四月のうちに知りたい「五月病」に負けない四つの方法

もうすぐゴールデンウィークに突入します。ゴールデンウィークを越えたら出てくるのが五月病。冗談で言えるレベルならいいですが、中には深刻なレベルの症状が出る人も。。。

view143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • (1)食生活に気をつける

  •  

    五月病は精神的なものだという考えはないでしょうか。
    症状は精神的なものですが、それを司るのは脳。
    脳が弱っているのであれば、脳に栄養を与える必要があります。
    大幅に食生活を変え難いのであれば、脳に効果のあるサプリメントを利用しましょう。

  • 五月病の憂鬱な気分は、脳内のセロトニンという物質が不足しているために起こることがあるそうです。
    セロトニンの生成を高めるためには、セロトニンの原料となるトリプトファンを多く含むバナナ、乳製品、卵黄、ナッツ類、大豆製品、赤味の魚を摂取することが有効だと言われています。
    また、イワシやレバー、アボカド、青魚、発芽玄米にも、セロトニン量を増加させる効果があるそうです。
    出典 :五月病になってしまった! そんなときの対策案 | nanapi [ナナピ]
  • ビタミンCはストレスから、体の細胞を守ってくれます。
    野菜や果物を摂りましょう。
    朝の果物を1品追加する、野菜ジュースを飲むなど、気軽に試せる方法をとるのが、長続きのコツだそうです。
    食事にサラダを追加するのもいいですね。
    ビタミンCは、風邪の予防にも効果があります。お肌の張りも整えてくれます。
    出典 :五月病 食事法
  • (2)気分転換をはかる

  •  

    五月病の原因になっている事柄を特定し、それに関係ないことに没頭するなどして、気分転換をはかりましょう。
    運動などを行い日光を浴びれば、セロトニンの分泌も促されて一石二鳥です。

  • 五月病になった場合には、ストレス発散のための気分転換が必要です。休日には、仕事や学校とは無関係の趣味に没頭することで、気分転換を図りましょう。
    出典 :五月病になってしまった! そんなときの対策案 | nanapi [ナナピ]
  • オフの日は自分の好きなことに時間を費やし、仕事のことは忘れましょう。体を動かすこともストレス解消法の1つです。ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動でも、感情をコントロールする神経伝達物質「セロトニン」の分泌が促されます。
    出典 :4月 未然に防ぐ5月病対策 | お役立ち情報 | 全国健康保険協会
  • (3)しっかりと眠る

  •  

    脳に重要なのが休息。
    休息の手段としてもっとも適しているのが睡眠です。
    五月病が原因で眠れないのであれば、アロマテラピーなども利用してみるといいでしょう。

  • うつ病や5月病は心の病気ではなく、脳内の伝達物質の問題です。
    つまり、脳に充分な休息を与えることが、大切であり、うつ病や5月病対策にもなります。
    睡眠不足は脳だけでなく、身体やこころの免疫力の低下を引き起こしますので、いつもにない落ち込みや、頭痛・肩こりといった体調不良にもつながります。
    睡眠を充分にとり、脳と体にたっぷりと休息を与えましょう。
    出典 :自分らしく生活するために。睡眠と五月病について | ぐっすり眠れる快眠法のすべて
  • 睡眠は疲労回復に重要な役割を果たします。睡眠の質を上げるために、「起床・就寝の生活リズムを整える」、「夕食は寝る2時間前まで、入浴は1時間前までに済ませる」、「寝る前にテレビやパソコンを見ない」などの生活習慣を身に付けましょう。
    出典 :4月 未然に防ぐ5月病対策 | お役立ち情報 | 全国健康保険協会
  • (4)なるべく会話をする

  •  

    会話をすればかなりストレスは軽減され、五月病の症状は軽減されます。
    建設的な話でなくてもいいので、愚痴をこぼすだけでも充分です。

  • 同僚や同期、家族や友人などとのコミュニケーションの機会を大切に。悩みを話すことでストレス解消になります。食事も1人で食べる「孤食」はなるべく避け、リラックスできる時間を増やすことにつなげていきたいものです。
    出典 :4月 未然に防ぐ5月病対策 | お役立ち情報 | 全国健康保険協会
  • 五月病は、一人でストレスをため込むことも原因の1つです。新生活で辛いことがある場合には、家族や友人、恋人など、身近な人に対して、愚痴をこぼしてしまいましょう。
    出典 :五月病になってしまった! そんなときの対策案 | nanapi [ナナピ]