集中力を持続させる方法とは?

どんなに長時間働いたり勉強しても、集中力がなければ能率は上がりません。
しかし集中力を持続させるのはとても困難です。集中力不足に悩んでる人は多いのではないでしょうか?
集中力の持続とは脳の運動、スポーツです。持続するにはそれなりの努力や工夫が必要なのです

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あなたの集中力の課題は?

     

    あなたは、次のようなことに気づいていませんか?

    ◇勉強、読書に集中できず、少しも頭に入らない。
    ◇仕事に集中できず、効率よく進まない。
    ◇人前で話すときに、不安、心配になり、リラックスして話せない。
    ◇やりたい事がたくさんあるが、ついつい目先のことに追いまくられ、先延ばしになっており、やりたい事が何もできていない。
    ◇習い事、資格習得、自己啓発の勉強、願望/目標実現に向けて行動するが、長続きせずに中断してしまう。

  • もし、上記のような集中力上の問題を抱えていると感じているならば、自分が望む人生を歩むことは難しくなるでしょう。 あるいは非常に遅れ、時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。
    出典 :集中力アップ法:シンプルな効果的な方法
  • 集中力には、大別すると次の二つがあります。

  • 【1】瞬間的に集中できる集中力
    表現を変えれば、凝集力です。その場その場であなたが期待する状態に自分をコントロールする力
    これを身につけて集中力アップできれば、例えば、勉強に集中。試合に集中。スピーチに集中できる。
    出典 :集中力アップ法:シンプルな効果的な方法
  • 【2】あなたが望むことを実現する集中力
    表現を変えれば、持続力です。あなたの願望、目標を着実に実現するためのパワー
    これを身につけると、あなたが望む状態の結果を出せる人となり、自信と勇気に溢れた積極 的な人間になります。
    出典 :集中力アップ法:シンプルな効果的な方法
     

    目標に向かう粘り強さと言い換えられるかもしれません

  • 簡単に集中力を維持するための工夫

  • 一つ目の方法は、作業時間を短く区切ることです。集中できないからといって同じ作業をダラダラ続けていても集中力は落ちていくばかりです。なぜなら、人間の集中力は90分が限度だと言われているからです。そのため、大学や専門学校の講義は1コマ90分に設定されていて集中力が落ちないように配慮されています
    出典 :集中力を維持するための3つの方法 | nanapi [ナナピ]
     

    「90分も集中できない!」という人は、90分にこだわらなくて構いません。60分・30分など、自分が集中できると思う時間を設定してください。

  • 次の方法は、作業をする場所を変えることです。集中力が落ちる原因の一つに作業している場所に「飽きる」ということがあります。場所を変えることで、外部から受ける刺激が変わり、集中力をアップすることができます。外出が可能ならば、ファミリーレストランやカフェ、図書館などを利用するといいでしょう
    出典 :集中力を維持するための3つの方法 | nanapi [ナナピ]
     

    外に出ることができない場合でも、部屋を変えたり、机の上を整理することで、同じような効果を得ることができます。

  • 場所を変えることで気分転換をはかりましょう

     

    移動するために適度に歩いたりするのも有効な気分転換になります。

  • 今やるべきこと以外が頭に浮かんできたら、その都度、紙に書き出すことです。雑念が頭に浮かぶと、それが気になって目の前の作業に集中することが難しくなります。しかし、いったん紙に書き出すことで、後からいつでも確認できる状態をつくることができます。
    出典 :集中力を維持するための3つの方法 | nanapi [ナナピ]
     

    作業中は、いつでも書き出すことができるように、コピー用紙を1枚傍らに用意しておきましょう。

  • 集中力アップのためのトレーニング

  • 大原則として、時間を長くするよりも濃度を上げることが集中力を高めるトレーニングにおける優先順位は上です。持続時間は後からついてくるものなので、最初から重視する必要はありません。
    出典 :集中力を持続させる方法
  • 勉強であれば、いきなり1時間に設定するのではなく、最初は5分から始めてみて、自然に持続できるようになったら徐々にトレーニングのためにも時間を長くしていくと、集中力をアップさせることができます。
    出典 :集中力を持続させる方法
     

    徐々に集中力を高めるように続ければいいと思います

  • 体を鍛える時には、持久力と瞬発力はまったく別のメカニズムであるのに対し、集中力をアップさせるためには短い時間に全力を尽くせるようにしておくと、結果的に長く続くようになっていくので、必要な持続時間よりも短めに設定してから、全力で仕事や勉強、スポーツのトレーニング等を行うようにしてください。
    出典 :集中力を持続させる方法
  • 食べ物を工夫する

  • 勉強は脳の運動です。したがって、脳が活発に動かない状態では知識を定着させることが出来ません。もちろん、脳を活発に活動させるには「睡眠」が一番なのですが、一時的に脳力をアップさせる食品や栄養素は存在します
    出典 :集中力を鍛えて、学習力を劇的にアップさせる9つの方法 | ザ・チェンジ
  • カフェイン・糖分

     

    ■カフェイン
    コーヒーでも良いですし、レッドブルのようなエナジードリンクでも良いでしょう。

    ■糖分
    糖分は「脳の栄養」です。甘い物を食べても良いですが、カカオには脳を活発化させる成分(ただし超短期的)が入っていますので、チョコレートなども良いでしょう。

  • お米

     

    炭水化物を含むお米は、すぐにブドウ糖に変化して脳の栄養となります。昔の青春ドラマなどで、下宿生が夜中の勉強の夜食に「おにぎり」を食べる姿がありますが、じつは栄養学的に「非常に合理的な方法」です。