夏風邪や汗疹かな?と思ったら...【大人でもかかる手足口病が大流行中!】

現在小児に大流行中の手足口病。一般には子供の病気と思われがちですが、大人にも感染します。このまとめでは手足口病の症状や対策法を挙げていきます。

view794

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ”手足口病”ってどんな病気?

  • 汗疹(あせも)や夏風邪と勘違いされる事が多いようです。

  • 手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。子どもを中心に、主に夏に流行します。
    出典 :大人の手足口病の症状とは?|治療と予防に関する必須知識
  • 感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。
    出典 :日本医師会:手足口病Q&A
  • 子供の病気、としてとらえられがち。

  • 手足口病は乳幼児に多くみられる病気で、感染報告数の90%以上は5歳以下の子どもです。
    出典 :大人の手足口病の症状とは?|治療と予防に関する必須知識
  • 夏場が流行のピーク。

  • 手足口病のウイルスには湿気や高温に強いという特徴があるので、流行するのは夏場が多く、夏の始まりとともに発生し、7月の終わりごろにピークを迎えます。
    初期症状が風邪に似ているため夏かぜと間違えられやすくなっています。
    出典 :大人の手足口病の症状とは?|治療と予防に関する必須知識
  • 汗疹や夏風邪とセルフジャッジするのは禁物のようです!

  • 大人でも感染するの?

  • 子供の間での大流行も相まって、手足口病に感染した方は年々増えてきています。

  • 最近では大人に感染するケースも増えてきており、大人に感染した場合は症状が重くなる傾向があります。
    出典 :大人の手足口病の症状とは?|治療と予防に関する必須知識
  • 感染された大人の方の声を聞いてみると...

  • お子さんから感染されたみたいです。

  • 長きに渡って日常生活に支障を来すケースも...

  • いずれの方も熱や湿疹で本当に大変そうですね。

  • どうやって手足口病を治すの?

  • 特別な治療法は無く、対症療法のみ。

  • 手足口病のための特別な治療法はない。ただれた部位の熱や痛みといった個々の症状は、対症療法によって緩和する。
    出典 :手足口病 - Wikipedia
  • 重症化する恐れもあるようです。

  • しかし、まれに髄膜炎や脳炎など中枢神経系の合併症などが起こる場合がありますから、経過観察をしっかりと行い、高熱が出る、発熱が2日以上続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこがでない、ぐったりとしているなどの症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。
    出典 :日本医師会:手足口病Q&A
  • 重症化すると入院する必要性もありそうです。

  • 手足口病にかからないために出来る事

  • 感染しないためにはどうしたらいいの?

  • 一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。
    出典 :日本医師会:手足口病Q&A
  • 育児をされている方には、特に気をつけた方がよさそうです。

  • 大人が手足口病に感染するのは免疫力・体力が低下している時なので、ウイルスに対抗するためには、普段から健康に留意した生活を心がけることが不可欠と言えるでしょう。
    出典 :大人の手足口病の症状とは?|治療と予防に関する必須知識
  • 日常的な体調管理、手洗い・うがいの習慣は、手足口病の予防にも効果的なようですね。