脳を活性化させる簡単な方法

日常で簡単に出来る脳の活性化の方法をまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい。

  • osugi 更新日:2014/02/09

view282

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • たくさん笑う

     

    声を上げて笑うと免疫機能を刺激してエンドルフィンという物質を刺激して、脳を活性化させます。

  • 電車の中などで「人間観察」で鍛える

     

    人間観察も、想像力をフル活用して行います。「この人の仕事は?」や「家庭は?」など、想像力が豊かでないとイメージすることは出来ません。
    しかし、あまりジロジロ見ないようにw

  • バイクを運転する

     

    バイクの中でも「オートバイ」を運転した時の計測によると、作業記憶力、概念操作力、論理思考力といった前頭前野の機能が活性化し、空間認知力、空間処理力という頭頂連合野の機能も向上したそうです。

  • テトリス

     

    脳内の活動効率や、皮質の厚みが増し、『灰白質(神経細胞の細胞体が存在している部位)』が増えることが明らかになっています。
    また、右前頭葉や頭頂葉で思考や言語などをつかさどる部分や、前運動野などで多感覚統合や複雑な動作の統合に関わる部分が刺激されるとか。

  • 古い写真を見る

     

    記憶を蘇らせ、脳細胞間のつながりを強めてくれるそうです。

  • ハンドマッサージ

     

    毎日3分マッサージすることで、手や指を動かすことで自然と脳の血流量が多くなるそうです。
    ビタミン入りのクリームを使うとより効果的。
    軽度認知症やもの忘れの予防にも期待されているとか。

  • よく噛んで食べる

     

    噛めば噛むほど脳血流が増加することが研究で明らかになっているそうです。
    固いもの中心の食生活に変えて噛む回数を増やすとより効果的です。

  • 料理をする

     

    料理をつくると頭が鍛えられ、情緒も安定、認知症防止にも役立つそうです。
    「メニューを考える」「切る」「炒める」「盛りつける」などのプロセスでも脳の血液の流れが増え、脳が活発に動いていて、知らず知らずのうちに頭を使っていて脳を鍛えているそうです。

  • カレーを食べる

     

    カレーには頭の働きをよくする物質が含まれており、記憶力を高める効果などが期待できます。カレーをよく食べるインドではアルツハイマーが少ないという調査結果もあるそうです。

  • 日記を書く

     

    物事を思い出すトレーニングとなり、脳の活性化に良く、文字として表現するのは高度な脳活動を必要とするので、脳を鍛えるのに効果的です。

  • ぬり絵

     

    ぬり絵開始30秒後には脳が活性化したという実証付きです。
    視覚野のある後頭葉や、色や形の記憶が保存されている側頭葉を使い、何色で、どうやって、どのように塗るのかなど、作業プランを立てているときは、前頭葉にある前頭連合野が働き、実際に色を縫っている時は、前頭葉にある運動野によって、手の動きがコントロールされるそうです。

  • ダークチョコレートを食べる

     

    ダークチョコを食べるとドーパミンが放出されることが実証されています。。ドーパミンは学習や記憶を助ける物質です。

  • シャンパンを飲む

     

    イギリス、レディング大学の調査では、シャンパンが脳の記憶や学習をつかさどる部分を活性化させることが分かっています。また、1日1杯のシャンパンが、加齢による認知障害を防ぐという研究結果も

  • ウォーキング・ジョギング

     

    ウオーキングやジョギングは、覚せい・情報処理能力(記憶力・理解力)・注意力や集中力、意欲向上などに効果的です。移動によって周りの景色が変化することで、多種多様な視覚情報が脳にインプットされて脳が活性化し、新しいアイデアなども生まれてきます。「散歩中にアイデアがひらめいた」という哲学者や科学者の逸話は昔から多くありますが、科学的にも根拠のあるエピソードなのですね。

  • ダンスをする

     

    特にリズミカルなダンスは筋紡錘(きんぼうすい)」という感覚神経を刺激して脳を活性化し、思考能力もアップするそうです。