注意!赤ちゃんの冬のあせも

赤ちゃんの冬のあせもはなかなか治らない!という声も
少なくないようです。
あせもになってしまうと可哀想ですよね。
そこであせもにならないように注意してあげましょう。

view288

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冬のあせもの原因

  •  

    あせもといえば、夏によく見られる肌トラブルのひとつ。
    けれど近年は、乳幼児の冬のあせもが増えているそうです。
    外は寒いからと、モコモコ厚着のさせすぎが原因になることも。
    しかし大人はいくらもこもこな服を着ても
    あせもになるなんてあまり聞かないですよね。
    そこでなぜ赤ちゃんは冬もあせもになるのか見てみましょう。

  • あせもは、大量の汗をかいたり汗や汚れを放っておくなどして、
    汗の出口が詰まってしまうことが原因。
    汗が外に出てこられず、皮膚のなかにうもれてしまい、炎症を起こすとあせもになります。
    出典 :赤ちゃんのモコモコ厚着はNG! 「冬のあせも」にご用心 - Ameba News [アメーバニュース]
  • 最近は気密性の高い住宅が増えたことに加え、
    エアコン、床暖房・電気カーペットにファンヒーターなど
    暖房器具が充実していて室内はいつもぬくぬく。
    それなのに寒いことを心配して厚着をさせてしまうと、赤ちゃんの体は常夏状態に。
    服を脱がせたら汗びっしょりで、おしりもいい蒸し加減になっていることがあるのです。
    出典 :赤ちゃんのモコモコ厚着はNG! 「冬のあせも」にご用心 - Ameba News [アメーバニュース]
  •  

    赤ちゃんのあせもの原因は
    汗をかきやすいという体質にもあります。

  • 赤ちゃんは新陳代謝が活発で、平熱は37度前後と高め。
    体の表面積は小さくても
    汗腺の数は大人とほとんど同じで、200万~300万個あります。
    出典 :赤ちゃんのモコモコ厚着はNG! 「冬のあせも」にご用心 - Ameba News [アメーバニュース]
  • 一般的な成人の2~3倍も汗をかくそうで、
    発汗量のイメージとしてはホンジャマカの石塚さんが近い感じ。
    よって赤ちゃんにベストな冬の室温は20~23度と、大人は少し涼しいと感じるくらいになります。
    出典 :赤ちゃんのモコモコ厚着はNG! 「冬のあせも」にご用心 - Ameba News [アメーバニュース]
  • 着せすぎが原因

     

    私たちが赤ちゃんに洋服を着せすぎて、
    あせもになってしまうという場合もあるそうです。

  • 冬なのに赤ちゃんが汗をかいてしまうシチュエーションで多いのが、
    ショッピングモールなどでのお買い物です。
    出典 :赤ちゃんのモコモコ厚着はNG! 「冬のあせも」にご用心 - Ameba News [アメーバニュース]
  • 防寒のためにモコモコのアウターを着せて、ベビーカーへ。
    ところが長時間、屋内で買い物をしていると暑くなってきます。
    親は自分の上着は脱ぐものの、赤ちゃんはなんとなくモコモコのまま。
    ベビーカーで寝てしまったら、さらにひざ掛けをオン。
    帰ってきたら、あせもができていたということも……。
    出典 :赤ちゃんのモコモコ厚着はNG! 「冬のあせも」にご用心 - Ameba News [アメーバニュース]
  • 対処法

  • 赤ちゃんがあせもにならないためには
    どうしたらいいのでしょうか。
    またどこに注意したらいいのでしょうか。

  • 汗をかきすぎない室内環境を整えよう!
    赤ちゃんにエアコンを使いたくないというママも多いようですが、
    暑すぎる環境もかわいそうです。
    出典 :赤ちゃんのあせも対策|ベビータウン
  • 赤ちゃんを寝かせる場所は日光が当たらない場所にしたり、
    エアコンの風が直接当たらないように工夫したり、
    ドライ機能を上手に使ったり適度な温度調節をするなど、蒸し暑い室内環境は避けましょう。
    出典 :赤ちゃんのあせも対策|ベビータウン
  • 「はだけてかわいそう」はちょっと待って!
    寝返りができるようになると、赤ちゃんが毛布などを蹴飛ばしていることがよくあります。
    「はだけてかわいそう」とおとなはつい掛け直してあげたくなりますが、
    蹴飛ばしたり、寝場所を変えようとするのは暑いと感じているからかも。
    出典 :赤ちゃんのあせも対策|ベビータウン
  • 放りっぱなしもよくありませんが、まずは汗をかいていないか様子を見て、
    汗をふいたり体温で熱くなった布団の向きを変えたりしてみては?
    汗をかいたあとは寝冷えが気になりますから、しばらくしたら毛布をかけてあげましょう。
    出典 :赤ちゃんのあせも対策|ベビータウン
  • 赤ちゃんの衣類は年間を通して「大人-1枚」
    汗っかきの赤ちゃんの衣服は、年間を通しておとなよりも1枚少なくていいと言われています。
    風邪をひかないようにと、
    モコモコに着させられて真っ赤な顔をして汗をかいている赤ちゃんを見かけることもよくあります。
    出典 :赤ちゃんのあせも対策|ベビータウン
  • 最近はエアコンの普及もあり、
    冬でもあせもができる赤ちゃんが多いそうですから、
    おとなの感覚で着せる前に、汗をかいてないかチェックしてから枚数を調節しましょう。
    出典 :赤ちゃんのあせも対策|ベビータウン
  • 着替え、オムツ換えはこまめに
    汗だけでなく細菌があせもに関与しているとなると、やはり清潔が一番。
    汗をかいた衣服はできるだけ着替えさせてあげたり、
    いくら吸水性が高くて数回のおしっこも吸収してくれる紙おむつでも、こまめに替えてあげましょう。
    出典 :赤ちゃんのあせも対策|ベビータウン
  • おしっこを吸収する場所は吸収体のはたらきで表面がサラサラしていますが、
    あせもができやすいのはウエストギャザーなどの部分なので、
    やはり衣服と同じように汗をかいていたら替えてあげたいですね。
    出典 :赤ちゃんのあせも対策|ベビータウン
     

    おむつは一番むれやすいので気をつけましょう。

  • 冬だからと甘くみず、
    こまめに汗のチェックをすることが、あせも対策になります。
    是非これから注意してみてあげてほしいです。