生理痛をなくす方法って?簡単な生活習慣を切り替えるだけで違ってくる!

生理痛って、女の宿命と思っている人って、結構多いです。
実は、生活習慣を見直せば、なくなるんです。
洗浄料、生理ナプキンをまず、安全なものに切り替えてみましょう。
自分の健康と、女性としての身体を見直してみませんか?
命を孕み、誕生させる大きな役割を与えられている身体を安全に守りましょう。

  • eve 更新日:2014/01/03

view816

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 生理痛って、辛いですよね?

  • なくて当たり前と言われています。

  • 生理痛には、女性特有の病気が隠れている場合もあります。
    婦人科でチェックをしてもらいましょう。

    「家の中で有害なものを使っていませんか?」
    と、質問して、安全な生活を教えてくれるお医者様に出会えたらしあわせ!!

  • シャンプーなど、使っている洗浄料をチェック!!
    石油硫酸系の原料(××硫酸、スルホン酸などの表示)が入っていないものに切り替える。
    下着や洋服を洗う洗剤も同様です。

    これだけでも、毎日のことなので、かなり違ってきます。

  • 化粧品、ハミガキも、有害な石油合成原料のものが入っていないものに切り替えましょう。
    身体が不自然になって行くものを使っていると、いつまでも同じことの繰り返しです。

    指定成分、石油硫酸系界面活性剤など・・・。

    見直してみましょう。

  • 生理ナプキンを布ナプキンに切り替える。
    身体に接触する部分だけでも、生理ナプキンの害を受けないようにする。

  • 生理用品を使う量も少なくて済むようになります。
    オリモノもなくなってきます。

  • 髪の毛と子宮がつながっている証拠を実感できるようになります。
    東洋医学で、経絡でつながっていると言われます。

  • 生理痛がなくなったら更年期障害もほとんどないと聞く。

    将来的にも楽。


    女性独特の病気にも、将来性が明るく感じられる。

  • 石油や硫酸入りの歯磨き、洗剤、シャンプー、リンスなどを止めたら、半年もしないうちに生理痛はなくなります。

    女性にある独特なPMSや、イライラ、頭痛もなし。
    3日もかからず終わってしまうのが、また不思議!

    だから、布ナプキンでOKになるのです。
    しかも、お手洗いに行った時だけ出血するので、ほとんどナプキンいらずになります。

  • ナプキンの原料を知ろう!

  • 生理ナプキンの歴史
    1961年(昭和36年)11月、女性の月経は恥ずかしいもの、隠すものといった常識を打ち砕いて、わが国の生理処理に革命をもたらしたといわれるナプキンが発売されました。
    出典 :一般社団法人 日本衛生材料工業連合会 | ナプキン
  • 1961年(昭和36年)11月、女性の月経は恥ずかしいもの、隠すものといった常識を打ち砕いて、わが国の生理処理に革命をもたらしたといわれるナプキンが発売されました。


    1978年(昭和53年)、初めて高分子吸収剤(右図)を使った生理処理用品が発売されました。高分子吸収剤は自重の50~100倍の経血を吸収、いったん吸収した経血は圧力がかかっても滲出しない性質を持っていることから、従来製品より薄型で、十分な吸収力を持ったナプキンを作ることができ、使用感が大きく向上しました。
    出典 :一般社団法人 日本衛生材料工業連合会 | ナプキン
  • 高吸水性高分子(こうきゅうすいせいこうぶんし、英語:Superabsorbent polymer、略称:SAP)は、特に高い水分保持性能を有するように設計された高分子製品である。紙おむつや生理用ナプキンなどの吸収体に多く用いられ、吸収性ポリマー、高吸水性樹脂、高分子吸収体などとも呼ばれる。


    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%90%B8%E6%B0%B4%E6%80%A7%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90

  • 布ナプキンに切り替える。

     

    肌に直接触れるものだけに、有害なものは使わない。

  • 市販のナプキンをやめて、布ナプキンに変えたら
    生理痛や、女性の色々な悩みもなくなったと言う人が増えています。
    出典 :生理痛 ナプキンが原因のひとつ|☆Evelynの安全生活習慣と安全なお店情報☆