妊娠中期の鉄分摂取量について

妊娠中期以降には赤ちゃんの発育を促すために
血液全体の量が増える傾向があります。
その栄養分が胎児に流れていくので妊婦さんはついつい貧血になりがちです。
適正な鉄分摂取量を知って意識的に摂れるように心がけてください。

  • rinko 更新日:2014/02/13

view409

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中期の鉄分摂取量とは?

  •  

    鉄分を沢山摂れるように食事を工夫したり生活の中で
    貧血予防に努めたいですね。

  •  

    可愛いわが子に元気に体面するために
    鉄分摂取に努めましょう。

  • 妊娠中期以降になると、プレママに必要となる鉄分の量が急増します
    初期 中期 末期(後期)
    鉄 10.5mg 8.5mg 21.0g
    葉酸 240μg 480μg
    カルシウム 650mg 650mg
    出典 :妊娠中期以降に不足する“鉄”を効果的に摂るサプリメント|プレママタウン
     

    食べ物で補えない場合にはサプリメントで摂取しましょう。

  •  

    体が変わってしまうのです。
    それだけ補うのは当然のことだと思います。

  •  

    食事に工夫を・・

  • 妊娠中期の鉄分不足で病気になっちゃう??

  •  

    鉄分が不足すると・・
    妊娠中期もきちんと摂取量を守りたいです。

  • 女性の場合は妊娠していない時その2倍、妊娠中はその3~4倍以上の鉄を補給しなければなりません。
    出典 :医療法人双鳳会・山王クリニック
     

    鉄欠乏性貧血を何とか予防したものです。

  • 妊娠中期の鉄欠乏性貧血予防には?

  • 食品中の鉄には、魚や肉の赤い色をした部分(筋肉、内臓、血液)に含まれる吸収率の高いヘム鉄と
    魚や肉のその他の部分、卵、豆製品、乳製品、穀類、野菜などに含まれる吸収率の低い非ヘム鉄の
    2種類があるということです。鉄の必要量をしっかりと摂取するためのひとつの方法として
    吸収率の高いヘム鉄を上手にとることが推奨されています。
    出典 :ママにやさしい情報
     

    食生活も妊娠中期以降は意識的に見直すとよいのですね。

  •  

    レバー類や納豆ならば食事の献立に簡単に入れられそうですよね。