40代のお悩みNO1!眼精疲労にはコンドロ~イチン♪

「最近、目がしょぼしょぼするなぁ~」「最近、なんだか物がかすんで見える~・・・」年のせいにして、そんな症状を放っておいたりしてませんか?40代に多い「眼精疲労」には実は「コンドロイチン」が良いらしいのです♪

view457

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眼精疲労、自然には治らない。

     


    眼精疲労はれっきとした病気。
    通常の「目の疲れ」とは違うのです。
    しかも、自然とは治らないというやっかいなもの。
    でも、最近そんな眼精疲労に「コンドロイチン」が有効と分かってきたのです。

  • そもそも「目の疲れ(眼疲労)」と「眼精疲労」とは別物だった!

  • 「目が疲れる」「目が痛い」といったことは、誰でも日常よく経験します。でも、たいていはしばらくたつと忘れてしまいます。しかし、ときには症状が頑固に続いたり、からだに悪影響が及ぶこともあります。医学的にはこのような状態を「眼精〈がんせい〉疲労」と呼んで、単なる目の疲れである「眼疲労」と区別しています。 眼精疲労は、何らかの手を打たなければ、仕事や環境が変わるといった生活の変化がない限り、自然には治りません。不快な症状がいつまでも続き、その症状がさらに状態を悪化させることもあります。さらに、背後に目やからだの病気が隠れている可能性も考えられます。
    出典 :眼精疲労
     

    ただの「目の疲れ」かと思っていたら「眼精疲労」で、しかももっと怖い病気が絡んでいるかも・・・ってことですね。

  • 【眼精疲労の主な原因】
    1.目になにか病気が起きている
    近視・乱視・老眼が進む。メガネやコンタクトレンズが合っていないために眼精疲労が起きることも少なくありません。

    2.からだの病気が目に現れている
    かぜやインフルエンザ、更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気などで眼精疲労になることが多く、その他の病気でも眼精疲労が起こり得ます。

    3.目の使いすぎや‘視環境’の問題
    あたり前のことですが、目は使えば使うほど疲れます。社会の情報化が加速度的に進み、目を使う環境‘視環境’は、ますます過酷になるばかりです。近年では、シックハウス症候群(住居の建材に含まれる化学物質などの影響による体調不良)と眼精疲労の関係も指摘されています。

    4.精神的なストレスの影響
    ストレスが強くなると、その影響は、不安感が異常に強まる、イライラして落ち着かない、眠れないといった精神的なことに現れる一方で、からだに対しても、高血圧、血行不良、胃潰瘍といった多様な病気を引き起こします。その一つとして、眼精疲労が起こることがあります。
    出典 :眼精疲労
     

    眼精疲労が起こる原因は多岐にわたるようです。

  • 色々な原因があるからこそ・・・

     


    眼精疲労は色んな原因で起こります。
    だからこそ、内部からキチンと効いてくれるものがあれば・・・
    きっと誰でもそう思うはず。
    コンドロイチンには、そんな内部から効果を与える力がありそうです。

  • 「コンドロイチン」ってなに?

  • コンドロイチンについて。

     


    コンドロイチン。
    最近、サプリメントになって良くテレビのCMなんかで見ますよね。
    関節などふしぶしの動きをスムーズに・・・などと謳っています。
    でも、それが「眼精疲労」にも効果的とは。
    そもそも、コンドロイチンって一体何者なのでしょうか?

  • コンドロイチンは、今から140年以上前の1861年(日本の年号でいうと文久元年!)にドイツの化学者フィッシャーによって牛の軟骨から発見された物質です。発見されてしばらくは、その構造の複雑さゆえに、私たちの身体の中でどのような役割を担っているのかについてはよく分からず、謎の多い物質とされてきました。しかし近年、コンドロイチン研究は大きな発展を遂げ、膝関節における働きをはじめとした生体内におけるさまざまな機能が次々と明らかにされ、今日では生命維持に必須の物質として認識されています。
    出典 :Chondroitin Web:コンドロイチン情報|ゼリア新薬工業株式会社
     

    なるほど~最近までどんなものか良く分かっていなかったのですね~。でも、結局「生命維持」に必須の物質だったということが分かった。これはスゴイ発見かもしれません。

  • コンドロイチン硫酸(以下コンドロイチンと表記します)は、タンパク質、核酸(DNA)につづく第三の生命鎖としてライフサイエンス(生命科学)の分野で近年注目されている糖鎖化合物に属し、ムコ多糖を代表する物質です。ムコ多糖とは、アミノ糖(糖分子の水酸基がアミノ基に置き換わったもの)を分子内に含む多糖のことで、ほとんどがタンパク質に結合した状態で存在していることから、タンパク質を持つ(プロテオ)、多糖(グリカン)ということで、最近はプロテオグリカンとも呼ばれています。コンドロイチン以外の身近なムコ多糖としては、化粧品などの保湿成分として馴染みの深いヒアルロン酸があります。
    出典 :コンドロイチンとは - 第三の生命鎖|Chondroitin Web:コンドロイチン情報|ゼリア新薬工業株式会社
     

    ヒアルロン酸の仲間なんですね~!
    でも、タンパク質、DNAに続く、“大酸の生命鎖”として注目・・・これはスゴイことなのでは?

  • ABO式血液型と糖鎖

    ABO式血液型は赤血球表面にびっしりついている糖の鎖(糖鎖)の違いによって、A型、B型、O型及びAB型の4タイプに分類します。
    出典 :血液型と糖鎖 | 糖鎖ラボ
     

    ちなみに、血液型も「糖鎖」で決まるんですね!

  • 血液型って・・・

     


    赤血球の周りにビッシリついた「糖の鎖」の種類の違いで決まるそうです。
    ちなみに、多のあらゆる生き物にも“血液型物質”はあるそうです。
    木なんて植物にも。ちょっと驚きですね。

  • コンドロイチンは、ギリシャ語で「軟骨」を意味する「コンドロス」をその語源とすることからも分かる通り関節軟骨に多く含まれています。このことから、コンドロイチンは関節軟骨にだけ含まれていると誤解している人も多いのですが、実はムコ多糖
    アミノ糖を分子内に含む多糖で、ほとんどがタンパク質に結合した状態で存在していることから、タンパク質を持つ(プロテオ)、多糖(グリカン)ということで、最近はプロテオグリカンとも呼ばれている。 専門用語アイコン の中でもコンドロイチンは生体内分布が広く、関節軟骨や骨などの硬組織の他にも、脳神経組織などほとんど全ての臓器や組織に含まれ、重要な機能を担っています。
    出典 :コンドロイチンとは - 全身に存在|Chondroitin Web:コンドロイチン情報|ゼリア新薬工業株式会社
     

    なるほど~やはり、関節軟骨だけに含まれているものではなく、ほとんど全ての臓器、組織に含まれているんですね~。

  • では、その超体に重要な「コンドロイチン」が眼精疲労に効く理由とは?

  • ピント調節機能に働く!

  • 視力低下を防ぐ!

  • 目の水晶体の中にある硝子体の部分に多く含まれており、視力を保持する効果があります。年齢とともにコンドロイチンが不足してくると、この硝子体がコンドロイチンの不足によって液状化してしまい、視力が低下してしまいます。
    出典 :目を健康に保つ | グルコサミンの効果で体内から健康を目指そう! グルコサミンによる効果
     

    自然と年齢と共に減ってしまうことで不足がちになるそうです。

  • かすみ目、目の疲れ、ドライアイに効果的!

  • ◆かすみ目、目の疲れ、ドライアイに有効な成分はコンドロイチン

    コンドロイチンは目の角膜や水晶体、毛様体の中に多量に含まれている成分です。コンドロイチンの特長として、強い粘性と保水性をもっています。また、コンドロイチンは角膜を透明に保ち、レンズ(水晶体)の弾力性を維持してピント調節機能を保たせます。さらにコンドロイチンには、目の表面をコーティングする力があります。
    出典 :40代の疲れ目は危険信号!3人に1人が疲れ目で体の他の場所にも悪影響 疲れ目が日常生活に支障、仕事の評価ダウンにつながることも 専門家が語る、40代の目を救う注目ワードは“コンドロイチン”|トレンド総研のプレスリリース
     

    角膜を透明に保つ!&目の表面をコーティングする力があるそうです!

  • コンドロイチンには目に対する効果も立証されています。もともとコンドロイチンは眼球の外側にある角膜という部分に含まれる構成成分の一つ。目も加齢や紫外線、強烈な光など、さまざまなダメージを受けると疲れたり、焦点がぼやけたり、ときには白内障といった重い症状を引き起こします。このようなトラブルの原因は角膜成分の不足・・・ともいわれているため、深刻な目の老化を防ぐためにもコンドロイチンはいいのです。
    出典 :コンドロイチンの効果や摂取量について | 成分辞典.com
     

    角膜保護成分として、力を発揮するようです!