喫煙?飲酒???喉頭がんになるのはどんな原因があるの?

女性よりも男性、60歳台で発生のピークを迎えるとも言われているのが「喉頭がん」。では、飲酒や喫煙などがよく原因として挙げられますが、実際にはどうなのでしょうか?

view487

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 喉頭がんってどんな病気なの?

  •  

    声帯部分にできるがん。

  • 喉頭がんは、英語では「Laryngeal Cancer」と呼ばれます。

    人間の喉頭の、声帯(せいたい)(声を出すところ、発声器官)を中心に発生した、のどのがんです

  • 喉頭がん患者のおよそ90%は喫煙者だった!!?

  • 喉頭がん患者の90%が喫煙者であることから、タバコが大きな原因だと考えられています。

    他にも、アルコール・熱い食べ物・冷たい食べ物などの刺激が強い食べ物も原因だと考えられています。

    なので、予防策としては正しい食生活を送ることがあげられますね。
    出典 :喉頭がんの初期症状
     

    喫煙は百害あって一利なしですね。

  •  

    脱タバコ宣言で、喉頭がん予防。

  • 咽頭がんや喉頭がんの発生の原因は十分に解明されていないものの、喫煙や飲酒との関係が指摘されています。特に喫煙については、発がんとの相関関係がはっきりしているので、禁煙は重要な予防法といえるでしょう。
    出典 :【咽頭がん・喉頭がん】の症状や原因
     

    喫煙、飲酒などとの関係が高いようですね。

  • 喫煙や飲酒以外に喉頭がんの原因となることは?

  • アナウンサーや歌手、司会者など、声をよくつかう人も、喉頭がんにかかりやすくなるという説もあります。

  •  

    のどをよく使う人、声をよく出す人も要注意。

  • 仕事でよく声を出す人は、なるべく仕事以外では声帯を休ませる工夫も必要です。新鮮な空気のもとで、皮膚やからだを鍛えることも、気道粘膜の抵抗力の強化につながります。室内の換気や湿度の調節など、環境にも配慮して、日ごろからのどをいたわるよう心がけましょう。
    出典 :【咽頭がん・喉頭がん】の症状や原因
     

    声帯をよく使う人も要注意!

  • 喉頭がんにかかった著名なアーティストとは?

  •  

    声帯に負担がかかり過ぎたのでしょうか?

  • 忌野清志郎(歌手)

    2006年7月に喉頭がんと宣告を受け、入院。最初はのどの痛みなどの不調が出て、本人も風邪だと思っていたようです。
    「手術をすると声が出なくなると言われた」というエピソードから、この時点でがんはかなり進行していたのだと思われます。
    放射線と抗がん剤治療に切り替えたものの、2週間で代替え治療へと変更。
    2007年から音楽活動を再開し、2009年まで精力的に行うも5月に容体が急変。癌性リンパ管症でお亡くなりになりました。
    調べていくと、2008年頃の情報ですでに「喉頭がんが腰に転移」とあった事から、遠隔転移がかなり進んでいる状態のまま音楽活動をされていたのではないでしょうか?
    出典 :喉頭がんになった有名人 | 喉頭がんのガイドブック
     

    素敵な声でしたが、喉頭がんになられました。。。

  • ジョージ ハリスン(歌手)

    1990年代半ばから、すでに何度かがん治療を受けていたようです。
    1998年には完治の発表をしているものの、2001年には「今度は肺がんで入院している」との噂が飛び交い、さまざまな憶測がファンの間で流れたようです。
    同年、58歳という若さでこの世を去りました。死因が喉頭がん・肺がん・脳腫瘍とあることから、彼もまたがんの転移に苦しんできた一人なのでしょう。
    出典 :喉頭がんになった有名人 | 喉頭がんのガイドブック
     

    ビートルズの彼も喉頭がん患者。