40代のあなたへ。更年期障害と更年期の症状まとめ

40代のあなた!気になる更年期障害と更年期の症状について調べてみました。

view191

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 更年期とは?

  • 卵巣のはたらきは、30歳ぐらいをピークに、ゆるやかに衰え始めます。そして、その機能が完全にストップしてしまうと、やがて「閉経」を迎えます。閉経の平均年齢は、約50歳といわれています。「更年期」とは、閉経前後の数年間の「卵巣機能が終わっていく過程」のことで、女性のからだにとっては、ごく自然な変化です。
    出典 :【更年期とは】 花王 ロリエ
  • 個人差はあるものの、一般的には45~55歳の間の数年間といわれています。

  • 更年期障害と更年期の症状

  • 卵巣のはたらきが衰えると、卵巣から出る卵胞ホルモン(エストロジェン)の分泌が徐々に少なくなります。更年期になると、はたらきの悪くなった卵巣をなんとかはたらかせようと、卵巣をコントロールしている脳の下垂体から、性腺刺激ホルモンが大量に分泌されるようになります。こうして脳が興奮状態になると、自律神経をも刺激して失調をきたすのです。
    出典 :【更年期とは】 花王 ロリエ
  • この症状が日常生活に支障をきたすほどひどい状態になることを、更年期障害といいます。

  • 具体的な症状は主にどんなもの?

  • 精神的にも肉体的にも負担が。

  • しかし、症状の重さには個人差があるんです

  • 日本では更年期を迎えた女性のおよそ9割が何らかの体の不調を訴えると言われています、その中でも日常生活に支障をきたす「障害」レベルまでの症状を抱える方は2・3割と言われています。
    出典 :性格や体質による症状の出方 | 更年期障害で悩まないために
  • 精神的なストレスが大きな引き金に

  • 人によっては40年、50年という長い時間の中で、怪我や病気、パートナーとの思わぬ離別や確執、思わぬ災難等に巡り会い、体に弱いところを持ったまま生きていかなければならなかったり、精神的、経済的状況が厳しい状態を生き続けて来たことにより、心身に疲れがたまっている方もいることでしょう。
    出典 :更年期障害 〜主な症状と原因〜 | 健康Salad
  • 女性の人生の中でストレスが大きい年代と更年期が重なるため、ストレスで自律神経がうまく働かなくなることが大きな要因になります。

  • 更年期障害を感じなかったという人も

  • 症状が出る人、出ない人の違いはありますが、体の変化は誰にでも確実に起こることです。症状はエストロゲンの分泌量の違いにより発症の仕方は変ることが予想されますが、症状の感じ方は、人それぞれであるため、実は同じ症状が出ているにもかかわらず、様々な要因で症状を感じる人と感じない人に分かれます
    出典 :何が違う?更年期障害になる人とならない人 | 更年期障害の悩みを解決!症状チェックと対策方法【健康プランナー】
  • 体内の変化は誰にでも起こっているはずなのに、感じ方は人それぞれ。
    個人が置かれている環境、ストレスの度合い、元々の性格などにより感度が違うようです。

  • しかし、気の持ちようだけでは治せませんよ

  • ストレスが強いとか、性格的にきまじめで更年期を重く受け止めてしまうような人は、そうした心理的な要因によって、更年期症状が悪化することがあります。けれども、更年期症状の原因はホルモンのアンバランスですから、気持ちの持ちようだけでなおりません。つらい症状があるときは、早めに専門医を受診することが大切です。
    出典 :更年期障害 〜主な症状と原因〜 | 健康Salad
  • 他の病気で体調が悪い場合もあるので、自己診断せず病院へ行きましょう。

  • 適切な治療で、つらい時期を乗り越えましょう!