万が一、廃用症候群になってしまった場合に!回復するための方法を調べてみた。

寝たきりになると起こりやすい「廃用症候群」。どのようなリハビリが行われているのか、ご紹介させていただきます。

view14150

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 廃用症候群とは、ずっと安静にしていることによって、体に異常の起こる病気です。

  • 廃用症候群(はいようしょうこうぐん、英: disuse syndrome)とは、安静状態が長期に渡って続く事によって起こる、さまざまな心身の機能低下等を指す。生活不活発病とも呼ばれる。特に病床で寝たきり状態でいることによって起こる症状が多い。

    筋萎縮
    関節拘縮
    褥瘡(床ずれ)
    廃用性骨萎縮(骨粗鬆症)
    起立性低血圧
    精神的合併症
    括約筋障害(便秘・尿便失禁)
    などが挙げられる。
    出典 :廃用症候群 - Wikipedia
     

    お年寄りに起こることが多いかもしれません。

  •  

    寝たきりの老人が、介護老人保健施設にたくさんいるとかいないとか、いろんな噂を聞きますね。

  • もしも、廃用症候群になってしまったら、どんな回復法があるのでしょうか?

  •  

    リハビリと聞くと、病院の治療が思い浮かびますよね。

  • そもそも、寝たきりにならないためにどうするべきかを考えた方がいいでしょう。

  • 寝たきりにならない

    高齢者の寝たきりの原因で多いのは、脳卒中、老衰、転倒などによる骨折、認知症、リウマチや関節症などですが、直接の原因ではありません。これらの病気やケガがきっかかで引き起こされる「廃用症候群」というもの。つまり使わない体の能力が退化することが原因なのです。「年だし無理だ」と端からあきらめるのではなく、いくつになっても前向きな姿勢が必要です。また、年をとると世話をしてほしい気持ちが強まるのではないかとおもいますが、それもキケンなんですよ。人から受ける世話が老いに拍車をかけることもあるんです。お世話してもらえば、それは楽でしょう。でも自分で出来ることはやりましょう。寝たきりにならない!と強く思う事が大事。やってもらって当たり前ではなく、自分でやって当たり前なんです。廃用症候群にならないためにも、自分でやれる事はやって、出来ない事はたすけてもらう。寝たきりなって良いことはひとつもありません 。
    出典 :廃用症候群のリハビリ
     

    不可能なことは何一つないと思いたいですね。

  • 廃用症候群になってしまったら、早期のリハビリが肝心です。

  • 早期リハビリ

    廃用症候群になると褥瘡に注意したいですね。私が知っている患者様もひどい褥瘡で大変だったと聞きました。褥瘡になる原因のひとつは、栄養障害などがあるそうです。その患者様も退院されてから、なかなか食事をしてくれなかったそうです。そのせいなのか蛋白質・エネルギー低栄養状態になってしまったのだと思います。一度、褥瘡ができると治りにくいので、とにかく頻繁に姿勢を変えて局所への圧迫を防ぐことを心がけるといいと思います。そして食事や栄養補助食品を工夫して十分に栄養を摂取できるようにすることも重要です。高齢者の方になればなるほど廃用症候群になりやすいので防ぐためには、なるべく早期のリハビリを行うことの重要性が増します。
    出典 :廃用症候群のリハビリ
     

    とにかく、寝ている時間を少なくすることによって、褥瘡などを防ぎましょう。

  • リハビリの初期は、「なるべく楽なものから」が基本です。

  • まず、運動の取り組みですが、いきなり激しく運動すると機能の回復よりも障害が生じる危険性が高いので、筋の萎縮状態、骨量や痛みの状況、関節拘縮程度などを考慮し、初期段階には、椅子に腰かけて、関節に大きな負担が掛からない軽い運動から始めます。運動時間は、始めは一日に午前中と午後に分けて、10~15分程度行う軽い運動を勧めます。軽い運動ができるようになってきたら、少しずつ時間を長くしたり、回数を多くしたりしながら行う漸増負荷運動が効果的です。
    出典 :廃用症候群のリハビリテーション 【MY介護の広場】
     

    急に強い運動をしてしまったら、ベッドに逆戻りなんてことになりかねませんからね。

  • そして、ストレッチングなどの筋肉を積極的に使う段階へと進めていきます。

  • 筋力強化を目指す軽いレジスタンス運動とともに行うべき運動はストレッチングです。ストレッチングとは柔軟体操の一種として、「筋肉をゆっくり伸ばしていき、その伸張した状態を維持する」という、筋肉を伸張させることを目的とした運動です。ストレッチングは単なる柔軟性を向上させるためだけの運動ではなく、筋肉や関節の様々な障害を予防し、筋肉や精神に対するストレスを取り除くことができ、リラクゼーションとしても用いられています。つまり、「ストレッチングの第一の目的は筋障害防止、第二に柔軟性向上」です。行う際には、反動を付けずにゆっくりと筋・腱を伸ばしていき、最大伸張位置で止めてしばらく維持する方法を推奨します。
    出典 :廃用症候群のリハビリテーション 【MY介護の広場】
     

    ゆっくりと運動強度を増やしていきます。

  • 食事のリハビリも行う必要があるでしょう。

  • 不活動の状態が続くと食欲不振と腸管の機能が低下してしまう恐れがあるので、廃用症候群の食事リハビリも大事です。ポイントは、とにかく多くの食品を食べることです。肉類、魚介類、牛乳、卵、いも類、大豆製品、海藻類、果物、野菜など、1日30食品を目標に多様な食品で栄養バランスをとることが食事リハビリの近道です。
    出典 :廃用症候群のリハビリテーション 【MY介護の広場】
     

    なるべく幅広い種類のものを食べることが効果的なのですね。