”お肌に良い”ヨーグルトについて

ヨーグルトによって、お肌への効果が変わってきます。効果的なヨーグルトについて解説していきます。

view291

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌荒れの原因には2種類ある

  • 肌荒れや乾燥肌、たるみやくすみなどの肌トラブルについて、腸内環境の悪化が原因で引き起こされる内的要因のものと、紫外線などの外的な環境変化が原因で起こるものと2種類あります。

  • 外的要因で起こる肌トラブルの予防は、徹底的なスキンケアで補えますが、内的要因で引き起こされる肌トラブルは、必要な栄養素を摂取して改善していくことが大切です。
    出典 :ヨーグルトの持つ美肌効果 | 美肌レシピ
  • 内的要因に効き目バッチリ!

     

    手軽に手に入り、健康にも評判の良いヨーグルトなら、内的要因にもバッチリと対応できる。

  • ヨーグルトのビフィズス菌が良い

  • ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌には、腸内菌のバランスを正常にし、整腸作用をもたらす効果があります。腸内の環境を整えることで、内臓からくるお肌のトラブルを未然に予防・改善することができる優れた成分なのです。
    出典 :ヨーグルトの持つ美肌効果 | 美肌レシピ
  • 実は商品によって入っている菌はさまざまで、効果もいろいろ!

  • ヨーグルトって、どれにもビフィズス菌が入っていると思ってない? 実は違うんです。日本で売られているヨーグルトは、約7500種類以上もあるとか。商品によって入っている菌はさまざまで、効果もいろいろ!
    出典 :菌から選ぼう!ヨーグルト | 腸内改善ラボ
  • ● ビフィズス菌が入っているヨーグルト(トクホ)

  • BB536菌

     

    ビフィズス菌のなかま。生きてとどまる、ヒトに棲む種類のビフィズス菌。生菌数が高く、生きたまま大腸に到達して悪玉菌(ETBF菌など)を追い出す。特定保健用食品。

  • ビフィズス菌SP株、ガセリ菌SP株

     

    ビフィズス菌のなかまと、ガセリ菌のなかま。日本人のおなかと相性の良い、ヒト由来の菌。小腸と大腸、ふたつの腸の役割を考えて、2種類の菌がダブルで入っている。特定保健用食品。

  • ● プロバイオティクス乳酸菌などが入っているヨーグルト(トクホ)

  • 乳酸菌シロタ株

     

    カゼイ菌のなかま。通称「ヤクルト菌」。生きたまま腸内に到達。良い菌を増やし悪い菌を減らして、腸内の環境を改善し、おなかの調子を整える。特定保健用食品。

  • LGG乳酸菌

     

    生きたまま腸に届いて人に有益な働きを持つプロバイオティクス乳酸菌。40カ国以上で使われている。

  • 人の腸内環境は千差万別。友達にはピッタリのヨーグルトが、あなたにも合うとは限りません。自分のおなかに合ったヨーグルトを見つけるには、まずは1週間、1日200~250グラムを毎日食べてみましょう。お通じに変化がなければ、残念ながら「合っていない」と考えて。
    出典 :菌から選ぼう!ヨーグルト | 腸内改善ラボ
  • まとめ

  • お肌に良いとされるヨーグルトにも、様々な種類のモノがあることが分かったと思います。
    是非とも自分に合ったヨーグルトを見つけ出してみてください。