慢性肝炎、肝硬変、肝がんに進行する危険のあるC型肝炎

C型肝炎とはC型肝炎ウイルス(HCV)の感染により起こる肝臓の病気です。

view318

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • C型肝炎の基礎知識

  • C型肝炎も慢性肝炎の段階ではほとんどの場合自覚症状がありません。また、自覚症状と言っても何となく体がだるいとか、疲れやすいとか、食欲がわかないといったあいまいな症状のことが多いのです。肝硬変に進行したり、肝癌ができても症状がでない患者さんもたくさんおられますので、特に自覚症状がないから大丈夫だろうと自己判断するのは危険です。
    出典 :独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター│C型肝炎およびC型肝炎ウイルスとは
  • 感染経路

  • 常識的な社会生活のうえで、他人の血液に直接触れることが無ければ、家庭や集団生活での感染のおそれはまずありません。握手や抱擁、食器の共用や入浴での感染はありません。
    出典 :独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター│C型肝炎およびC型肝炎ウイルスとは
  • 感染源

     

    C型肝炎ウイルスは感染者の血液を介して感染します。輸血や血液製剤の投与、臓器移植、適切な消毒をしない器具を使っての医療行為、民間療法、刺青、ピアスの穴あけ、麻薬、覚せい剤の回し打ち、感染者との剃刀や歯ブラシの共用などで感染の可能性があります。

  • C型肝炎の発症

  • 慢性肝炎はこれといった自覚症状がないのが特徴です。C型慢性肝炎かどうかは、C型肝炎ウイルスへの感染の有無を調べる血液検査を受けなければ分かりません。ですからC型慢性肝炎にかかっていてもそれと気づかず、健康診断や献血あるいは他の疾患の治療の際に検査で発見される場合がほとんどです。もちろん病気が進行して肝硬変になると、足にむくみが出てくる、顔に血管が浮いてくる、こむらがえり(足がつる)といった症状がみられます。その他、何となくだるい、尿が濃くなるなどの症状がみられるようになります。
    出典 :専門医に聞く | C型慢性肝炎と肝硬変 | C型肝炎 - 新しい治療、新しい可能性 -
     

    早期発見しにくい特徴があります。

  • C型肝炎ウイルス

  • ワクチンがない

     

    C型肝炎感染予防のためのワクチンはできていません。
    感染予防のためには他人の血液に触れないことが大切です。現在使われている輸血用の血液や血液製剤は、高い精度の検査がおこなわれているためまず感染はおこりませんが、1992年以前の輸血、1994年以前のフィブリノゲン製剤、1988年以前の血液凝固因子製剤には、ウイルスのチェックが不十分だった可能性があります。

  • 治療法

  • C型肝炎に於ける治療については大分類すると考え方的には二つあります。一つはインターフェロン治療によるC型肝炎ウイルスを直接排除する方です。もう一つですが、ウルソデオキシコール酸の内服、グリチルリチン酸の静脈注射などの治療法で、C型肝炎の病気の進行を遅らせる方法です。
    出典 :C型肝炎 治療
  • 肝臓のセルフチェック

  • まず肝臓のセルフチェックをしてみよう

  • 予防法

  • C型肝炎ウイルスに感染している人の血液になるべく触れないことが大切です。具体的には、以下のようなことに気をつけるだけで感染はおこらないことがわかっています。要は、常識的な社会生活を心がければ、感染することはないと考えられています。
    * 歯ブラシ、カミソリなど血液が付いている可能性のあるものを共用しない。
    * 他の人の血液に触るときは、ゴム手袋を着ける。
    * 注射器や注射針を共用して、非合法の薬物(覚せい剤、麻薬等)の注射をしない
    * 入れ墨やピアスをするときは、清潔な器具であることを必ず確かめる。
    * よく知らない相手との性行為にはコンドームを使用する。
    出典 :C型肝炎の予防