妊娠中はお肌トラブルが沢山!!気になるお肌トラブルや対処法をまとめてみました!!!

妊娠中にお肌トラブルで悩んでいる人も多いのではないでしょうか???
気になる妊娠中のお肌トラブルの症状やその対処法についてまとめてみました!!
お肌トラブルで悩んでる妊婦さん必見です!!!

view232

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中はどうしてお肌トラブルが起きやすいの???

  • 妊娠中お肌トラブルで悩んでる人は沢山います!!!

     

    妊娠から出産にかけて、女性ホルモンが不安定になるせいで、
    肌トラブルが起こりやすくなります。

  • 妊娠中は、
    妊娠していないと比べて体にはたくさんの負担がかかり、
    この負担は肌にも影響を及ぼします。
    出典 :女性ホルモンが変化する妊娠初期から産後ケアが鍵!肌にも気持ちにもうるおいのある“潤ママ”になるためのおすすめスキンケア
  • 妊娠すると大量に分泌される、エストロゲンというホルモンの影響で、肌荒れやメラニン色素の沈着などを引き起こすと考えられています。
    出典 :無理なく気軽にケア~妊娠中のお肌のトラブル | ラルーン
  • 妊娠中に起こるお肌トラブルにはどんな物があるの???

  • シミができやすく、濃くなってしまうことも

     

    妊娠するとシミが目立つようになったという女性も少なくありません!!
    悩んでる人も多いのではないでしょうか???

  • 妊娠により増加した女性ホルモンエストロゲン、プロゲステロンがメラニン色素を生成するメラノサイトという色素細胞を刺激する作用があるからだと考えられています。妊娠してこれらのホルモンが増えると、メラニン色素も増えて色素沈着が起こりやすくなるため、ちょっとした刺激でもシミになりやすくなっているのです。
    出典 :妊娠中に起こるさまざまな肌トラブル | スキンケア大学
  • 体のあちこちが黒ずんでいる気が…

    同じように、妊娠によるメラノサイト活性によりメラニン色素沈着が体に起こる場合もあります。脇の下や外陰部などが黒ずむ妊婦さんも多いようです。乳房に起これば乳首が黒ずみます。また一般に「正中線」と呼ばれる、おへそを中心にお腹の真ん中を上下に伸びる一本の黒い線も、この色素沈着によるものです。
    出典 :妊娠中に起こるさまざまな肌トラブル | スキンケア大学
  • お腹やお肌のかゆみ!!!

     

    かゆくて堪えられない~って人も多いのではないでしょうか???

  • 『妊娠中のかゆみやカサカサは妊娠製皮膚掻痒症ともいわれる肌トラブル。
    妊娠4~5ヵ月から出る場合があり、
    胎盤から分泌されるホルモンのバランスの影響で起こる肌トラブルです。
    さらに新陳代謝が盛んで、汗をかきやすく、
    あせもや湿疹でかゆみが出たりすることもあります。』
    出典 :妊娠性皮膚掻痒症 : ASUKA's singing
  • 今日から実践してみよう!!!お肌トラブルへの対処まとめ☆☆



  • --------------------------------------------------------------------------------
    ●食べ物でお肌ケア
    --------------------------------------------------------------------------------
    ビタミンCやビタミンEには、お肌をきれいに保つ効果が。ビタミンCには、メラニン色素の発生を抑え、美肌の元であるコラーゲンを発生させる働きがあります。生野菜や果物などを意識的に摂取しましょう。
    出典 :無理なく気軽にケア~妊娠中のお肌のトラブル | ラルーン


  • --------------------------------------------------------------------------------
    ●日焼け対策でお肌ケア
    --------------------------------------------------------------------------------
    メラニン色素の沈着を防ぐには、体の外からの対策も必要です。特に、4月から9月にかけては紫外線が多い時期。

    外出時には、帽子や日傘、アームカバーなどを使いましょう。日焼けを防ぐと、肌の黒ずみを抑えられるだけでなく、しわやしみなどの発生も予防できます。UVカット効果の表示がある商品を選ぶといいですよ。
    出典 :無理なく気軽にケア~妊娠中のお肌のトラブル | ラルーン
  • ●保湿クリームでお肌ケア
    --------------------------------------------------------------------------------
    お腹が急激に大きくなることで、皮膚が薄くなり、妊娠線と呼ばれる肌の引きつれが発生する場合があります。肌が乾燥していると余計に悪化するので、保湿クリームを塗るといいでしょう。
    出典 :無理なく気軽にケア~妊娠中のお肌のトラブル | ラルーン
  • 正中線や乳首の黒ずみは元に戻るの???

     

    大体半年~1年でもとにもどることが多いようです。乳首の黒ずみは、まだ目がよく見えていない赤ちゃんがママのおっぱいを探しやすくするためとも言われています。なんだか神秘的ですね。