アラフォーでもやせる方法を伝授

30を過ぎたら痩せられないよ!
アラフォーは、体が縦ではなく、横に伸びていく時期ですね。
樽のようになってしまった体をどのようにして元に戻すかまとめてみました。

view760

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アラフォーでもやせる方法(1
    健康的に、ノンビリ痩せる健康第一主義ダイエット

  •  

    40過ぎの方々が健康的に痩せるには、以下の方法を順序良く実施してゆく必要があります
    1、目標体重と目標体脂肪を決める
    2、これ以上脂肪がたまらないようにするための食事を見直す
    3、今ある脂肪を減らし、筋肉量を上昇させる日常生活スタイルを見直す

  • 3ステップが必要です。
    おそらく男性だと80キロ前後の方、女性なら50キロ~60キロ台の方が40才付近には多いのではないかと思います。
    さらに、男性ならおへその部分がぽっこり出ている体型、女性なら下っ腹がぽっこり出ている体型で、これもなんとかしたいという人が多いんじゃないかと思います。

    あらゆるダイエットに共通しますけど、どんなに運動して日常生活を変えても、摂取、つまり入ってくる食事を変えなければ永遠に痩せませんからね、一番大切なのは、今の食事を見直すことです。
    出典 :40才から始めるダイエット|アラフォーでもやせる方法を伝授
     

    やっぱ、運動と食事のバランスですね!

  • 必ず実施したいのは、食物繊維から食べ始めるということです。
    食物繊維のものから食べると、血糖値が上がりにくく、脂肪になりにくいんです。
    油ものをなるべくさけるのは当たり前ですが、接待などを受けている場合、残すのは失礼になるので、食べるのはいいのですが「食物繊維から」これを守りましょう。

    食事を改善することで、まずは基本的な体重まで落ちていくのが一般的です。
    食事のやり方を変えても体重が全く変化しないのなら、食べる時間と回数を見直しましょう。
    なるべく寝る前2時間以内には食べない、一日の食事回数を増やす(ドカ食いはしない)。

    今ある脂肪を早く落としたいなら、ある程度の運動は必要です。

    筋肉量がある程度増えると、普通に生活していても、筋肉が無かった時に比べて運動しているのと同じくらいカロリー消費をします。
    体が熱いし、寝ている間に消費する脂肪の量も増えるんですね。
    最近発表された新成分「カプシエイト」を食べると、かなり燃焼速度が上昇するようです。

    有酸素運動はしなくて結構ですが、毎日10回程度腕立て、腹筋を行い、カプシエイトを頂く。
    これだけで、どんどん代謝が上がってゆきます。

    まずは1カ月でかなり体型の変化を実感できるようです。

  • アラフォーでもやせる方法(2
    美しくやせるためにストイックな方法で行う美容ダイエット

  • 体型を得るためには以下の手順が必要です

     

    1、1800kcal以下の食事にする
    2、筋トレ+やや強度のある有酸素運動を30分以上1日2回
    3、リバウンドしないための維持管理

    美しくダイエットした場合、標準体重以下になるので、普通の生活をしていたら体は元に戻ろうとします、これを防ぐには痩せた後、毎日軽いダイエットを行うような管理が必要なのです。

  • 40才を超えると、人との付き合いなどで外食が増えます、食物繊維から食べるのは当然ですが、量を減らす必要もあります。
    そのために、なるべく糖質は食べずに残す、パスタやご飯も半分は常に残す必要があるでしょう。
    お寿司屋さんに入っても、板前さんに「シャリは半分で」と伝えましょう、さらに言うと、白米は避け、五穀米、十二穀米などを選んでください。

    ちなみに、ご飯→パスタ→パンの順で脂肪蓄積率が高くなりますから、パン食の人はなるべくご飯食に変えてくださいね。
    食べた食事はグリコーゲンとなり、まずは肝臓に蓄積されます、その後肝臓で貯められない部分は筋肉へ補充されます、筋肉でも貯められない溢れた糖質は体脂肪になるのです。
    つまり、肝臓が健康で、筋肉量が多いと、体脂肪になりにくいということがお分かりになるでしょう。

    ゆえに、筋トレが必要なのです。

    筋トレのメニューですが、特にありません、全身をまんべんなく鍛えてください。
    そして、その後は有酸素運動に入ります。 40才という年齢から、ランニングなど膝腰に負担がかかる運動を長時間するのはお勧めできません、泳ぐのが得意な方はスイミングで、そうでない方はステップマシンなど体の部位に負担がない運動を選んでください。

    年齢的にかなり疲れやすいでしょう。
    ですので、60分続けるようなハードトレーニングではなく、筋トレ10分、有酸素運動30分程度で構いません。
    ※有酸素運動は長時間やるより30分のランニングを1日に2回など、小分けしたほうが効果的だとわかってきました(2013年時点)
    ただ、運動前には必ずカプシエイトを摂取し、運動中はバームなどの体脂肪を消費しやすくする飲料がよいでしょう。
    出典 :ログイン | 在宅ワーク・副業の新しいカタチ -Job-Hub(ジョブハブ)
     

    40才を過ぎると一度ついた脂肪がなかなか落ちにくくなるそうです。
    いったん筋肉がついてスリムになると、今度はみるみる若返ります。
    内臓も健康になり、お肌もつやつやになるはずです。

    体型も美しくなりますが、お肌も若返りますから、さらに若くなった印象になるんです。

  • アラフォー女子が痩せない理由

  • 「アラフォーになると簡単には痩せなくなる!」のは事実

     

    20代や30代とは体の構造が違ってしまっているから。
    ここを正しく理解せず、ただ食事量を減らしたりしていると、一気にリバウンドするので要注意! 

  • 痩せない理由その1:加齢による基礎代謝の低下

  •  

    基礎代謝は20代後半から徐々に低下するものなので、運動習慣が全くなく、しかも、若い頃と同じような食生活を送っていたのでは、脂肪がどんどん溜まるのは当然のことといえます。

    また筋力の低下による姿勢の悪さ、体幹の衰えによって、特にお腹周りには脂肪が溜まりやすくなりボディラインが乱れてきます。さらに、痩せている人でも加齢によって皮膚の弾力と肌のハリが失われ、タルミが出てきます!

  • 痩せない理由その2:女性ホルモンの乱れ

  •  

    女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンがあります。アラフォー世代になってくると、この二つの女性ホルモンのバランスが崩れていくもの。その理由として、子供を生む機能が衰えてくることや生活の影響でエストロゲンが過剰になることが挙げられます。更年期などの症状もこの女性ホルモンの乱れが原因といわれています。

  • 痩せない理由その3:エストロゲン過剰による脂肪の肥大

  •  

    「食生活の欧米化」や「環境ホルモン」の影響により、エストロゲンが過剰に分泌されるといわれています。エストロゲンが過剰になると脂肪細胞を活性化して太る原因になります。

  • 痩せない理由その4:セルライトの蓄積

  •  

    筋肉量の低下により毒素の蓄積が進行すると、加齢と合わせてセルライトができやすくなります。特にお腹周り、お尻、太ももにはセルライトが付きやすいものです。

    セルライトはいちど定着すると除去するのは難しく、冷えや血行低下を招いて、どんどん太りやすくなります。

  • 痩せない理由その5:仕事のストレスによる暴飲暴食

  •  

    40代は、仕事や家庭のストレスが最も多い時期といえます。そのストレスから暴飲暴食に走ってしまうと脂肪もどんどん溜まっていき、それがまた「太った、痩せない!」といったストレスのスパイラルを生んでしまいます。

  • 痩せない理由その6:経済的理由による食生活の悪化

  •  

    子供を持つ家庭であれば特に「節約」が迫られます。そこでまず削られるのが食費です。ここで、ダイエットの知識が乏しいと、安くて太る食材ばかり選んでしまい太る原因となります。

    また食生活の悪化は便秘も招きやすく、それが下腹ぽっこり体型を作ってしまいます。

  • 痩せない理由その7:時間的理由による生活習慣の悪化

  •  

    仕事に子育てにとアラフォー世代は自分の時間がとれないことが多いものです。「忙しくてダイエットどころではない!」のは分かりますが、考え方と生活習慣を変えれば、ダイエットする時間は作れますし、それがアンチエイジングにもつながることを覚えておきましょう。

  • アラフォー女子ダイエットの注意点

  • 極度に食事量やカロリーを減らせば体調を損なう危険性もあり、また、ストレスも溜まるので長続きせず、最悪はリバウンドを引き起こしたりするので注意しましょう。さらに、体重は減っても顔や体がシワだらけになってしまい、実際より余計に老けて見られるなど、イイことは一つもありません。

    運動面においても、いきなり激しい運動を行うと、途中で挫折してしまうばかりか、足首・膝・腰を痛めてしまうので要注意です!
    出典 :2/3 アラフォー女子が痩せない理由と太らないコツ [ダイエットの基本] All About
     

    無理しすぎちゃダメですね。