座りぱっなしによる仕事の疲れをとる方法!

長時間座ってると腰痛や目の疲れ、足のむくみや腰痛などがあります。
対策を考えましょう。

view266

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 疲れをとるには!


  • 座りっぱなしで疲れたときは
    2013年3月

    デスクワーカーの中でも特に、ずっと席に座りっぱなしの人は、時々動く人 (たとえば、階段を上がって上の階の自販機でコーヒーを買ったり、同僚のデスクに立ち寄っておしゃべりしたりする人) よりも病気になるリスクが高いようです[1]。会社の外で日常的に運動をしていたとしても、総合的に座っている時間が長すぎる場合は健康問題の増加につながります。

    しかしオフィスで仕事をしていると、デスクを離れるのはなかなか難しいものです。 その状態は、あなたの身体にとって良くありませんが、腰や背中の痛みを少なくする方法はいくつかあります。たとえば、正しい姿勢であることを確認したり、簡単な運動をしたり、あるいは、作業スペースのレイアウトを自由に変更できる人の場合は、椅子を完全に撤去して「スタンディングデスク」を使ってみてはどうでしょうか?
    立ったまま仕事をする

    スタンディングデスクは新発明ではなく、昔から存在していますが、オフィスワークをより快適で健康的なものにするために、注目されつつあります。そのコンセプトは、いたってシンプルです。 立ったまま快適にタイピングできる高さの作業机のみです。 立ったままの作業は、血液の循環を改善し、疲労と腰痛を軽減させることが報告されています[2]。

    出典 :03-2013 : 座りっぱなしで疲れたときは
  • 座りっぱなしの仕事を続けると!

  • 仕事に集中すると!

     

    暗い所だと目が悪くなります。
    集中するのも大切ですが出来るだけ明るい所で・・・

  • OA機器をずっと使うと!

     

    目や腰を悪くします。

  • 腰痛を解消するには

  • 座りっぱなしの貴方の為に腰痛解消エクササイズ - YouTube

     

    こんなのもあります。

  • 足のむくみをとるには!

  • デスクワーク仕事をしている方のむくみ解消法 - YouTube

     

    とても参考になります。

  • リスク!

  • 朝起きて机に座って食事を取り、車や電車でシートに座って移動、会社や学校ではイスに座って仕事や勉強を行う……こんな風に1日の大半の時間をイスに座った状態で過ごしている人も多いはずですが、 1日6時間以上座っていると死の危険が40%も増大 したり 精子の数が減少したり とイスに長時間座ったままでいるのは人体にとって大きなリスクとなります。