記録をつけるだけ?レコーディングダイエットとは

話題のダイエット方法である、レコーディングダイエットの効果についてまとめてみました。

view445

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ダイエットの原点、レコーディングダイエット

  • レコーディングダイエットとは食べた物の記録を全て付け、なおかつ1500kcal以内に収めるという、食事管理を徹底したダイエット方法のこと。この方法は始め岡田斗司夫氏の著書『いつまでもデブと思うなよ』(新潮社)で紹介されて以来注目を浴びるようになったものです。

  • ではなぜこのレコーディングダイエットで効果が見られるのでしょう?

  • 背伸びしないから効果が出る!

  • まず、食事のみを管理するという特徴が挙げられます。減量に際して運動などに新たな時間を作るようにするというのは慣習化するまで大変です。誰しもが日常的に行う‘食事’という行為に、少しの工夫を加えるだけというのが、多くの人にとって導入しやすい。そのために効果も見られるのではないでしょうか。

  •  

    運動習慣の定着は大変なもの...。

  • また、段階ごとにハードルを上げていくというのも特徴として挙げられます。痩せよう!という覚悟のもとつい気合いを入れて、実現不可能な計画を立ててしまったり...ってあると思います。確実にできることから身体を慣らしていくことで、継続が容易になってきます。

  • 上記の事柄に共通するのが、継続できるということです。継続は力なり。焦って痩せようとせず、一歩一歩地道に、できることから徐々にやっていくこと。背伸びせずに継続することが、長期的に理想の体系を実現することに繋がるのです。

  •  

    継続力が周りとの差をつけます。

  • レコーディングダイエットは健康的!

  • ダイエットとは本来食事管理による肥満防止、減量のことをいいます。多くの人が食事の量や内容を工夫して痩せようと努力しています。しかしむやみやたらに低カロリーの食事を摂取したり食事を抜くことで健康に支障をきたすケースもまた多いものです。
    そこで記録を付けるという作業を加えれば最低限の制限で済ますことができ、その範囲内での健康管理も行いやすくなります。
    またノルマがハッキリしており、自分の摂取量も目に見えて管理できるということは無意識に自分を追い込むということも無くなります。もっとカロリー制限した方がいいんじゃないか。最近食べ過ぎた気がするから今日は抜いた方がいいんじゃないか。そういった漠然とした動機で自分を追い込むことがなくなれば、健康的に痩せられるし、継続にも繋がります。客観的な数字という記号の持つ意味というのは大きいのです。

  • 習慣化して継続すること!

  • 何よりも続けること。それができれば

  • 皆も羨む理想のボディが手に入るのです。無理せず知的に、根性論ではなくデータ管理で理想の身体を実現しましょう。

  • レコーディングダイエット1 - YouTube

  • レコーディングダイエット2 - YouTube

  • ダイエットの基本「レコーディングダイエット2」でカロリー計算で痩せろ - YouTube