【アトピー性皮膚炎】は子供だけの疾患ではなく、【アトピー性皮膚炎】で悩んでいる大人も沢山います!

【アトピー性皮膚炎】は過敏症の一種でアレルギー反応で皮膚に炎症を生じるもので、子供によくみられます。
とても治りにくく、酷くなると乳幼児などは痒みを抑えるのが大変です。
【アトピー性皮膚炎】は成人して突如発症する事もあります。
原因となるアレルギー物質を特定するのもなかなか困難です。

view416

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 成人の【アトピー性皮膚炎】とは

  • 「アトピー体質」があるようです・・・

  •  アトピー性皮膚炎は本来、乳幼児がかかる代表的な皮膚疾患です。通常は小学校の低学年でほとんど治るとされてきました(「子どものアトピー性皮膚炎」)。
     ところが、1980年代になり、皮膚炎の重症化や慢性化が問題になりはじめました。そのような例では、これまで報告されたことのない皮膚症状が明らかになってきたのです。ある大学病院皮膚科の統計をみても、1975年度のアトピー性皮膚炎の患者さんの年齢ピークは1歳でしたが、85年度には16~20歳の思春期にピークが移り、さらに最近のデータでは20~25歳にピークが移ってきています。
     このようなおとなのアトピー性皮膚炎で問題となる皮膚症状は、難治性の顔面紅斑(がんめんこうはん)、頸部(けいぶ)(くびの両横)の網目状の色素沈着(しきそちんちゃく)、全身の皮膚の浮腫性(ふしゅせい)の(むくみのような)発赤(ほっせき)、腫脹(しゅちょう)です。
    出典 :おとなのアトピー性皮膚炎 とは - コトバンク
  •  乾燥肌による敏感肌にアトピー素因が重なって発症する慢性の皮膚炎です。アトピー性皮膚炎は、昔は子どもの皮膚疾患で、成長して思春期くらいになると自然におさまると考えられていましたが、20年前くらいから、思春期にいったん良くなった皮膚炎が20歳前後になって再び悪化してきたり、思春期になっても治らず、さらに成人になってもアトピー性皮膚炎が続く患者さんが増えてきました。
     それから、小さい時には少しあせもができやすかったとか、冬に肌が少し乾燥する程度だったのに、大人になってからアトピー性皮膚炎ができるようになったという例もあります
    出典 :成人のアトピー性皮膚炎 - goo ヘルスケア
  • 大人になって【アトピー性皮膚炎】になるのはなぜ?

  • 成人の【アトピー性皮膚炎】・・・検査・診断

  •  血液検査でIgEの濃度を調べることによって、ダニ、ほこり、花粉などアレルギー反応によって皮膚炎を悪化させる物質の見当をつけることができます。ただしIgEが陽性であったものが実際の皮膚炎の悪化に本当に関係があるかどうかは、医師と相談して慎重に判断する必要があります。
     アトピー性皮膚炎の経過中に、口唇(こうしん)にヘルペスウイルスによる小さな水疱(すいほう)ができたあと顔全体に広がるカポジ水痘様発疹症(すいとうようほっしんしょう)や、外用薬などによる接触皮膚炎を併発することがあるので、急に症状が悪化したり、いつもの治療法では軽くならない時は、皮膚科を受診しましょう。

    出典 :成人のアトピー性皮膚炎 - goo ヘルスケア
     

    検査によって原因物質がわかったとしても、そこで「すべて問題解決」とはいかないようです。

  • 成人の【アトピー性皮膚炎】・・・治療

  • アメリカでのアトピー治療、皮膚科スペシャリストとのインタビュー - YouTube

     

    ステロイド剤は本当に効きますが、塗布をやめるとまた症状がぶり返します。
    使い方は実に難しいと実感しています。

  • 幼児のアトピー性皮膚炎

  • たけしの万物創世紀 アトピー性皮膚炎 No.3 - YouTube

     

    生活環境が大切なのですが・・・・

  • 【アトピー性皮膚炎】・・・子供も本当にかわいそうです・・・

  • たけしの万物創世紀 アトピー性皮膚炎 No.4 - YouTube