我が子の身長を伸ばすためにできる10のこと その2

親だから子供の為にできる大切なこと。子供に身長コンプレックスを持たせたくない!

view952

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 3.少食を直しましょう!

  • 子供がもともと食べないタイプの子は、少食を治さないと大きくなれないそうです。

  • 幼小時低身長

     

    「離乳食をあまり食べなかった」 「幼少時、小食だった」 「すぐに吐いてしまう子だった」 「よく熱を出して、食べられない時期があった」などの理由で、幼稚園に入ったときに一番小さい方である、というのは要注意です。

    出典:http://www.sukusuku.co.jp/you/#you2

  • そのまま挽回できず、背が低いままということが非常に多いものです。何か対策を立てなければ、最終身長が男の子で165cmまで、女の子で152cmまでになってしまいます。親は一生懸命食べさせようとするのですが、子供の食欲は本能の影響下なので、なかなか食べてくれません。
    出典 :あなた(の子供)は大丈夫?|すくすく 低身長治療
     

    170㎝以上を希望する男子にとって、少食はまずーい!

  • 少食の治し方

  •  ①運動不足・運動のしすぎ・・・適度な運動が大切です
     ②夕食の時眠い・・・食べている途中で、眠いので食べるのを止めてしまいます
     ③お菓子の食べすぎ・・ある程度は良いですが、しばしば食欲不振の原因になります
     ④牛乳の飲みすぎ・・・牛乳でお腹がイッパイになってしまいます
     ⑤偏食・・・楽しいはずの食事が辛いものになってしまいます
     ⑥味覚障害・・・食べ物の味に鈍感になっています
     ⑦食事中気が散る・・・TVなどに気が散らないよう工夫が必要です
     ⑧親・兄弟が早食い・・・取り残されると焦ってしまいます。ゆっくりくつろいで食事をしましょう
     ⑨便秘、不規則な排便・・食欲にムラがでます。規則正しい便通を心がけましょう
     ⑩お腹が空いた時に食事がない・・お腹が空いた時が一番おいしく、たくさん食べられるときです
    出典 :子どもの成長 子どもの身長を伸ばそう!:身長を伸ばす食事
     

    大人は主にダイエットですが、小さい子の場合は少食に注意してあげないといけないんですね。

  • 食事で一番重要なのは、食事を楽しむことです。楽しければ食欲も増します。またお菓子は子どもの情緒を安定させる効果があります。たまには栄養を度外視して、楽しみのためにたべるのも良いでしょう。
    出典 :子どもの成長 子どもの身長を伸ばそう!:身長を伸ばす食事
     

    むりやり食べさせられたら、せっかくのごはんも美味しく感じないですよね。

  • 4.夫婦喧嘩をしない

  • お父さん、お母さん!夫婦喧嘩をしないで!

     

    夫婦喧嘩の多い家庭は子供が身の危険を感じることにより早熟化を招き、思春期開始を早め、低い身長を招くといわれている

    出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E9%95%B7

  • 5.つねに、我が子の身長のモニタリングを!

  • 特に注意してほしいのは、幼少時低栄養のために、小学1~4年生まで1番前か2番目に並んでいたのに小学校5~6年に並ぶ順番が後ろに上がり始めた場合です。この場合、男の子なら155cm以下、女の子なら145cm以下でとどまってしまうこともしばしばです。
    出典 :あなた(の子供)は大丈夫?|すくすく 低身長治療
     

    それは、まずい!!!

  • 6.身長を伸ばすためにいい運動をさせる

  • 縄跳びなど、良いようです。

     

    骨に刺激を与える縄跳びなんて良いそうです。

    運動不足はよくありません。

  • 7.肥満体にさせない

  • 太りすぎの子供も身長が伸びない!?

     

    身長の伸びは女性ホルモンの影響を受けると鈍ってしまうそうです。
    肥満体だと、女性ホルモンが出やすくなってしまうそうです。

  • 8.早寝早起きをして、十分な睡眠時間をとらせる

  • 成長ホルモンは夜11時から深夜2時の間に分泌される

    「なぜ伸びなかったのだろう。不思議だなあ」という場合に、「どうも原因は思春期の夜更かしや夜食のようである」と最終的に診断せざるを得ないこともあります。
    出典 :あなた(の子供)は大丈夫?|すくすく 低身長治療
     

    ゲームやアニメ、塾通いなど、夜更かししてしまいますからね。

  • 9.病気が原因だったら、医者へ行く

  • 成長ホルモンの分泌量が少ない場合

    幼少時低栄養でもなく、また思春期早発でもないのに背があまり伸びないというケースもあります。「あの頃が思春期だった」という明確な時期がありません。

    このような場合、「成長ホルモンの分泌量が少なかった」というケースが考えられます。少しは出ているから病的な「成長ホルモン分泌不全性低身長症」とは診断されません。でも、分泌量が少ないのです。そのために背の伸びが悪いのです。
    出典 :あなた(の子供)は大丈夫?|すくすく 低身長治療
     

    低身長専門の外来につれていくことが大切です! 

  • 10.子供のすべてを受け入れる。子供を愛でつつみ、安心感を与える。

  • とはいえ、身長も容姿も子供の個性。ストレスフリーな環境で、すくすくと育つことも大切ですね。