肉類 鶏のささみや鶏の胸肉が低カロリーで高たんぱく質。
    魚類 しらすやイワシ、いくら、たらこ等。
    乳製品 パルメザンチーズ、プロセスチーズなどチーズ類。
    乾物には以外にもかなりのタンパク質が含まれており、
    かつおぶしやするめ、梅干し、ビーフジャーキー、高野豆腐などがそうです。

  • 〈食べるタイミング〉
    運動後と寝る前に食べると肉体改造に効果的です。
    運動後は消費したエネルギーを補充する意味と疲労した筋肉を効率良く回復、修復する効果があります。

  • 超回復に合わせた筋トレで効率良く

  • 筋肉トレーニングをすると、筋繊維などの組織が壊れます。
    このとき、筋力は最も低下し、弱っています。
    その後、食事やプロテインの摂取により、栄養を補給され、以前より強く、逞しい(もしくは持久力のある)筋肉に再生されます。この一連の流れを「超回復」と呼びます。
    出典 :筋トレ(筋肉トレーニング)の効果を最大限に発揮するための「超回復」
     

    個人差はありますが、トレーニング後48時間~72時間で超回復が起こります。
    このタイミングで次の筋トレを行い、さらなる超回復を起こし、最大筋力を高め、筋肉を鍛えていきます。

  • きってもきれない筋肉とプロテイン

  • プロテインとは英語でタンパク質のことです。
    同じトレーニング内容で、プロテインを飲むのと飲まないので差が出ていくとしたら、飲んだほうがいいですよね。

  • 筋トレ中の水分補給

  • 言わずもがなですが、人間の体の約60%は水分でできています。
    その水分が血液として、体中に栄養素を運んでくれています。
    筋肉にもたくさん水は含まれているので、水分が足りなくなると筋トレの効果も下がってしまいます。
    出典 :60兆個の細胞に水が行き届いてますか?筋肉と水について。
     

    トレーニングの疲労回復にも水分が必要

  • @araburudoaP すっげー出て行くから大丈夫!俺代謝えげつないんだよ…。筋トレに水分補給は重要だからねー。
     

    こまめに水分補給を

  • オンラインパーソナルトレーニングで筋トレを始めてみては?

  • パーソナルトレーニングが、今オンラインで行えるようになった。
    時間や場所の制約がないため、今までトレーニングと縁のなかった人や、ジムに通いたくても通えない人などに、おすすめ。

  • 筋肉痛予防できるのか?

  • それなりにのトレーニングをしたあとでの筋肉痛をゼロにすることは不可能だと思います。
    しかし抑える方法というのはあります。

    ウォーミングアップ行う
    ストレッチ(トレーニングの前後)
    クールダウン(トレーニングを終えて)
    タンパク質やアミノ酸の摂取
    を行うと良いそうです。