第一印象を大切に

人対人、サロンという狭い空間で、人が出入りする公共の場所。
待合室で、お茶のサービスを受け入れ、施術の前の、アンケート調査や、
もろもろのサービス説明をしっかり受けとめて
デリケートな部分をこれから、
施術者にさらけ出さなくてはならない。

view289

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脱毛専門サロン 銀座カラー - YouTube

     

    地方の脱毛サロンよりも、いい加減に済ませないのが銀座のサロン・
    お客さまあってのサロン・
    失礼な態度はもちろんありません。
    中央の強みがやっぱりありますね・・・・・

  • これからの美容は、高いだけの商品ではお客は飛びつかない。
    目玉商品を決めて、初回は無料で行い、つぎのステップとして
    施術者のやさしさと親切な行為にエスコートされる形で、
    サロンに好印象を持たせなければ、また、ここにきたい。こんなサービスが良かった
    と思われません。
    仮に、施術者の腕前と技巧が優れていようと、最初のサロンの印象が悪ければ、もうそこへはいかないです。
    人間対人間のコミニュウケーションとあたたかな・声かけは、
    エステシャンとしての基本中の基本。
    サービスの一環ではないだろうか。
    お客様は男性でも女性でも、施術者たちの気持ちの良い振る舞いには、
    ああ。またこようかなあ。また来たい。ここにくれば浮世のいやなことが忘れられそうだ。
    だまっていても、次の予約をしてお帰りになるはずです。
    サービスには、これでよしなどということはありません。
    みんな施術職人のがんばりも大変さもわかっていますよ。